2017年02月13日

アルモデル KATO 4tを作る 3

車体の組み立てが終わったところで、細かい手すりなどを取り付けて、動力に載せてみました。

CIMG1412.JPG


CIMG1413.JPG
「手すり、ライトなどを取り付け」

足回りと合体したところで線路に乗せてみます。

CIMG1414.JPG
「奥、16.5mm 1/80 日立15t+ワム380000、手前 9mm 1/87 KATO4t+1/150 ワム80000」

この並び、なんともめちゃくちゃな縮尺の組み合わせですが、KATO4tがワム8と並ぶと意外と1/150のKATO10tくらいに見えなくもありません。シメシメ、想像通りの大きさです。

最後に、動力の滑らかさはこんなものです。


なんとも素晴らしい走りでニンマリしてしまいますね。
posted by つかさ at 00:03 | Comment(0) | 模型

2017年02月04日

アルモデル KATO 4tを作る 2

前回までで台枠が組みあがりました。ここからは上回りを組み立てます。

CIMG1388.JPG
「キャブの組み立て」

CIMG1390.JPG
「キャブ組みあがり」

屋根は平板を自分でまげて作ります。これは裏にスジがエッチングされているため、丁寧に曲げればさほど難しくありません。しかし、のりしろが少ないので、パーツをはんだ付けする間に、他の取り付け済みパーツが外れてしまうなど、さすが小さい車両のため手早さが求められます。

CIMG1392.JPG



CIMG1394.JPG


ボンネットも平板のエッチング板を手で曲げて作ります。こちらもキャブの屋根同様でゆっくりやれば大丈夫。



CIMG1395.JPG
「ボンネットの組み立て」
 ボンネット先端に付くラジエターパーツは4枚ものエッチングパーツを重ねて作る構造です。ラジエターガードは繊細なパーツなので慎重に取り付けます。CIMG1396.JPG CIMG1397.JPG CIMG1398.JPG CIMG1399.JPG「上回り組みあがり」 これで上回りの組み立てが終わりました。この先は細かいパーツを取り付けて行きます。 
posted by つかさ at 23:57 | Comment(0) | 模型