2015年11月19日

阪神武庫川線に乗ってきました

先週末、会社の社員旅行で、しかも幹事をやることになってしまったため、プランを作る羽目に。ならば好きなことを織り交ぜようと、2日目にフリータイムを設定し、ひとりで勝手に鉄旅行タイムを楽しみました。

ちなみに、日光にいた10年前ほどには社員旅行でばんえつ物語に乗るという前科者です(笑)

阪神武庫川線に行く前に、1日目昼食は梅田スカイビルの空中庭園にあるレストランでした。高いところは好きではないのですが、阪急電車が良く見えたのでヨカッタです。

IMG_3210.JPG
「Nゲージよりも小さい」

IMG_3211.JPG
「阪急名物、梅田3方面同時発車」

梅田貨物はすっかり更地ですねぇ・・・

宿泊は有馬温泉。保養所契約しているいいホテルが格安で泊まれるため好んで利用します。それに神鉄に乗れるしね!
IMG_3222.JPG
「2日目は神鉄から開始」

IMG_3223.JPG
「色づき始めた森の中を駆け抜けます」

IMG_3227.JPG
「そして新開地へ」

新開地へは今回が初めての乗車だったのですが、ギリギリまで山間部を走る神鉄は乗っていて楽しいです。
このあと、午前中はカワサキワールドへ、ここも楽しかったのですが、午後からはフリータイムです。

とはいえあまり時間がないため、武庫川線へ急ぎ足で向かいます。

IMG_3238.JPG
「武庫川駅に着きました」

何しろ阪神電車に乗るの自体が初めてなもので、どれに乗ってどこまで行くか初心者丸出しで路線図とにらめっこし漸くたどり着きました。

IMG_3239.JPG
「青胴車を見送ると、そこには鉄橋が」

反対を向くと
IMG_3240.JPG
「ホームの全体が鉄橋の上」

そして下を覗くと
IMG_3241.JPG
「そこには水面が」

ホームが対岸までかかっている駅というのは珍しいですね〜落し物をしても駅員さんでも取れそうにありません(笑)

IMG_3269.JPG
「連絡通路」

対岸へはホームだけでは足りず、途中からこんな連絡通路になっています。この長い連絡通路を渡ると武庫川線ホームにたどり着きますが、

IMG_3244.JPG
「上から眺められます」

その前にこんな俯瞰風景を眺められます。ミニカーブ用ポイントみたいな急曲線の手前側先で本線と合流します。

IMG_3265.JPG
「鉄道模型並みの配線」
上には三ノ宮行きの近鉄電車が駆け抜けていきました。こんな配線のレイアウトもアリなんですね〜もちろん上から眺められるという事は・・・

IMG_3268.JPG
「配管もばっちり!」

阪神電車の屋根はどんな車両もこんな通路みたいな黄色線が引いてあるんでしょうか?ヒューズボックスに書かれた車番が興味深いです。

IMG_3246.JPG
「ようやくご対面」

武庫川駅に降り立ってから、ここに来るまでにも色々見どころ沢山なので、なかなかたどり着きませんでした(笑)

IMG_3250.JPG
「縦列駐車」
奥には先ほど屋根が見えた車両が止まっています。

IMG_3248.JPG
「ギッチギチやでー」
なかなかの密度で書かれた幕が面白いですね。ネイティブな関西の方はギッチギチなんて言うんでしょうか、カッツカツ?キツキツ?まぁいいや乗りましょう。

IMG_3252.JPG
「銘板チェック」

えち鉄でもおなじみの武庫川車両銘板、阪神の銘板ってなんで少し浮かせて付けられているんでしょうか?細かいところも気になります。

IMG_3257.JPG
「あっという間に終点」

IMG_3256.JPG
「がっちりガード」

あまり撮れそうなところも無いし、時間も余裕が無いのでそのまますぐに折り返しました。

IMG_3280.JPG
「そして梅田へ」

阪神電車、そして武庫川駅と武庫川線。関西鉄の方には当たり前かもしれませんが、初めてなのでとても楽しめました。武庫川線用の阪神電車の鉄コレはすでに持っているので色々と安心です。買ったまま手つかずだったのを手入れしてやりたくなりました。

IMG_3282.JPG
「梅田駅の車止め」

最後に気になったのがコレ、新しい車止めに不釣り合いな古い行燈の標識がカッコいいですね〜 

posted by つかさ at 22:56 | Comment(0) | 実車

2015年11月16日

西武E31の制作 その2

前回に引き続き、組み立てが続きます。

まずは台車から。

CIMG0777.JPG
「ブレーキリンクの取り付け」

DT20はさながら日光モデルの16番用DT20のようにブレーキリンクが別パーツ化されています。が、なかなか組み付け精度が良くないのか素直には収まってくれず多少難儀しました。まぁ16番用DT20ほどでは無いですが。(あれははんだが効かずエラく難儀しました)

CIMG0779.JPG
「車体加工に戻ります」

前回からほとんど変化が無いように見えますが、KATOのアンテナと避雷器を取り付けました。

CIMG0781.JPG
「電動リューターの旋盤」

高圧引き込み回路は工場長のように銀河のパーツを使いたかったのですが、入手出来なかったので自作してみました。

CIMG0782.JPG
「まぁまぁです」

それなりに出来たのでこれを採用することにします。
そしてスカート回りの加工です。 

CIMG0783.JPG
「ASSYパーツ流用」

スノープロウは先日手に入ったE851用カプラーセットからスノープロウを流用します。1.2mmのビスでカプラーごと取り付けますが、首振り具合はもう少し調整が必要です。

CIMG0784.JPG
「キリリ!」

スカートが付くと凛々しい顔になっていいですね〜


posted by つかさ at 23:17 | Comment(0) | [N]西武E31

2015年11月08日

富山地鉄と万葉線へ日帰り旅行

富山地鉄の「ちてつ電車フェスティバル2015」に行ってきました。

IMG_3122.JPG
「クハの妻面」

IMG_3126.JPG
「珍車 of The 珍車」

まずは入り口前で2つの珍車がお出迎え。クハの妻面、貫通扉も運転台も無い妻板はこれと箱根登山ぐらいなものでしょうか。

IMG_3135.JPG
「上から眺めます」
そのまま奥へ進むと10020形を上から眺められる場所がありました。洗浄台が興味深いです。

IMG_3140.JPG
「車庫内ではトークショー中」

トークショーではJAMのトミーテックブースでも良く見かける野月さんと南田さんの組み合わせでした。そして光り輝く二人の背後には、さらに光り輝くデキの姿が!!

IMG_3151.JPG
「ピカピカ、キレイさっぱり」
貴重な東芝製凸型のまだまだ現役続投宣言ともいえるこの修繕はうれしい限りです。この機関車でクハを牽引するイベントとかやってくれないですかねー今の富山地鉄なら期待しちゃうところです。

IMG_3148.JPGIMG_3147.JPG
「模型展示」

工場のさらに奥では模型展示もありました。走る回る車両にはKATOの西武5000系から作成したと思われるアルプスエキスプレスも。そしてデキはスクラッチでしょうか。地鉄車輌が充実しており楽しい展示でした。

IMG_3160.JPG
「運転台体験」

10020形の運転台に座り、マスコンやブレーキをがしゃがしゃしても良いという事で、ガシャガシャやってきました。



そして外では電車が出て行ったと思ったら洗浄線体験列車をやっていました。気づかず乗れなかったので外から眺めたら、ちょうどその脇を岩峅寺行きと立山行が立て続けに走り抜け、分岐駅感満点のシーンとなりました。

もう少しゆっくりしたいところですが、次は子供のリクエストのドラえもんトラムへ乗るために高岡へ向かいます。


長い庄川鉄橋を渡るドラえもんトラム、その前にはデ7070が走ったのですが、音という点ではやっぱり釣り掛け電車がいいですね〜


最後は越ノ潟に到着するドラえもんトラムです。


このあたりから体調の悪さがMAXとなってしまいヘロヘロでしたが、楽しむ部分は楽しめたので良しといったところでした。この時期は気温の変化にやられやすいので油断大敵ですね・・・


posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2015年11月01日

西武E31 製作開始

マイクロエースからE31が製品化され発売が迫っていますが、それに追われるように死蔵になる一歩手前でこのキットを救い出すことにしました。

CIMG0776.JPG

「2004年発売なので、実に11年モノ」

CIMG0773.JPG
「現在の進捗状況」

ちまちまと進めて1か月、ここまで形になりました。キット自体はなかなか良いものなので素組で仕上げるつもりですが、ライト点灯化はしたいのでその準備をしておきました。

CIMG0763.JPG
「このでっぱりを削り取ります」

しかしこれがまた大仕事でした。

CIMG0765.JPG
「山のような切粉」

こんなにいっぱい削り取るのは難儀しました。裏側なので邪魔な部分が無くなればいいやってことで、仕上がりは雑です。

CIMG0767.JPG
「動力の製作」
動力台車枠はセオリー通り組立前に塗装を済ませます。

CIMG0775.JPG
「走行チェック済み」
メンテナンス性を考えて、前後台車とモータとはコネクタで外せるようにしておきました。

ここまではそこそこ順調でしたが、マイクロエース製発売前の完成はさすがに難しそうです。
posted by つかさ at 00:00 | Comment(0) | [N]西武E31