2013年07月20日

富山地鉄 稲荷町車両基地一般公開

福井から大宮へ帰る道すがら、富山地鉄の稲荷町車両基地一般公開へ参加してきました。

Img_1887

「稲荷町車両基地」

駅から見える車両基地を中から眺められる、こんな機会はなかなかありません。富山地鉄はオリジナル車多数、西武5000系も残っていたりと非常に魅力的な路線です。参加費3500円(一日フリーパス付)でも高くは無いですね。

工場の休憩室に参加者が集まって、職員さんのウラ話を聞かせてもらえる時間もあったりと、非常に距離感の近い楽しいイベントでした。

という事で、写真を撮りまくってまいりましたよ。

Img_1835

「クハ173とクハ175」
工場敷地に入ってすぐに増結用クハがお出迎えしてくれました。ちゃんと予習をしていかなかったので、帰ってから地鉄について勉強し、このカットしか撮っていなかった事を悔やみました。

Img_1844

「モハ10025とモハ14722」 
これを撮っていたときは、まだこの2本の違いを分かっていません(笑)

Img_1889

「向こうにクハのお尻が」
モハ14722がどいたらクハの妻面がみえました。この稲荷町基地は、いま自分が作りたい車庫モジュールそのもののような規模です。

Img_1860

「東芝と東急」
これが一番撮りたかった、デキ12020です。「東急の大型ステンレスカー(大人の事情)」と連結されています。

Img_1917

「TT53台車」
昭和53年4月製作 東京芝浦製作所の銘板があります。スポーク車輪や心皿が無かったり、斜めに取り付けられた軸ばねやS型ミンデンのような板ばねなど、この台車は興味が尽きません。

続いて庫内です。

Img_1866

「京阪のダブルデッカー」
現在京阪色になった10030形に組み込むべく改造工事中です。中の人の話では、移動の手段としてだけでなく、富山地鉄そのものを楽しんでもらえるように、いろいろやっている内のひとつですとの事。みなさん、限られたものの中から頑張っている様子が必至と伝わってきました。

Img_1864

「外を見れば東急」
さすがに東急はまだ都内で見れるので、それよりも地鉄オリジナル車のほうが気になって、あまりカメラを向けませんでした。

Img_1938

「工場内」
このくらいのモジュールを作りたいと思っていたところに、この一般公開!ここでは載せきれないほどたくさんの資料を得ることが出来ました。たとえばこんな感じ

Img_1931

「パンタグラフ置き場」
パンタグラフもこんな風に保管してました、これは面白いですね〜

 

Img_1942

「鉄コレも販売中」

16弾、シクレも含めて4両セットです。それと14760形はここで買うとHMシールがつくということで、すでに持っている3両セット以外の6両を増備してしまいました(汗

楽しい時間はあっという間、これから大宮へ帰る時間なので途中で会場を後にしました。 

Img_1997

「元西武5000系のアルプスエクスプレス号」

稲荷町で待っていたら、これが動き出しました。このあと電鉄富山でうなづき号に入ったこの車両に乗車。

Img_2020

「2号車 座席指定」

中間の2号車は座席料金が+210円掛かります(ちなみに特急料金は100円)とりあえずお金が掛からない一般車へ

Img_2023

Img_2024

「一般車も内装が良いです」

水戸岡ラッピングは外から見ると、撮り鉄的にはどうなのという話が良く聞かれますが、車内は圧倒的に良くなってますね。

もちろんテツ的には5000系の当時の内装がそのまま復活とかだと鼻血モノなんでしょうが、他に乗っていた大多数の非テツの人にはこれがとても好評の様子で、車内のあちこちから、キレイだね〜という声が聞こえてきます。

Img_2026

「所沢車両工場」

でも、ちゃんとこういうのを残しておいてくれているところが、ちゃんと配慮してくれているんだなぁなんて思います。

Img_2043

「電鉄黒部到着」

電鉄黒部へ来たのは、魚津で時間を結構つぶすなら、ここまで行けるからというだけで、来たのでした。

Img_2035

「大屋根が覆う」

そしたら、こんなホームだったり、色々と見所満載の駅だったんですね〜これも単線モジュールで再現したらとても楽しそう!というか富山地鉄全体が模型向きモジュール向きなんですよね

Img_2049

Img_2059

「TMC100型」

電鉄黒部にとまっていたTMC100型モーターカーです。前からも後ろからも愛嬌のある姿がいいですね〜

という事で、このあと電鉄富山行きのうなづき号に乗って魚津へ、魚津からは北越に乗って帰りました。

魚津で駅員さんは、はくたかの方が安いですよ、早いですよと教えていただき・・・・そりゃそうですよね。仕方ないので「北越に乗りたいだけなんです」なんて言い訳したら、苦笑しながら分かっていただけました(笑)

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: