2018年04月01日

池袋5号をつくる その1

西武池袋線で池袋駅から5番目の踏切、その名も「池袋5号」

その道ではチョット知られる踏切なのでした。

IMG_0249.JPG
「V字」

そう、十字路のすぐ近くに踏切があり、まるでV字に渡っている一体の踏切になっているのです。
そんな特徴的な踏切を模型化してみることにしました。

IMG_3038.JPG
「まずは道路作成」
ベースはジオコレのベースボード、これだとコンパクトで持ち運びも簡単です。

線路を載せたら両脇をスチレンボードでかさ上げし、線路面と同じ高さにしてあります。

IMG_3364.JPG
「マスキング後」
 肝心の道路はプラ板で作成。踏切部分も一体でプラ板から作っています。白いプラ板ですが白を筆塗りしたら白線をマスキング。

IMG_3459.JPG
 「ぬりぬり」

IMG_3460.JPG
「剥がしの儀」

道路の色合いの違いは3種類のグレーで再現、歩道部分は実物同様に緑で塗っておきます。

IMG_3461.JPG
「いい感じ!」

という事でここまで出来たらハードルのひとつを乗り越えて、次は線路回りと警報器に取り掛かります。

IMG_0250.JPG
IMG_0251.JPG

ちなみに現地はこんな具合。
posted by つかさ at 23:54 | Comment(0) | [Nレイアウト]池袋5号

2018年03月10日

2018年3月 モジュールレイアウト運転会

不定期開催のモジュールレイアウト運転会を行ってきました。

IMG_3050.JPG

「いつもの狭山市立智光山荘」

宿泊も出来て貸し切れる研修室がある智光山荘、1泊2日での運転会にはもってこいの場所で定宿にさせてもらっています。今回はいつもより早く昼前に着いて設営を開始。

IMG_3058.JPG
「まず昼メシ」

も、ほどほどに早速いつものフライングガーデンで昼ご飯です。ここで爆弾ハンバーグを食べるのも含めてモジュールレイアウト運転会です。

IMG_3070.JPG
「そして設営完了」







一通り運転したら夕飯は智光山荘でいただきます。そのあと夜道を繰り出してぼーずさんへ遊びに行くまでが定番です。

IMG_3086.JPG
「飯能の山奥の名店」

部屋で酒を飲み、一晩明けて朝ごはんを食べたら早速運転会再開です。

またモジュールレイアウト運転会といえば、設営が終わったら車両がほとんど走らず、ダベってるかコツコツ模型をいじってるかもまた定番。今回はガンダムマーカーで車輪塗りをしていました。

IMG_3089.JPG
「グッと引き締まります」

自宅で作業をするより断然捗るのが不思議なのですが、今回は買ったばかりの東武70000とメトロ13000の車輪側面塗りを終えました。

そんな便利に使って10年近くになる智光山荘、残念なことにこの3月で閉鎖されることとなりました。

IMG_3084.JPG

いままでありがとう!智光山荘!


posted by つかさ at 00:02 | Comment(0) | 模型運転会

2018年02月25日

TOMIX 8008 ペイントマーカーを試す

CIMG1531.JPG
「8008 TOMIX ペイントマーカー」

TOMIXからこんな面白い商品が発売されました。線路の側面をさび色に塗るマーカーです。

CIMG1532.JPG
「色は3色」

模型店で探していた時に、事前にちゃんと情報を仕入れていなかったため1本売りをイメージしていたので3本セットの袋を見つけたときは「えっ・・・」と一瞬戸惑いました。それにしても黄系、赤系、黒系どんな色合いなんでしょうか。

CIMG1535.JPG
「まずは黒系」

サッとレール側面をなでるだけで、きれいに色が付きます。ペン先の太さも絶妙でストレス無く一発で簡単にきれいに塗れます。こりゃあイイ!

CIMG1536.JPG
「ペン先」

未使用は真っ白なペン先ですが、カチャカチャと紙などに押し付けて色が染みだすと右のようになります。

CIMG1539.JPG
「3色お試し」
色合いは黒系でいいかなと思ったのですが、ほかの色も気になるため開封して試しちゃいました。赤系も黄系も悪くないです。使い分けシーンを考えて使えそうですね。

今回は本線のモジュールなので当初の想定通り黒系を選択。

CIMG1540.JPG
「塗り終わりました」

簡単なので数分で完了。これならお座敷レイアウト用の組線路も塗ってもいいかもです。

塗り終わると当然線路の踏面まで塗られますので、集電に支障をきたさないように塗料を落とします。
タミヤエナメルなどで塗ったときは、曲尺などで削り取るのですが、これはアルコール系なのでウェットティッシュで拭き取れるとのこと。

CIMG1541.JPG
「さっとひと拭き」

踏面だけをなでたら簡単に金属光沢がよみがえります。こりゃあホントにイイ!

CIMG1543.JPG
CIMG1545.JPG

「線路塗装完了」

という事で、新兵器の導入は効果てきめん!サクッと線路塗りが終わりました。

posted by つかさ at 23:17 | Comment(0) | 模型

2018年02月22日

首都高晴海線ウォークと東京都港湾局専用線跡

先日の日曜日に、首都高晴海線の延伸部を歩けるイベントがあり、応募して行ってきました。

IMG_0899.JPG
「この新しい橋を渡ります」

延伸されたのは豊洲から東京湾を渡り晴海へとつながる1区間です。東京オリンピックへ向けてこの地区はどんどん変わっていくようです。

IMG_0901.JPG
「首都高上へ」
仮設された階段を上り本線上へ上がります。この区間はほぼ出口なので片側1車線です。

IMG_0917.JPG
「料金所」
こういうのを間近に歩くのは楽しいですねー

IMG_0908.JPG
「絶景ポイント:東京スカイツリー」

しかし、目が行くのはもちろん手前の晴海橋梁。東京都港湾局専用線の遺構です。

IMG_0925.JPG
「歩ける終端に着きました」
ここから先は歩けません。この辺りはちょうどゆりかもめをまたぐ場所なので

IMG_0920.JPG

IMG_0931.JPG
「新型と旧型」
まだ開業前の豊洲市場横を走るゆりかもめです。これなら一眼レフでちゃんと撮りたかったなー

IMG_0941.JPG
「首都高ウォーク終点」
この先はまっすぐ銀座へ続きます。

で、本題はこの首都高ウォーク会場となった晴海倉庫街なのです!
IMG_0945.JPG
「どーん!」
IMG_0896.JPG
「どどーん!!」

こんな味わいのある倉庫を間近に眺められます!そして足元のアスファルトをよーく目を凝らして見ると・・・

IMG_0947.JPG
「線路跡!」
この浮き出た分岐がお分かりでしょうか。かつてここまで貨車が来ていたことを物語る史跡です。

ほかにも目を凝らすと・・・
IMG_0949.JPG
「東京都港湾局」

そしてさらによーく、よーく見てみると
IMG_0894.JPG
「鉄道注意」

ということで、鉄道の遺構がまだまだ残っていました。他にも倉庫単体でも味わいある構造物がたくさん。
IMG_0892.JPG
「丸屋根がヨイ」

IMG_0893.JPG
IMG_0895.JPG
IMG_0946.JPG
IMG_0897.JPG
「カッコイイ外階段」

という事で、首都高を観に行ったのですが、それはそれで更に専用線跡を楽しめてしまいました。

posted by つかさ at 22:43 | Comment(0) | 日記

2018年02月12日

アルモデル製 KATO25tの滑らかな走り

昨年末に完成させたアルモデル製のKATO25tですが、滑らかな走りが自慢なので動画に撮ってみました。
 

とまあ、こんな具合で18両が簡単に引き出せてしまいました。まぁKATOのワム8の転がりがイイっていうのも要因かもしれませんが・・・


そんなわけで、反対向きにしての撮影は引出し時に電圧をグワッと上げて空転させてみました。ロッドが高回転しながらも徐々に進んでいく姿が勇ましいです。

posted by つかさ at 22:56 | Comment(0) | 模型