2016年03月29日

えちぜん鉄道−福井鉄道 相互乗入開始

2016年3月27日 日曜日。この日よりえちぜん鉄道と福井鉄道が相互乗入を開始しました。

その名はフェニックス田原町ライン。これはフェニックス通りという、福鉄の併用軌道がある幹線道路の名前にちなんでいます。県外の人は何でこんな名前なのかピンとくる人は少ないだろうなぁ。

という与太話は置いておいて、営業1番列車、初めて福鉄からえち鉄へ乗り入れた列車を撮影してきました。


駅から発車しているだけにしか見えませんが、ポイントより交わっている手前側の線路がえち鉄で、フクラムがやってきた線路が福鉄なのです。

もう一つ相互乗入の目玉は、えち鉄に乗入用のLRV車両の「キーボ」が導入されたことです。

上の1番列車は朝に来てこの福大前西福井で折り返したのですが、それが越前武生に戻ってから折り返し急行鷲塚針原行きとなって再度えち鉄に戻ってきたところで、キーボの1番列車と交換したところです。


そのキーボ(えち鉄所有車両)が福鉄線内を走るシーンがこちらです。このときは1番列車ともあり、とても盛況だったため多少遅れがあり、副題西福井から車で先回り出来ました。

それともう一つ、今までは福井駅前で終わっていた福鉄の通称ヒゲ線が晴れて福井駅前まで延伸し、駅名が「福井駅」になりました。これもまた違いが分かりづらい(笑)駅名が「福井」では無く「福井駅」なのがミソです。だから言うなれば福井駅駅なのか?


これがその福井駅、オブラディオブラダの盛大なファンファーレに見送られ、県や市やその他関係者のエラい方々を乗せた記念式典臨時列車が福井駅を発車したところです。良く見ると福井県知事や福井市長が乗っているのが見えます。

最後の動画は、この日走っていた大型車福鉄602から市役所前〜福井駅の前面展望です。
 

他にもたっぷり動画を撮ってきたので、こちらの再生リストからどうぞ。




posted by つかさ at 23:23 | Comment(0) | 鉄道ビデオ

2016年03月26日

九頭竜湖までドライブ

鉄道マニアのくせに車で行ったのかよ!となりますが、まぁ時間が合わずに仕方ないのです。
いきなり言い訳から始まりましたが、九頭竜湖まで行ってきました。福井に来て3年、初めて来ました。

結果として、もっと早くくればよかったなぁという満足の旅です。

IMG_4167.JPG
「第二九頭竜川橋梁」

途中で橋がとてもきれいに見えました、この鉄橋もとても綺麗なのですが、その右側にある水圧鉄管がまたブッとくて、この下を道路が潜っており下を通るときに何となくゾワゾワした気分になります。(自分だけか・・・)

そこからさらに山道をグネグネと走って九頭竜湖駅へつきました。
IMG_4178.JPG
「越美北線 九頭竜湖」

IMG_4172.JPG
「終点」

道の駅の駐車場に車を停めると、すぐに車止めを見ることが出来ます。トンネルから真直ぐ出てきて、そのまま曲がらずに駅に着いて終点。なんとも鉄建公団っぽい線形です。

駅には道の駅が併設されており、弁当が沢山売ってたのでここで腹ごしらえタイムです。

IMG_4208.JPG
「8620」
駅の少し外れにはかつて越美北線を走ったハチロクが展示されていました。

駅から車でさらに5分ほど登ったところに九頭竜湖があります。

IMG_4215.JPG
「電源開発 九頭竜ダム」

IMG_4223.JPG
「堤体と湖面を望む」

高いところはだいぶ苦手なので、ダムから覗き込むのはおいそれとしませんが、ここはロックフィルダムのためこんな感じで安心して湖面を眺められます。それにしても水の透明度が高くてきれいです。

IMG_4229.JPG
「美しい景色」

こころが洗われますね~
ここから帰り道、ちょうど九頭竜線の列車が1往復九頭竜湖まで来る時間だったので寄り道しながら帰路へと着きました。


まずは越前下山駅に停まって九頭竜湖へ向かう列車。トンネル飛び出しを待ち構えました。線路は九頭竜川も山もモノともせず真直ぐに突き進みます。これぞ鉄建公団!野岩鉄道みたいな風景です。

そのまま山を下りると、今度は折り返してくる列車の時間が近づいてきます。このあたりの山間部では列車の方が足が速いです。という事で走っていて見かけた大きな下路曲弦プラットトラス橋に近寄って待ち構えます。

IMG_4238.JPG
「第一九頭竜川橋梁」

帰ってきてから調べたら、元東海道本線大井川橋梁から転用されたアメリカンブリッジ製でなんと明治44年製だとか。


ひとつのローカル線のこんな短い間に、こんなにも鉄道技術の新と旧のコントラストが見れるとは、越美北線はなかなか侮れません。

ということで、昼食も観光も撮り鉄も大満足の旅になりました。こんなにいいならもっと早く来れば良かったです。
posted by つかさ at 23:13 | Comment(0) | 福井日記

道の駅九頭竜湖のお弁当 [福井・九頭竜湖]

JR西日本九頭竜線の終点、九頭竜湖駅には道の駅が併設されています。

IMG_4178.JPG
「終点・九頭竜湖駅」

大抵の道の駅では食べ物を売っているものですが、ここは一味違ってお弁当のラインナップがとても魅力的です。

IMG_4176.JPG
「ずらりと並ぶお弁当」

これ、全部お弁当です。すごい沢山!

IMG_4177.JPG
「舞茸推し」

九頭竜湖駅の近くで舞茸を作っているのか、舞茸ごはんが沢山ありました。ここの特色はお弁当作成者の名前入りで売っていること。何となく親近感が湧きます。

IMG_4185.JPG
「舞茸そば 600円」

物産販売所でお弁当を売ってますが、その隣にそばスタンドがあって、あったかいそばやうどんも頼めます。今日は少し風が冷たかったので暖かいそばを頼みました。

IMG_4186.JPG
「買いすぎた(笑)」

木下さんのソースかつに舞茸ごはん、とみえさんの赤飯にやゑこさんの揚げもち。全部知らない人だけど、なんかそれだけで美味そう(笑)

値段も手ごろ、逆に食欲をそそる素朴なビジュアルにやられて、こんなにも買ってしまいました。これにそばもあるのに。
これを夫婦と5歳児の3人で平らげてしまったものだから、ちょっと食べすぎです。しかも炭水化物ばかり(笑)

しかし、満足度は非常に高かったです。舞茸ごはんも赤飯も、他のもどれも全部美味い!九頭竜湖へ立ち寄った際にはおすすめです。

posted by つかさ at 22:46 | Comment(0) | うまいモン

2016年03月21日

福鉄えち鉄相互乗入訓練中

3/27(この記事で言う来週土曜日)から、福鉄〜えち鉄の相互乗入運転が開始されます。

三国に甘えび天丼を食べに行った帰り、駅の工事の様子を見に行ったら、すでに試運転が始まっていました。

IMG_4111.JPG
「えち鉄鷲塚針原駅に福鉄770形」
それに気づいたのが3連休の初日の土曜日、それから日曜、月曜と試運転の様子を追いかけました。

IMG_4118.JPG
「試運転の770形とフクラム第3編成 田原町駅」

IMG_4117.JPG
「えち鉄用の乗り入れ車両 えち鉄L形キーボ」

試運転の概要は、えち鉄側は乗入区間である鷲塚針原〜田原町で福鉄の770形とL形キーボ。福鉄側ではえち鉄L形キーボの練習が越前武生〜神明で行われていました。

こんな感じで短い区間を往復して本番のダイヤよりも高頻度運転をしており、撮影には持って来いでした。

まずはえち鉄側の試運転。


田原町でついに接続されたえち鉄と福鉄の線路。ここを渡りえち鉄の線路へ乗り込む福鉄770形は感慨深いものがあります。



そしてえち鉄の線路を走る福鉄770形。低床車両を入れるためにえち鉄の乗り入れ区間の駅では低床ホームが増築されています。この八ツ島駅でも、高い通常のホームの先に低床ホームが延長する形で作られ、770形はそこに停車して訓練をしています。



田んぼのど真ん中を疾走するLRT車両、えち鉄では今まで無かった形態の車両のため、えち鉄線内でもえち鉄運転手さんの習熟運転が行われています。この愛嬌のある顔も見慣れるとかわいいものです。

続いて福鉄側。キーボはフクラムと同じくボンバルディアライセンスの新潟トランシスなのですが、福鉄側でも末端の越前武生〜神明で習熟運転が行われていました。


福鉄の撮影地日野川を渡るえち鉄のキーボです。余談ですが、この日野川初めて撮影に訪れました、鉄橋も良いのですが前後のアプローチでカーブをグワーッと曲がりながら駆け上がる姿がカッコイイです。



ということで、いよいよ相互乗入まであと1週間。他にもいろんなシーンを撮影してきたのですが、それはこの再生リストからどうぞ。



posted by つかさ at 23:11 | Comment(0) | 福井日記

2016年03月19日

料理茶屋魚志楼 甘エビ天丼 [福井・三国]

えちぜん鉄道三国芦原線の終点、三国港駅とそのひとつ前の三国駅の中間あたりにあるお店、昔からの港町の中にある昔からのお店がこの魚志楼です。

IMG_4102.JPG

「料理茶屋 魚志楼」
古い店構えは文化財にも指定されているようで、お店の中には風流な「お庭」があります。

IMG_4094.JPG
「中庭」

IMG_4097.JPG
「縁側」

とても高級そうな佇まいで、夜は会社でちょっとした御招待の宴会などにちょうど良いのですが、ランチはそこまで背伸びをしなとも手の届く価格帯のものがあります。

IMG_4090.JPG
「ランチメニュー」
ということで、おすすめの甘エビ天丼をいただきました。

IMG_4099.JPG 
「甘エビ天丼 1080円」

やってまいりました、甘海老の天ぷらの上にはトロットロの卵がかかっております。

IMG_4100.JPG
「アップでもう1枚」

甘えびは殻ごとバリバリといただきます。卵は餡かけのような感じ、ほかではなかなかお目に掛かれない天丼ですね。

料理が出てくるまで、時間がかかるようなので、そのあたりは店の中を散策するのが良いかと思われます。


posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | うまいモン

2016年03月13日

西武E31の制作 その6

今回は窓入れを行います。前回までの作業はこちら

CIMG0946.JPG

「窓ガラスははめ込み」

窓セルから所定の大きさに切り出したものを、クリアのゴム系接着剤で取り付けます。

CIMG0952.JPG
「前面ガラスまで完了」

平らなガラスはピッタリに切り出してはめるだけなので、頑張ってやるだけの話なので、ここまでは根気で乗り切ります。

問題はパノラミック部です。どうしたものかと思案しましたが、まずはやってみる事に。

CIMG0953.JPG
「窓セルを曲げます」

バーナーでごく軽く炙るとフニャりと曲がりそれっぽい曲面が得られました。ちなみに曲げる窓セルの幅は、窓の高さに合わせて切り出したものです。

CIMG0955.JPG

「切り出してはめます」

この曲がった部分をちょうどいい大きさに切り出してはめてみると、なんと上手くいきました!この方法を採用です。

CIMG0969.JPG
「窓はめ完了」

一番のハードルと思われたパノラミックウィンドウが、思いのほか簡単に再現出来ました。あとは細かいパーツの取り付けでラストスパートです。

posted by つかさ at 23:30 | Comment(0) | [N]西武E31

2016年03月06日

デジイチでいい加減フィルムスキャナを試作

フィルムスキャナが欲しいなーと思いつつ、高くてでっかいスキャナをフィルム用に買うのをためらっており、以前ネットで見かけたやつを試してみることにしました。

CIMG0947.JPG

「何とも雑な工作」

丸く抜き出したプラ板にフィルム1コマ分の穴を開けます。
この穴の上下に長めのプラ板を取り付けます。この上下の間隔は当然フィルムと同じ35mmです。

この上から大き目の板をペタッと貼りつけたらほぼ出来たようなもの。

CIMG0951.JPG
「裏返してフィルムをあてがうとこんな感じ」

左右の板が変な形なのは、余った端材を貼りつけてるからなだけで、特に意味は無いです。ホント雑な工作だ(笑)

ここまでで30分くらいで出来上がりました。

CIMG0950.JPG
「無理やり取り付け」

直接レンズの前に配置してやるつもりが、焦点距離が足りないのでレンズフードに無理やり噛ませてみました。もういい加減にもほどがあるって感じです。

ちなみにこの裏に当てている板が白の薄いプラ板にしたのは大切なポイントです。

CIMG0949.JPG
「こうやって撮ります」

デスクライトのLEDランプに向かって撮っていますが、蛍光灯でもなんでも白けりゃ何とかなるかと

CIMG0948.JPG

「マァマァ撮れてます」

前の写真でレンズフードに車輌ケースのスポンジ片で無理やり取り付けていますが、返ってこの方が微調整がやり易いようで、ビバ現物合わせってところです。

画面を見ながらちょっとずつ位置合わせをしつつ、拡大表示してMFでピン合わせをしてやると結構それなりに撮れてしまいます。

これが実際に撮った画像です。
IMG_8440.JPG
「撮って出し」

ここからネガポジを変換します。まずは階調の反転から。

IMG_8440 - コピー (2).JPG
「青っぽくなりました」

ここで青っぽくなるかどうかは撮影時点での明るさや光源の影響もありそうで、も少し修行が必要です。

IMG_8440 - コピー.JPG
「フォトショで修正」

自動カラー修正しても上手く行かず、どうにもパッとした色合いに作れません。

IMG_8440 - コピー (3).JPG
「GIMPで修正」

今度はGIMPで修正してみました。パッと見はいい感じですが、ビビットすぎる気もします。
一括変換できるようなソフトでもあれば便利なんですが、何かいいのは無いでしょうか。

市販のライトボックス付スキャナで取り込めば一発で済むところを、こんな手間かけてどうなんだって気もしますが、一応こんな程度のモノでも使い物にはなってくれそうな感じです。
posted by つかさ at 23:19 | Comment(0) | 写真