2011年03月06日

西武2000系 2417Fをつくる

2417Fとは西武2000系初期型の2両編成のなかで2419Fと同様に角形ベンチレータを搭載した車輌です。ベースは手持ちのGM製完成品(品番4149)2000系初期車先頭2両編成から作成します。

Img_5831

「ベンチレーター穴開けなおし」

元のグロベンの穴を埋め、押込み形ベンチレーターの千鳥配置に取り付け穴を開けました。穴の間隔はKATO新101系を隣に並べて目分量というアバウトぶり(笑)

ベンチレーター自体はTOMIXのPB-103を使おうかと思います。手前のクモハの屋根に1個ためしで載せてみました。

Img_8306

「実車(2419F)」
この前撮影した2419Fの屋根です。これを見るとパンタ手前に小箱があるのが分かります。見なかったフリをすればいいのですが、知ってしまうと・・・

Img_5832

「再現せずにいられない」
取り付け場所を目分量(マタカヨ・・・)で決めたら、0.3mmで穴を開け、プラ小片で作った箱に真鍮線を埋めて取り付け足にしました。これで充分に強度が保てます。

Img_5833

「ランナー引伸ばし線」
ここまでやるんだから、西武電車の大師匠ヤマシタさんのお株を奪うランナー引伸ばし線で、配管の再現までやってみました。

Img_5835

「こんな具合」

Img_5834

「パンタを載せる」

とりあえず屋根の加工はこんなところで、あとは車番を消してプレートタイプを再現してやればいいかな。

しかし、印刷済みの車番を消すとまた面倒なことに・・・・それはまた後ほど。

posted by つかさ at 22:46 | Comment(2) | [N]西武2000系
この記事へのコメント
うちも穴だけは埋めてあるけど、その先が…。穴埋めもうウンザリですよ
Posted by 工場長 at 2011年03月08日 13:19
穴埋め、好きでやってるんじゃなかったの?(笑)俺のは2連だから気が楽だね〜
Posted by つかさ at 2011年03月08日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: