2015年04月24日

福鉄と春の息吹

先週、満開の桜と福鉄を絡めて撮影をしてきました。

まずは元名鉄の770形


そして上を撮影した次の日も訪れてレトラムを狙います。まずはレトラムの前に来た単車の800形です。


そして、レトラムがやってきました。


長時間停車を利用して、次は菜の花がきれいな場所へ移動します。
神明でレトラムを追い抜いた青フクラムがやってきました。


そして、レトラムがやってきます。


車体と菜の花の黄色のアクセントがとても綺麗でした。
春は撮影が楽しくていいですね〜

posted by つかさ at 22:45 | Comment(0) | 鉄道ビデオ

2015年04月13日

ワールド工芸 秩父デキ1の作成 その2(塗装編)

前回のその1から早2ヶ月、実はもうとっくに完成しているのですが、ブログにアップするのがノビノビになっておりました。

CIMG0344.JPG
「秩父ブルーが塗装完了」

そして足回りも

CIMG0346.JPG
「塗り終わりました」

車体色はいつものGM小田急ブルーそのまま、足回りと屋根はねずみ色1号です。

CIMG0349.JPG
「窓セル貼り」

ここからはインレタや窓貼りなど細かい作業。前面窓は見栄え重視で窓セルをピッタリサイズに切り出してはめ込みます。

CIMG0356.JPG
「どう?」

CIMG0354.JPG
「なかなか」

CIMG0350.JPG
「いい感じでしょ」

ずいぶんと上手くいったので、画像は多めに3カットです。なにせ画像3つで自慢したいくらい苦労したものでして(笑)
ここで気をよくしてちょっと寄り道、デキ1の相棒に浮気します。

CIMG0358.JPG
「秩父 ヨ10」

キットの台車は小ぶりながらパーツが複雑に組み合わさりるので、間違えないよう慎重に折り曲げます。

CIMG0360.JPG
「これまた複雑な手すりを組み終えました」

秩父ヨ10はヲキ1の台枠を流用してプレハブ小屋みたいな車掌室が乗っかっています。

CIMG0363.JPG
「黒く塗装」

黒染液を未だに入手出来ておらず、黒で塗装しました。

CIMG0365.JPG
「台車の構造」

台車枠にピポッド軸受をあてがい、左右を梁にねじ止めしつつとやっていると、
なかなか上手く組み立てられずバラバラになったりしてストレス満点でした(笑)

そんな訳で、寄り道もほどほどにデキ1とヨが完成しました。

CIMG0367.JPG

CIMG0368.JPG

CIMG0381.JPG

収納ケースはKATOのプラケースに適当に余っているウレタンを切り貼りして作りました。

秩父デキシリーズの中で、この小型のデキ1があると、何を牽引させるか楽しみが広がっていいですね〜
posted by つかさ at 23:40 | Comment(2) | [N]秩父デキ1

2015年04月06日

西濃鉄道のお花見のその後で

土曜日に行った西濃鉄道。その帰りは寄り道をしながらでした。

まずは西濃鉄道からすぐ近くの養老鉄道へ。
着いたら目の前で1本逃し、30分待ち。それでもなかなかいいアングルが分からずこんなところで


菜の花が多すぎるというゼータクな悩み。反対方向の列車がすぐにやってくるので急いでアングル変更しに移動しました。


桜並木を駆け抜ける電車。これを正面から望遠で捉えられる場所があったらキレイなんだろうな〜
と、2本撮ったら早々に次の近江鉄道へ移動します。

IMG_6938.JPG
「近江鉄道高宮駅」

名神使って30分程度で来れちゃうんですね、土地勘が無いのでずいぶん遠いと思っていました。
こちらでも桜が満開です。

米原行きのパトカー電車。すごい色ですね〜


黄色い色して違和感ある顔。こっちよりはパト電の方がまだ見慣れてるのかも・・・


そしてこっちは違和感全くなし、色合いもなかなか似合っています。

IMG_6951.JPG
「3007Fと3009F」

留置車も含めてすべて元西武電車だらけのパラダイスでした。

posted by つかさ at 22:55 | Comment(0) | 福井日記

2015年04月04日

西濃鉄道でお花見を。

西濃鉄道は2005年に1度訪問したことがありましたが、そのときは桜が散り終わる寸前でした。このときに次は満開になったとき・・・と思ってはや10年、ようやくその思いを実現することが出来ました。

IMG_6754.JPG
「石引神社 境内」

福井から遥々2時間弱。10年ぶりにやってきた石引神社の桜は文句なしの満開です!すばらしい!
とりあえずこれで一安心しつつ、美濃赤坂駅へ移動し列車が到着するのを待ち受けます。

IMG_6770.JPG
「EF64 1045牽引」


到着した64を切り離し、西濃のDE10にバトンタッチしますが、それを撮っているとその後すぐの出発で神社まで間に合わなかったはず・・・と10年前の記憶が鮮明に蘇ってきました。大切なことは忘れないのです(笑)

という事で、DEが動き出すのを待たずに石引神社へ引き返すと・・・

IMG_6777.JPG
「列車はすぐにやってきました」


まずはこの境内を駆け抜ける列車を撮れました。

IMG_6798.JPG
「乙女坂駅構内」

ここも10年前に見た風景とほとんど変わりありませんでした。

折り返し美濃赤坂行きは1時間半後、でもここで日頃のKYT(貨物予知トレーニング)がモノを言う訳です。早発する危険性も考慮し、コンビニ弁当を買い込み神社の境内で花見をしながらじっくり列車を待ち続けます。

IMG_6816.JPG

IMG_6847.JPG
「境内を駆け抜ける鉄路」

弁当を食って待つだけではさすがにヒマになり、線路の写真でも撮りながら時間をつぶしてました(笑)
そして、列車は予定時刻より少し遅くやってきました。

IMG_6857.JPG
「2015年」
IMG085.jpg
「2005年」
上が今日、下が10年前の4/17? 当時は桜の花がほとんど散っていました。現在はとまれみよの文字が消えてしまったのが残念です。


曇ってしまいましたが、これで10年越しの思いがようやく実りました。
そんな感慨に浸っている暇なく美濃赤坂へ移動、ちょうどEF64が赤ホキに連結を始めるところでした。



操車係の方のキビキビした旗裁きが良いですね〜

IMG_6890.JPG
「DE10と並んだ64」

10年前もDE10 501で、まだDD40が牽引する列車を撮れていないため、まだまだ西濃鉄道には足を運ばなくてはなりません。


posted by つかさ at 22:29 | Comment(0) | 福井日記