2020年04月13日

東武850型を作る4 パンタ台取り付け

テレワークで毎日自宅にいる日々が続いています。家に居ても仕事をしているので昼から模型作ってる訳にはいきませんが、通勤時間が無くなるので模型を作る時間は捻出し易い気がします。

でも、仕事帰りに模型屋寄ってちょっと足りないもの買いに行くとかが出来ないのは不便この上ないですね。

休みの日はほぼ一日中家にいるので、こっちはやる事済ませたら模型に没頭できます。そのはずですが、模型の進みはいつもの1.5倍速程度しか上がらないのは何故なんでしょ・・・

IMG_1417.JPG
「パンタを取り付けます」

と言っても、これから取り付けるのはパンタ台でパンタグラフ自体は全てが組みあがった最後にねじ止めをして車体に乗せます。パンタは最後の最後、画竜点睛です。

IMG_1419.JPG
「位置決めマステ」

マステを取付寸法に切り出してねじ穴のガイドにしました

IMG_1427.JPG
「パンタ台」

パンタ台はモデルワムのこれを使います。
(後で気づいたのですが、上段中央がへこんでるヤツもあり、ホントはそっちでした)

IMG_1429.JPG
「仮組」

仮組をしてみましたがちょっと背が高くなりそうです。もう少し調整が必要ですね。

IMG_1438.JPG
「下段半田付け」

他にも鍵外しの角?とヒューズ箱も半田付けしました。

IMG_1442.JPG
「前パン側も取り付け」

前面は手すりを下の方法で作って取り付けてあります。この方法、すんごく簡単でこれ以来愛用しています。
 
posted by つかさ at 00:08 | Comment(0) | [HO]東武850
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: