2021年08月13日

HO タキ1900(東藤原タイプB)組み立て方

ここはタキ1900東藤原タイプAとBの組み立て方です。
商品の説明は下記リンクをご確認ください。AとBの違いなども説明しています。


タイプAの組み立て方は下記リンクからご確認ください。

〇タイプB
タキ1900東藤原タイプB組立図.jpg
まずは台枠の組み立て方から

b001.JPG
「タイプB 台枠構成」

タイプBの台枠は側面の大型タンク台を付けるために、元の車票差しなどのモールドを切り取ります。

012.JPG
「側面タンク座」

側面タンク座は元のタンク座に接着します。
元のタンク座のリブにパーツのスリット部が当たり位置決めが出来ます。(赤丸部分)

013.JPG
「手すり取付」

デッキ目隠し板は手すりパーツの赤丸部分が干渉するので、手すりの赤丸部分を少し短めに切り出してください。

014.JPG
「タンク座と手すり取付」

ブレーキハンドルの反対端面には門型手すりパーツを接着します。デッキ目隠しパーツはデッキとツライチになるようにはめてください。

b002.JPG
「タイプB台枠完成」

<タンクの組立>

タンク下部は製品をそのまま使います。太平洋セメントにする際は社紋板を取り付ける穴を埋めてください。

001.JPG
※Bのみ タンク下部補強リブ除去」
上が製品のまま、下が補強リブ除去後です。

タイプBはここは側面タンク座に掛かるため、外側リブの上に出てくる部分(大体上半分)を除去します。
除去後は除去部分にやすり痕があります。

また、Bは鏡面手すりも無いため、手すり取付穴を埋めてください。


b101.JPG
「小ハッチ取付(タイプB)」
タイプBはパーツセット付属のハッチを利用します。取付向きは足の形で決まるので良く見て差し込んでください。


b102.JPG
「エア管取付(タイプB)」
タイプBはハッチから伸びている管が一体モールドされていますので、エア管下部をランボードの足にくぐらせて取り付けます。
(写真奥はタイプAのエア管を流用してBの別バージョンを作りました)

ここまで来たら車体を塗装します。


<車体の組付け>
塗装が終わったら、いよいよ台枠とタンク体を接合して完成させます。
b201.JPG
「台枠の向きとタンクの向きを確認してください」
エア管がある側を向いた際にブレーキハンドルが右側に来るように組付けます。

b202.JPG
「梯子、エアスライド配管、社名板取付」
エアスライド用配管はキット付属のものを利用します。梯子はランボード下のボスに差し込んでください。

B1001.JPG
「完成!」

B1011.JPG
「上と反対側 小野田セメントにしてみました」

112471.JPG

112455_2.JPG
posted by つかさ at 18:26 | Comment(0) | とまれみよ販売所
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: