2010年03月31日

イタリア旅行(寝台列車乗車編)

ヴェネチアの夜も更けて、いよいよこの旅のメインイベント(?)寝台列車に乗車してヴェネチアからローマへ向かいます。

Img_0661

「さらばヴェネチア」
あんまりおいしい料理に出会えず、しかもピザとパスタしか食べてなかったので全く野菜を取れずにいたため、休憩がてら入ったマックでサラダを注文してしまったりもしましたが、街歩きは思ったとおりの楽しさで、良い思い出になりました(笑)

しかし、出発時間23:30までには時間がまだあるため、駅近くのチェーン店レストラン「brak」で夕食をとりました。ちなみに荷物はホテルをチェックアウトしてすぐに駅構内にある荷物預かり所へ預けてあります。ここは23:50まで開いているようで、非常に助かりました。

Img_0662

「店内」
夜遅い時間は心配でしたが、店の雰囲気は明るくて22:00まで開いているので時間つぶしにはもってこいのお店です。ただ、ビュッフェ形式なので注文はなかなか大変です。

Img_0663

「ふたりともパスタ」
結局、無難なものになりました(笑)地球の歩き方に書いてあるお店だったので味は外しませんでした、しかも料金もチェーン店なので比較的安めで、ようやく満足出来る料理に出会えた気分です。

Img_0677

「駅待合室」
食事の後、残り時間は駅の待合室にいました。ここはコンコースとは離れた場所にあり、また明るいため列車を待つには最適の場所です。まぁ時間を潰さなくても色々な国際夜行列車を見ることが出来るので、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

Img_0650

「花の都、パリ行き」

Img_5770

「こちらはミュンヘン行き」

Img_5778

「増結中」

ミュンヘン行きの列車を撮っていたら、おもむろに機関車がもう一台やってきて重連になりました。

Img_5785

「機関車2両に客車3両」

そうこうしているうちに、いよいよ自分たちの番です。

Img_5802

「23:30発ナポリ行きICN771」

ナポリ行きのIntelCityNotte771 MarcoPolo号です、乗車区間はローマまで。興奮も最高潮ですよ!!

Img_5811

「列車入線」

Img_5816

「牽引機進入」

ヴェネチア・サンタ・ルチア駅は頭端式の駅なので、客車を牽引してきた機関車は切り離され、牽引機があとからやってきます。

Img_5818

「乗車側ホームへ移動」

Img_5819

「8号車」

客車5両のうち、後ろ2両はクシェットと呼ばれる謂わば開放B寝台のような客車で、乗車する8号車は個室寝台になっています。ドアの外にはパーサーが立って検札しており、ここで日本から印刷してきたオンラインチケットを見せて、車両へ乗り込みました。

Img_0692

「車内」

車内へ入るとここから乗る客はほとんどいないのか、国内の寝台特急乗車時と同様に写真をパシャパシャ撮りまくっていたら、若いパーサーのお兄さんが写真を撮ってくれました。そんなサービスも嬉しい感じです。

Img_0682

「洗面所まで付いている!」

個室3段寝台ですが2段での利用です。洗面所も付いており、設備はとてもキレイでした。廊下には防犯カメラまで設置されています。このレベルだと日本ならA寝台ですね〜ちなみにウェルカムドリンクではないですが、ペットボトルの水が1人1本備えてあります。扉は内側からカギを掛けられますので防犯も心配なしです。

Img_0696

「ワゴン・リ社」

備え付けのハンガーにはかつて国際寝台列車運行会社だったワゴン・リ社の文字が刻印されています。なるほど日本の寝台特急とは違いサービスがいい訳だと、妙に納得してしまいます。車内の確認も一通り済ませ、朝は7時到着と早めなので早々に寝ることとしました。憧れのバッファ連結器の客車、それも寝台車ですので堪能しない手はありませんしね!

寝心地はと言えば、連結器ショックは全く無く心地よい揺れに身を預けてグッスリと寝れました。ブルートレインにあるあの「ガチャンッ!!」が無いだけでここまで良いものかと驚きです。そんな訳で朝を迎えると、パーサーからモーニングエスプレッソが届きます。

Img_0703

「モーニングエスプレッソ」

なんとも小粋で嬉しいサービスですね、エスプレッソなあたりがさすがイタリア!と思わせてくれます。嬉しくてパシャパシャ写真撮って、チビチビ飲んでいたら冷めてしまい、最後は微妙な味だったのはナイショです(笑)

Img_0730

「ローマ・ティブルティーナ到着」

定刻でローマに到着しました。列車はこの先のナポリまで行くため、テルミニではなくティブルティーナに止ります。帽子を被っている人がこの8号車のパーサーの方です。ちなみに、見てのとおりの段差なので、乗るときも降りる時もスーツケースの上げ下げには一苦労でした。まぁこの列車ではパーサーが手伝ってくれます。

Img_5829

「牽引機E402.043」

朝起きて列車を見たらビックリ、編成が伸びていました。どこかで増結したようです。


Img_5840

「列車はナポリへ」

列車を見送り無事に寝台列車の旅を満喫出来ました。治安など心配に思っていた点も個室を選んだため全く問題無く楽しめました。

こうなってくると乗った車両が欲しくなるのが運命なのです(笑)後日、探し歩いて行き着いた「チムニー」という模型店で非常に詳しく教えていただき、ACMEというメーカーから最近発売されたLUNA号セットに今回乗車したMU型客車が入ったセットがあるという事がわかりました。

残念ながら手には入らなかったのですが、今まで全く興味の無かったヨーロッパ型にすっかり魅せられてしまいましたよ(;´∀`)

この後はローマ市内観光へと向かいます。

posted by つかさ at 21:35 | Comment(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: