2017年04月05日

サンライズに乗るための出雲旅行

子供がこの春に小学校へ上がる前に、サンライズに乗って家族旅行をしておきたいと思い立ち、サンライズ出雲に乗る旅に出ました。

東京からサンライズ出雲で出発!と行きたくなるところですが、東京発よりも出雲市発の方が時間的に良いため、サンライズは帰路までお預け。まずは東京駅から新幹線で岡山へ向かいます。

IMG_8244.JPG
「岡山駅到着」

本当にサンライズに乗るだけならば、朝早くに東京を出て出雲市へ向かい、そのままサンライズで帰るという手も考えられますが、さすがに家族旅行という名目のためそこまで無理はせず、1日目は岡山に1泊することにしました。

それでもレール&レンタカーのため岡山行ひかりで4時間の道のりでようやくの岡山到着です。岡山駅の新幹線ホームでは500系と700系レールスターがお出迎え。両方とも東京では見れないので、4時間乗車の疲れも(自分だけ)吹き飛び、ここからすでにテンションが上がります。

IMG_8254.JPG
「逃した!」
そして在来線ホームへ降りたらAU13を乗っけているヤツに遭遇!しかしすんでのところで撮り逃しました・・・

IMG_8255.JPG

IMG_8257.JPG
「ほかにも怪しげいっぱい」

こんな無理やりな先頭車も見れて少しいるだけでも楽しいひと時を過ごせました。

とは言え家族をほったらかしにする訳にはいかないので、このくらいにしておいてホテルへチェックイン。そのあと真面目に後楽園を観光しました。

IMG_8279.JPG

IMG_8291.JPG
「日本3大庭園」

さすがにきれいな庭園ですね〜金沢兼六園は福井に住んでいた時に何度か訪問済み、今回の後楽園で2か所目ゲットで残りの水戸偕楽園も早々に行きたいところです。

IMG_8319.JPG
「岡電」
1日フリーパスを買ったので、とりあえず全路線を乗りつぶすことに。右奥の消防車は火災現場を絶賛消火中でしたがこのときには鎮火した模様。

IMG_8329.JPG
「東武日光軌道」

ぜひ乗りたかった元日光軌道の車両は2両とも車庫でお休み中でした(泣

この後、夕飯を食べてからホテルへ戻ったのですが、ホテルから岡電がよく見えるなかなかのロケーションでした。


ホテルで一泊したら、つぎは朝から出雲市へ向かいます。
IMG_8393.JPG
IMG_8401.JPG
「岡山駅でお出迎え」
昨日は見れなかった先頭車改造や117系など、ゲテモノっぽさ満点のカッコイイ車両がいっぱいでいいですねぇ〜

IMG_8402.JPG
「381系へ乗車!」

昨日に引き続き乗りっぱなしです。出雲市までは4時間の長旅でした。

IMG_8478.JPG
「出雲大社へ」

そしてレンタカーを借りてまずは出雲大社へ。

IMG_8507.JPG
IMG_8509.JPG
「出雲大社前駅」

出雲大社へ行ったら、当然一畑の出雲大社前も行きました。

IMG_8533.JPG
「大社駅」

廃線となった大社線の大社駅へも行ってきました。なんとも重厚な作りの駅ですね〜廃線になってしまったのがもったいない。



この後、少しだけ一畑電車を撮影したら、まずは温泉につかりサンライズ乗車に備えることに。

IMG_8555.JPG
「北山温泉」

これがまたとってもスベスベになるいいお湯でした。そしてこのあと夕飯とビールを買い込んだら、いよいよサンライズに乗車です!!

IMG_8671.JPG
「東京着〜」

っていきなり到着してしまいましたが、結局出雲市では入線から発車まで時間に余裕が無く、早々に乗り込んだら発車。あとは夕飯を食べて寝るだけ。と書けばあっという間ですが、伯備線の定尺レールのジョイント音が意外とうるさくて、寝れたのは岡山を過ぎてからでした。

ちなみに取った個室はシングルツイン。上段に自分が寝て、下段に奥さんと子供が一緒に。一緒に寝るのは広さ的にも小学校上がる前ぐらいが限界ですかね〜

IMG_8675.JPG
「東京に着いたサンライズ瀬戸・出雲」

東京駅に到着した夜行列車。最近まで当たり前だったのが、ついにはこの列車だけとなってしまいましたね。サンライズにはこれからも末永く走り続けてもらいたいものです。


posted by つかさ at 00:03 | Comment(2) | 旅行記
この記事へのコメント
道中の車内写真とかがあるのかと思ったら、いきなり東京で(爆)
おつかれさまでした。
Posted by ヘッポコ出戻りモデラー at 2017年04月06日 19:01
実は乗車してすぐに弁当広げて・・・などなどしていたらすっかり撮影を忘れていたのでした(笑
Posted by つかさ at 2017年04月08日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: