2017年03月09日

アルモデル KATO25t(16番)を作る その1

KATOの4tを作っていましたが、塗装工程の集約をしたいため一緒にKATOの25t3軸機を作り始めました。

CIMG1417.JPG
「開封~」

実車は東京都港湾局の晴海ふ頭にいたスイッチャーで、最近発売された加藤製作所機関車図鑑にも大きく取り上げられているものです。

とは言え、実車を見たことがある訳ではないため、説明書通りに粛々と制作を進めます。
CIMG1418.JPG
「開き」
まずはキャブとボンネットから。

CIMG1420.JPG
CIMG1422.JPG
「キャブを組立」

側板をはんだ付け、窓枠ドアを貼り付けたらホワイトメタルの屋根をねじ止めします。このままだとわずかに隙間が出来るため、この後パテ埋めを行いました。

CIMG1424.JPG
CIMG1427.JPG
「ボンネット組立」

ボンネットも平板を手で曲げて形にします。曲げる部分は裏からエッチングで処理されているため、手で曲げてやるだけで大方の形は作り出せました。この辺りはさすがのアルモデル製、作りやすい仕組みになっています。

CIMG1430.JPGCIMG1433.JPG
CIMG1431.JPG
「台枠が組みあがり」

台枠までできたらボンネットとキャブを載せていい感じになっているのを確認します。んーいいですねぇ!

CIMG1434.JPGCIMG1436.JPG
「下回りを組みました」

ということでブレーキパーツなどの下回りを組んで、ここまでくれば塗装へと進めそうです。
posted by つかさ at 23:05 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: