2016年01月31日

えち鉄Mc5001を作る その2

前回に続いて、反対側サイドの配管を進めます。
CIMG0905.JPG
「配管作業中」

ランボードはエバグリの帯材を貼りつけ、斜めになっている上面を地面と平行になるようにやすりで削っておきました。

これで配管は一通り完了、続いてクーラーの加工です。
CIMG0908.JPG

CIMG0909.JPG
「手すりの取り付け」

クーラーには目立つ手すりが取り付けられています。ホワイトメタル製のパーツに0.3mmの穴を開け、BONAの配管止めパーツを埋め込んだら0.2mm真鍮線で手すりを再現しました。ホワイトメタルへの穴あけが面倒だけど4個だけなので何とかやり切ります。

CIMG0910.JPG
「続いてモデリングメッシュ」

CIMG0911.JPG
「切り出します」

クーラーのメッシュ部は深い凹みになっているので、モデリングメッシュで再現をしてみることにしました。

切出しはアートナイフで切るよりも、ハサミで切った方がうまく切り出せるようです。

CIMG0918.JPG
「こんな感じ」

メッシュだけで見ると非常に細かいのですが、こうやってパーツに当ててみるとこれでも少し大柄なようです。

CIMG0913.JPGCIMG0920.JPG
「屋根回りほぼ完了」

上回りの加工はこのくらいでほぼ完了といったところで、これから難問の塗装が待っています。
posted by つかさ at 23:24 | Comment(0) | [N]えち鉄Mc5001

2016年01月24日

えち鉄Mc5001を作る その1

えちぜん鉄道Mc5001とは、今時点でえち鉄に残る、ラッセル用電機ML521と並ぶ京福福井からの生え抜き車両です。


他には無い独特の外観、斜めにスッと伸びた顔の車体は阪神武庫川車輌製、足回りはなんとDT21に鋳鉄制輪子、いまやだいぶ珍しくなりました。と言ってもまぁ元119系のえち鉄Mc7000形がDT21+VVVF制御というゲテモノっぷりなので、抵抗制御のMc5001は珍しさが薄れてしまいます。

かつては2両あったMc5001形も多くの過去を背負い、今は唯一残ったMc5001の1両が平日の昼間にたまに運用へ入る感じ。そんな孤高のMc5001を作り始めます。

CIMG0785.JPG
「あまぎモデリングイデア製キット」

曲げ済み車体にホワイトメタル製前面。ありそうで意外と合うパーツの無いクーラーもホワイトメタル製です。

部品点数が少ないのでサクッと組めそうな気がして、絶賛行き詰まり中の西武E31の息抜きに手を出してみました。

CIMG0800.JPG
「車体組み」

屋根はモールドが一切無くパンタとクーラーパーツ穴が開いているだけです。なのでパイピングは必須。

CIMG0802.JPG

「前面取り付け済み」
今回、ホワイトメタルパーツの取り付けにはエコーの低温はんだを使ってみましたが、これがまた使いやすい!買ってはみたもののほったらかしだったのですが、これならさっさと使えば良かったなぁというくらいの簡単さでした。

CIMG0903.JPG
「屋上機器と配管」

車体組み付けから暫く時間が開いて、ようやく屋上機器と配管に取りかかりました。実車の資料を撮影したかったのですが、平日運用ばかりで休みにあまりお目に掛かれず、時間が開いてしまいました。

CIMG0904.JPG
「パンタを載せてみる」
ランボードはエバグリの薄い帯材を瞬着で貼りつけたら、上面を削ってランボード状にしあげてあります。

配管はまだ反対側サイドが残っていたり、クーラーにも取っ手をつけなきゃいけないため、細かい作業がもう少し続きそうです。
posted by つかさ at 23:21 | Comment(0) | [N]えち鉄Mc5001

2016年01月13日

鉄コレ東武ED5060/5080を整備

CIMG0889.JPG
「左1両、ED5060(非重連)、右2両ED5080(重連)」

鉄コレのED5060が発売されてから暫く経ちましたが、気になるところに手を加えて整備を行いました。

まずはプラっぽさを無くすためにデッキ回りと台車、パンタグラフを塗装します。
デッキはオレンジっぽい黄色を調色、スノープロウと台車はねずみ色1号で、パンタは銀で塗装しました。

CIMG0886.JPG
「上 未塗装、下 塗装済み」

車体に取り付けるとイマイチ良くわかりませんが、こうして並べると手すりの透け感が抑えられて非常に良い感じです。

CIMG0898.JPG
「ED5080のデッキ回り」

カプラーはグレーの車間短縮ナックルを真鍮線で取り付けました。右のカプラーが下を向いちゃってるのはご愛嬌。
ゼブラは黒で印刷されていますが、本来は車体色と同じです。が、ここは面倒なので手を付けていません。
その変わりではないですが、手すりの付け根部分はゼブラパターンに合わせて色差しをしています。

また、ジャンパ線は付属品ですがエアホースは銀河のパーツを利用しました。

CIMG0890.JPG
「ずらりと並んだ東武電関」

デッキのサイドは黄色が塗装されていますが、実際は黄色がここまで回り込んでいないため、車体色に近い色で塗りつぶしています。

P1010015.JPG
「実際はこんな感じ(久喜駅にて)」

CIMG0902.JPG
「上から」

パンタと車体にモールドされているパンタ台はともに銀色に塗っています。アンテナは手持ちのKATOのASSYパーツからちょうどよさそうなスッキリしたシルエットのものを選定。

パンタ自体はGMのPT43Nから間接部分の横梁を切り取って用いています。
という事で、ここまでやると素性が良いためグッと引き締まってカッコよくなりました。やっぱりプラ感をいかに抑えるかが重要ですね。


CIMG0901.JPG
「ED5060シリーズ5両」

最後に右の2両はTMS Nゲージコンペ2005で努力賞、NマガNo45掲載のワールド工芸製キット組み立て品です。こうして並べてみるとだいぶイメージが違うものです。

ところで今回の鉄コレED5080は車番がED5082,5083でこのワールドキット組み立て品はED5063、5081のためなんと奇跡的に番号が被らなかったのでした!よかった~


posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 模型

2016年01月05日

西武E31の制作 その4

前回、車体の塗装が終わったところでした。

CIMG0868.JPG
「曲がってる・・・」

遠目で見るときれいに塗装出来ているようにみえるんですよ、でもカメラで撮影して拡大するとこの通り、曲がっているのが良くわかります。実物を手で持って眺めりゃ、そう気づかないけど、気づいてしまうと気になってしまうんですね。

こんな恥ずかしい画像、普段は写真に写らないようにして隠してしまうのですが・・・・

CIMG0880.JPG
「サッパリ」

悔しいけど悔しいので(?なんのこっちゃ)塗りなおすことにしてしまいました。塗装の剥離はIPAに漬けて30分くらいしたら歯ブラシでゴシゴシ。

すっかりピカピカになったので、ここから汚れない内にプライマー⇒下地塗装まで済ませてしまいます。

CIMG0882.JPG
「下地にベージュ」

前回塗装した時は帯の塗り分けで細帯をマスキングテープの細さそのままで済ませたかったので、朱色から塗装をしたのですが、今回はベージュ⇒朱色の順に塗ろうと思います。

ただ、細帯を均一の細さで上下からマスキングするのは至難の業なので、ベージュ⇒朱色⇒ベージュという順番で塗り重ねようかとも思っています。

でも、思っているだけで、それでうまく行くか確信も得られないため、もう少し悩みます。うーんどうしよう・・・

posted by つかさ at 23:47 | Comment(0) | [N]西武E31

2016年01月04日

えち鉄Mc5001と福鉄602,610

Mc5001を作成するに当たり屋上配管の片側が不明なままで、いつか走っているのを見かけたら撮りにいかねばと思っていたら、正月休み最終日の今日、ようやくMc5001を見かけその日がやってきました。

真上でなくても構わないので、田原町駅近くの歩道橋に陣取ると予定通りやってきたMc5001形
IMG_8200.JPG
「フェニックス通りを渡るMc5001」

フェニックス通りという名前も、もう違和感を抱かなくなったくらいに福井に浸透されてしまいました。

IMG_8205.JPG
「ここが撮りたかった」

もっといっぱい連写してばっちり配管の形状が判明しました、これで製作を進めることが出来ます。
一安心しつつ、福鉄でも1発撮ってから帰るかなーと思って待っていたら、やってきたのがなんと福鉄602!

IMG_8236.JPG
「前面幕のあたりがアヤシイ」
方向幕が白幕で扉に行き先が掲出されています。

福鉄は車輌故障等が続き、やりくりが苦しくなって普段は全然走らなかった602がこのところせっせとお仕事に従事しています。が、まだ乗車は出来ていないところに、このタイミングでの登場は渡りに船!乗るしかありません!

IMG_8250.JPG
「とその前に」

バッチリ配管の写真も収めることが出来てしまいました。年末の大宮セールでキットを買うか散々悩んだのですが、撮れていたら買ってしまったところでした・・・アブナイアブナイ

IMG_8275.JPG
「というわけで乗ります」

こちら側の幕は壊れていない模様。

IMG_8287.JPG
「車内」

IMG_8293.JPG
「幕とコマ」
実はいまだに「武生新」など古い駅名のまま、よく見ると越前武生の文字も上から紙か何かを貼られているようです。

IMG_8305.JPG
「新しいビルもだいぶ出来ています」

ちなみにこの福井駅前ももっと福井駅に近いところへ移動するため、ここはあとわずか。とりあえず時間が許すところで福井駅前までの乗車でしたが、これでようやく福鉄車両全種類乗車が叶いました。

それでは、そのまますぐ田原町へ帰りましょうってことで電車を待っていたら

IMG_8326.JPG
「今度は610がキターー!!」

なんと復路は同じ元名古屋市交の610形です!こりゃまたいいタイミング!

IMG_8373.JPG
「田原町まで戻ってきました」

田原町駅もえち鉄側ホーム屋根まで出来はじめだんだん形になってきました。

IMG_8375.JPG
「配管もばっちり」

こっちはすでにキットがあるため、いつでも準備万端です。

IMG_8400.JPG
「越前武生へ向けて出発」

ということで、短時間でばっちり資料集め&濃ぃ乗り鉄となりました。こんなに楽しいと明日からの仕事が身に入らないデスネー
posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 福井日記

2016年01月02日

あけましておめでとうございます

本年も とまれみよ をよろしくお願いいたします。
昨年の出来高を並べてみました。

CIMG0871.JPG
「喜多車輌製作所 2015年竣工作品」

左から竣工順に
 ・西武新2000系 2463F(GM板キット組み立て)
 ・西武2000系初期車2連(Kitchenキット組み立て)
 ・秩父デキ1とヨ10(ワールド工芸キット組み立て)
 ・福井200形モハ203(あまぎキット組み立て、TMS Nコンペ準佳作)
というラインナップとなりました。

2016年は何両完成させることができるでしょうか?昨年より多く出したいのは常ですが、時間の許す限り頑張りたいところです。

IMG_6777.JPG
「こちらは年末散在品」

奥さんの実家近くを散歩していたら、古本屋が閉店セールをしており、冷やかしに覗いてみたのが良くありませんでした。
TMSの蒸気機関車スタイルブック、日本の車両スタイルブックは今となっては手に入らない絶版品で、ついでにあった古いピクと合わせてなんとなく購入。

なんとなくとか言いながらそれなりのお値段になってしまったのがイタイところですが、満足度はなかなかの高さでした。


posted by つかさ at 17:51 | Comment(0) | 日記