2020年05月09日

東武850型を作る9 前面の加工

いよいよ最後の大物加工、東武850型と言えば「コレ」でしょ!という前面のパンタ鍵外し作成を行います。

と、その前にまずはクハの前面から
DSC05658.JPG
「クハ850-3」

何しろこのキット、ジャンクを称しているだけあって何とホロ枠がありません!

作り始めるためにパーツ集めをしていた時は、そのうちいいのが見つかるだろう・・・と高を括っていたのですが、結局いいものは見つからず。

IMG_1592.JPG
「エコーの気動車用ホロ枠」

幅が広めだったので、わざわざ真ん中を切り詰めて幅を狭くしています。

IMG_1595.JPG
「ホロ枠出来ました」

ホロ枠の上の水切りを真鍮帯板で作成し、ついでにホロ釣りも0.3mm真鍮線と帯板を曲げたステーで再現してみました。

IMG_1598.JPG
「クハは完了、続いてモハ850-1です」

DSC05566.JPG
「ここをどう作るかが、このモデルの成否を決めるといっても過言ではありません」

という事で、気合を入れて頑張ります!

IMG_1601.JPG
「ホロ枠取付」

まずはとあるところで1つだけ譲ってもらえた、サイズぴったりのホロ枠に真鍮帯板で水切りを取り付けました。

IMG_1629.JPG
「精密パイプ」

エコーモデルの精密パイプ(外径0.4-内径0.2)をホロ枠の両脇に取り付け。

ホロ枠と窓の狭い場所に付けるので、張り出し過ぎないか心配でしたがうまい具合に収まりました。

IMG_1631.JPG
「パンタ引き紐を入れます」

引き紐はリード線をほぐして1本取り出したものを差し込みました。細密感が出てイイ感じです(自画自賛)

IMG_1643.JPG
「リンク部分も作成」

パンタにつながるリンク部分も0.3mm真鍮線で作成しました。

IMG_1645.JPG
「完成!!」

ホロ枠の周りにはとレジャータウンの幌緊締金具を取り付けてみました。これもなかなかいい感じです。

IMG_1647.JPG
「全加工完了」

これで車体への加工はほぼ終わったので、いよいよ塗装へ進むことが出来ます。

長かったーー!しかし、stay homeなため、家でしっかり時間を取れたので作業自体は順調に進みGW前にここまで終わらせることが出来ました。

模型作りのためまとまった時間を投入するのって、ホント久しぶりです。

posted by つかさ at 22:56 | Comment(0) | [HO]東武850
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: