2006年08月16日

6番ポイント DCC化

以前ホビセンに行ってDCCレイアウトで遊んだとき、ポイントが開通方向をLEDで表示する面白いものでした。これがまた便利なものなので、自分のレイアウトを作るときもこれを導入したいと思ったものです。

■KATO Customshop ポイントへのDCCデコーダ搭載加工■

上のリンクによるとポイントへのデコーダー搭載、転てつ表示灯の組み込みをともに1000円ずつで行なってくれるとのことですが、これを自分で出来ないか試してみました。

Imgp2202
「配線完了」

ポイントボックスもそのまま使えて、DCで選択式としても使えるように欲をかいたせいで、もうなんだかゴチャゴチャになっちゃいました。

汚い配線にはさっさとフタをして、動作試験をしてみます。

Imgp2205
「反位:オレンジ点灯(暗いけど)」

Imgp2204
「定位:青点灯(オレンジもつきっぱなし)」

明らかに失敗してます(泣)この手の電子工作って苦手なんですよね・・・・ちなみに最初に載せた配線写真も間違いがあって、DCCで転てつすら出来ない状況でした。

よっぽどの物好きでポイントをダメにしても泣かない強い心が無い人にはお薦め出来ないです。これを計2000円で加工してくれるなら、時間かかってもホビセンで頼んだ方が確実で楽だってことがわかりました。

でもDCCってよっぽどの物好きがやるもんだろうし、結構自分でやっちゃう人が多いのかな?ちなみに自分も悔しいので残りのポイントも全部自分でDCC化してやりますよ(笑)

posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | [Nレイアウト]
この記事へのコメント
自分の仲間は結構加工依頼してしまうようです。失敗したときの損失を考えると安いと言うことです。

自分はそこまでしてやりたいとは思わないです。工作重視だから壊れたら壊れたで何とかするのもまた楽しみなのかなと思います。

加工済みのポイントは出来が今ひとつと言う話を聞きましたがどうでしょうか?
Posted by びんいち at 2006年08月18日 12:28
加工済みポイントは買った事無いので出来がどうかわかりませんがさすがに最低限動くものでしょうし、それならば失敗のリスクよりも加工依頼したほうが良いのもうなずけますね。

自分は今回試して案外簡単だって事がわかったので今後も自前で加工をしていくつもりです。やっぱ自分で改造する方が楽しいですもんね
Posted by つかさ at 2006年08月19日 10:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102593680

この記事へのトラックバック