2010年11月01日

イクラ親子丼を作る

いくらのしょうゆ漬けを自作しました。

このとき食べたイクラ丼で主に値段の辺り(笑)でモヤモヤしていたところに、筋子が売っているのを見て、じゃあ作ってやろうじゃないかとなった訳です。

Img_4047

「材料一覧」

一番重要な材料はiPhoneのクックパドアプリ、コレさえあれば怖いもの無し(笑)

Img_4051

「ほぐす」
暖かいお湯で揉み解すと、つぶつぶがバラバラになるんです。これは知らなかった、そしてこの感触はクセになる

Img_4055

「ほぐし終わり」
イクラが真っ白になってしまいました。でも慌てない

Img_4058

「ジャン!!魔法です!」
単に塩水でグルグルかき回すだけなんだけどね。キレイな透明に戻るのはちょっと感動モノですよ

あとは醤油、酒、みりんのタレに漬けて、昆布の切れ端を入れて1日寝かせば、後は食らうだけ!

Img_4064

「半々」
奥さんはオーソドックスに半々です。

Img_4066

「あえて周囲に」
真ん中にちょこんと乗せれば量が少なくて済む、だからお店なんかではこんな載せ方はしないですね。1口目にイクラが入ってくる喜び。これも自作してイクラ富豪になったからなのですよ!!

と言うことで、粒にほぐすのは手間が掛かるけど、好きなだけイクラを載せられる楽しみは代えがたいです

posted by つかさ at 23:04 | Comment(0) | 男の料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: