2018年09月11日

フィリピン国鉄 ひと駅体験記

フィリピンに出張する機会を得て、しかも土曜の帰国日はマニラ泊で14時発の飛行機。となれば観光でもと思って調べるも、マニラ市内は何があるのか皆目見当つかず・・・

と思ってホテル近辺をマップで調べてたら少し歩いたところにフィリピン国鉄(PNR)が走っているじゃないですか!

下調べして203系が機関車に牽引されていると知ってしまえば、車内はちょっと怖いから乗らずとも見るだけでも行くしかない!となり、前日夜に懇親会をしつつも(しかもボッタクられるハプニング)朝はちゃんと7時に起きて暑くなる前に線路へ向かって歩き出したのでした。


ちなみにフィリピンは初めての訪問です。

IMG_2448.JPG
「朝のマニラ裏通り」

生活感ありすぎる地区なので明らかに場違い感があり、慣れていないので居心地の悪さしかありません。

IMG_2449.JPG
「線路沿いの通り」

ここも裏路地って感じです。ジプニーがいっぱい停まっているので運転手が多く住む地区なんですかね?それにしても隣を流れるドブ川の臭い事…

クッセェなーと心が折れそうになったとき、遠くからけたたましい汽笛の音が!!


熱い!!これは熱すぎる!!ディーゼル機に引かれた203系!

これを見て俄然スイッチが入り、意気勇んで駅へと急ぎます。

IMG_2451.JPG
「駅に着きました」

駅周辺や線路の様子を数枚撮っていると、何やら警備員が手招き…ヤベェと思いつつ下手な英語で「Only photo」って適当に言い訳してみるも「PNRパーミッションもにょもにょ・・・」要は許可取ってんのかみたいなこと言われましてもあるはずねぇよ言い返せねぇよ(泣

ってところで、心が折れてとぼとぼとホテルへと歩き始めました。

・・

・・・・

・・・・・・・

が、ここまで来てまともに撮れないってなぁー今戻っても飛行機まで時間あるし。
だったら乗ってやるよ、乗るんだからホームに居たって文句無いだろ!乗るの怖いけど!!

意を決し踵を返し駅に戻り

IMG_5369.JPG
「きっぷ買っちゃいました」

隣駅までのきっぷくれ!と言ったらこれが出てきました。あれ?ネットで調べた事前情報より高くない?(またも)ボッタクられた??と思いつつも日本円にして30円なので深く考えないことに。

 IMG_2453.JPG
「駅で少し待ちます」

ちなみに、警備員から目立たないようにちょっと遠くで待っています(笑)
そうこうしていると汽笛の音が。反対から何かがやってきました。

IMG_2455.JPG
「おお!!!キハ35!!」

やってきたのはキハ35→関東鉄道キハ350でした。203系だけでなくこっちまで見れるとは!!俄然高まります。

 

カッコイイ!!まさかフィリピンで走るキハ35に再開出来るとは!

IMG_2457.JPG
「言葉になりません」

IMG_2458.JPG
「網は付いたがキハ35」

IMG_2459.JPG
「床下機器も大きく変化無さそう」

網の下に覗く水色の車体って、関鉄で水色になったあの色ですかね?などと興奮するも、すっかり冷めやるくらい45分以上待ってやっと自分の乗る方面の列車が来ました。

IMG_2461.JPG
「キラリと光るヘッドライト」

撮ってるすがたを警備員に見つかりました。ヤベェしかもこっち来る!と思ってドキドキしているもそのまま通過してもう少し先で立って列車を待っている様子


警備員にいちゃもん付けられないように目立たないようにスマホで入線を撮影。そのあと乗り込もうとしたら、そこが実は女性専用車でお前こっち乗るなよと指示してくれるためにこっちに近づいてきただけみたいでした。

とりあえず空いてそうな場所を選びいよいよ乗車、車内でトラブルに巻き込まれないか心臓は緊張でバクバクです。(もちろん平気だったんですけどね、初めてなので何しろ全てが訳分からないんで・・・)

IMG_5372.JPG
「乗りました」
乗ってみれば見覚えのある車内でなんだか落ち着きます(笑)ゆっくりと揺られながらのたったひと駅の旅をしました。

そして無事一駅乗って降車

最後尾の車両がパンタ付きで「えっ?クモハあったっけ??」と振り返ると中間車(笑)なんとも大胆な使い方ですね。

IMG_2462.JPG
「やり切ったぜ・・・」

IMG_2467.JPG
「ここからホテルまでは歩ける距離です」

乗る想定をしていなかったけど、勢いで乗ってしまったフィリピンの203系。これで感覚は掴めたので、次は終点まで行ってみたいところです。(と言ってもフィリピン出張もめったに無いだろうけど)

IMG_2463.JPG
「最後にTimeTableとFareRate」

初乗り15pなのでボッタクられた訳では無いとわかり一安心でした。

帰国してから色々調べると、ガンガン乗って撮ってをしてる方が当たり前ですがいるんですね〜もう少しちゃんと調べて次は頑張りたいところです。(でもパーミッションは・・・どうすりゃいいんですかね)
posted by つかさ at 00:01 | Comment(1) | 旅行記

2018年09月01日

南四日市 DD51貨物

5月末で運行が終わった南四日市発着の貨物の最末期を撮影した動画をアップロードしました。


このところ出張で三重へ来る事が多くなり、ようやく四日市方面が撮れると喜んでいたところに廃止の報は悲しい限りですが、最後に少しだけでも撮れたのはラッキーでした。

と言いながら、今も富田や塩浜までは足を伸ばしていないため、これを機にちゃんと通いたいところです。
posted by つかさ at 23:47 | Comment(0) | 鉄道ビデオ

2018年07月12日

大井川鉄道 臨時 EL急行

大井川鉄道に渡ったE31(E34)が旧客を引いて運用に入っていると聞き、居ても立ってもいられず急遽大井川鉄道へ向かい乗り鉄&撮影をしてきました。

島田に宿を取り、前日夜入りをした次の日の朝。朝ごはんも早々に新金谷駅に降り立つと、ちょうどE34が動き出したところでした。



大井川鉄道線内はフリーきっぷを買って移動。この後、先行する電車で金谷駅へ向かい回送で進入するEL急行を待ち構えます。



そして発車するEL急行、スハフ43は機関車次位の車両に陣取り、当然非冷房の車内は窓前回でE34の釣り掛けサウンドを楽しみながら千頭までの客レ旅を楽しみます。


約一時間半の列車旅はあっという間に千頭へ到着。ここで列車は折り返しに向けて機関車の付け替えと側線への移動を行います。





この後は、先行する電車で撮影ポイントへ移動しながらトーマスやSL急行を撮影。もちろん普通電車も楽しい大井川鉄道なのでこちらもちゃんと撮影します。





撮影も済ませ、帰りはSL急行で金谷まで戻り帰路へつきました。 

EL急行は電車が検査に入っている間の代走とのことで、次はいつ走るのか。とにかく今回急遽訪れて悔いなく模型作りに取り組めそうです。早速GMのスハフ43キットを買ってしまいました(笑)

posted by つかさ at 01:49 | Comment(0) | 鉄道ビデオ

2018年05月27日

ウラジオストク2泊3日ツアー その4

2泊3日なのにそこそこ続いた旅行記もこれで終わり、3日目は朝ごはんをホテルで食べたら即帰国です。

IMG_1670.JPG
「見慣れた景色も今日が最後」
天気は昨日よりはだいぶ落ち着いています。昨日帰国だったら飛行機が飛んだのやら・・・

IMG_1673.JPG
「さらばウラジオストクの街並み」

IMG_1694.JPG
「イカスサングラス」
帰りも同じドライバーさんでした。サングラスはいかついですが、運転は丁寧ですごくいいひと。

IMG_1708.JPG
IMG_1709.JPG
「高速道路走行中に」
EH500の重連みたいな列車が止まっていました。後ろの無蓋車も長いです。

IMG_1712.JPGIMG_1713.JPG
「ウラジオストク空港到着」
空港アクセスのエレクトリーチカもあるのですが、車はやっぱり楽ちんです。乗ってた車はデリカでした。

IMG_1717.JPG
「黒い団体が」
空港の中に入ると黒い団体が、よく見ると特徴的なバッジを付けた団体さんでした。

IMG_1731.JPG
「Tokyo/Narita」
の次はなんと平壌行き、だからあの団体がいたんですね~日本ではありえないですが、ここロシアでは日常です。

IMG_1741.JPG
「オーロラ航空が駐機中」

IMG_1743.JPG
「多分ロシア空軍のツポレフ。Tu-154?」

IMG_1744.JPG
「よく日本海周辺を飛行してスクランブルされるやつ」
Tu-95の派生型Tu-142ですか?わかりません。でも2重反転プロペラの実物を拝めるなんて!!

そうこうしていると、飛行機が1機降り立ちました。
IMG_1749.JPG
「!」
IMG_1753.JPG
「なんと!北朝鮮のフラッグキャリア、高麗航空です!!」

いやぁ中国ですらなかなか見られないですね、なんともいいものを見ました。

IMG_1763.JPG
「バスで移動」
そうこうしているうちに出発時刻です。帰りも沖留めなのでバスで移動します。

IMG_1772.JPG
「間近!」

IMG_1775.JPG
「これも近い!」
IMG_1783.JPG
「ロシア軍機」
この飛行機、外から眺めていたら着陸がやたらとスムーズでした。

IMG_1789.JPG
「それでは成田へ帰ります」

ということであっという間の2泊3日、それも観光は実質1日でしたがとても楽しめました。

IMG_1831.JPG
「お土産」

ガサガサとチョコレートをいっぱい買ってきました。また行きたくなっちゃいますね
posted by つかさ at 10:31 | Comment(0) | 旅行記

2018年05月20日

ウラジオストク2泊3日ツアー その3

前回からの続き、あまりの暴風雨と寒さに心が折れて、一度お惣菜を買ってお昼ご飯をホテルで食べて仕切り直しをしました。

そして休憩を済ませ、ちょっと雨弱まったかなーと外に出てみたら・・・
IMG_1502.JPG
「暴風雪」
なんと雪交じりの雨が風に乗り頬を叩きつけてきます。

なんで唯一の観光日がこんな天気になっちゃったのでしょうか・・・それでもう引き戻れません。意地で外へ繰り出します。

IMG_1508.JPG
「クラウン2ドアクーペ」
途中見かけた日本車中古、ウラジオストクはいろんな年代の日本車を見れますが、これはシブかった!

IMG_1513.JPG
「グム百貨店」
川のようになった道を渡り、ビルの間を吹き付ける突風にあおられ、ようやくロシアの歴史ある百貨店まで歩いて到着。

中はZARAがあったり観光客向けのお土産物屋があったり。ビッショビショで雨宿りに入ったくらいであまり中は見れませんでした。

IMG_1527.JPGIMG_1547.JPG
「潜水艦博物館」
ロシア太平洋艦隊司令部の建物近くにあるため、沖にはたくさんのロシア艦船が停泊しており、そちらも気になります。

IMG_1559.JPG
「引き込み線」
潜水艦博物館からウラジオストク駅へ戻る途中、港沿いを走る専用線がありました。ここを走る貨物列車撮れたらいい感じだろうなぁ・・・

IMG_1569.JPG
IMG_1572.JPG
「停車中のロシア号?」
ウラジオストク駅へたどり着いたらロシア号?のような編成の客レが停車しています。最後尾だけほかの客車と様子が違いますね。

IMG_1576.JPG
「なんだろ」
張り出し窓があるし、マヤ検を連結したはまなすみたいなもんですかね?

IMG_1584.JPG
「ウラジオストク駅」
エレクトリーチカもかっこいいですが、長い客車がよく似合います。

IMG_1590.JPG
「フェリーターミナル」
駅の隣にはフェリーターミナルがあり、中に模型店があるとのことなので覗いてきたのですが、鉄道模型は殆どありませんでした。しかしここから海側へ出てみると

IMG_1595.JPGIMG_1604.JPG
「埠頭に貨車」
バラ積み船からホッパ車に直接陸揚げしている様子が見れます!これはもう日本では簡単にはお目にかかれないですねー唯一残っているのは三井埠頭の石炭陸揚げかな。奥には長物車に乗った大型建設機械がありました。

この後、駅に出てる売店でオバチャンからピロシキを買いましたがこれが一番美味かった!値段は40ルーブルくらいで安くてデカくて美味い!

そして駅前のスーパーで夕飯を調達して2日目の夕飯はまたもホテルでつまみます。子供もいるし雨でビショビショだし、一番これが気楽~
IMG_1643.JPG
IMG_1649.JPG
「お惣菜メシ」
左のアヤシイ色合いのものは紫キャベツのマリネ?そこにはサバの酢漬けが敷き詰められており、見た目のギャップより美味さが勝りました。ロシアンビールも飲みやすくて大満足です。


posted by つかさ at 11:18 | Comment(0) | 旅行記