2021年05月30日

セメントタキ車をウェザリング

先日作ったタキ1900東横瀬タイプをウェザリングしました。

IMG_5665.JPG

「ウェザリング前 新車のような車体」

車体の黒はラッカー塗料で塗っているため、やり直し修正がやり易いようにウェザリングはタミヤのエナメル塗料で行います。

実車は日照りなどで色あせて白っぽくなり、セメントタキ車はさらにセメント汚れで輪をかけて白っぽくなります。

そこでシャバシャバに薄めたつや消し白を車体全体へ吹き付けます。


IMG_5666.JPG
「まずは薄い白(左:ウエザリング前、右:ウエザリング後)」


吹き付けも、薄い色を何度も繰り返してだんだん白っぽくなるように。やりすぎないように慎重に。

 ・色褪せ → 全体が均一に白っぽく
 ・セメント汚れ → 上から降り積もるように真上から

こんな要領です。

特に三菱のタキ1900は中央のハッチを積み込みに使うため、左右のハッチ周囲よりも中央のハッチ周囲が特にセメント汚れが強く付きます。そんなことも考えながら中央ハッチを重点的に汚します。

IMG_5668.JPG
「左から強、中、弱」

ウエザリングはやりすぎると後戻りが難しくなります。
また、夢中になると楽しくて汚しすぎてしまうことも良くあります。

自分の経験では実車その通りにすると模型的目線では汚くなりすぎるきらいがあるため、常にウエザリングをやりすぎないように心がけました。

そこで今回良かったのは、強中弱の3パターンを作ってみること。
こうすると、やりすぎずに止めるポイントが見えやすくなります。


もう一つ、写真映えするウエザリングは実物を目で見るとウエザリングが強く感じます。
逆に言うと、いい感じに出来たウエザリングも写真に撮ってSNSにアップすると物足りなく感じることがあります。

この辺りはまだまだ見極めが足りず修行が必要です。


IMG_5669.JPG
「雨だれを落とす」

エアブラシで薄い白を吹いたあとは、その塗料を筆に付けてセメントの雨だれ汚れを作りました。

ご覧の通りやりすぎて汚くなってます(泣

ツイッターでメラミンスポンジで擦ってぼやかすと良いと教えてもらい、この後事なきを得ましたがウエザリングの「中」と「弱」は雨だれ汚れはハッチ周囲だけにしておきました。


そこまで汚さずに止める判断。


これが難しいのですが、強中弱で作っていたので強で汚しすぎても他ではやりすぎずに済みました。


IMG_5670.JPG
「土ぼこり」

セメント汚れを吹き終わったら、足回りに土ぼこりとブレーキダストを再現するレッドブラウンを吹き付けます
 
これも強で強めに汚してから、中→弱と引き算の汚しをしています。

IMG_5673.JPG
「ウエザリング完了」

一両だけウエザリングをすると、実車に倣ってウエザリングを行い一番左の強で仕上げてしまってやりすぎたかなぁ・・・なんて後悔しがちでしたが、今回は強弱をつけることで汚いのもちょっとキレイめなのも再現出来て満足できる出来栄えになりました。

ウエザリングは車両が生き生きとして楽しいですね(^^)
posted by つかさ at 23:01 | Comment(0) | 模型

2021年02月25日

ローソンのネットワークプリントで鉄道模型用シールを作る

ローソンのネットワークプリントにはシール紙印刷(200円)というサービスがあり、どんなもんじゃいと気になっていたので試してみました。


まずは画像の作成から・・・・

・・・

といっても作成方法自体は長くなるので割愛。

今回の画像サイズはL版(このあたり重要)600dpiで作成しました。(一番最後の画像参照)
これを上記のネットワークプリントサービスへアップロードします。


そして近所のローソンへ行き、ユーザー番号を入力し
画像プリントを選んだら L版 シール印刷 フチなし を選びます。
(印刷方法など詳しくは公式HPを見てください)


なお、現在シール印刷が出来るのはローソンだけのようです。

作成した画像サイズと出力サイズを合わせることで、狙ったサイズがちゃんと出力されました。

IMG_4766.JPG
「印刷結果」

光沢のあるなかなかキレイなシールです。

文字がぼやけて見えますが、これは作った画像がそういう画像だからで印刷精度の問題では無いです。
画像次第でかなり高精細に出力されています。

当然擦ったくらいじゃ剥げたりしないのが自宅インクジェットシール出力との違いですかね。
切り出しても切り口がゲバゲバせず安心して使えます。

IMG_4767.JPG
「切り出してみました」

コシのあるとても薄いフィルムのシールになっています。こりゃぁいい感じですよ。

IMG_4768.JPG
「左:MDプリンタのデカール、右:今回のシール」

タンク体に合わせて曲がっている三角社紋板へ貼ってみました。

コシのあるフィルムで粘着力は弱めなので、固定にはゴム系接着剤などで補助した方がよさそうです。

断面は白くなりますがかなり薄いため肉眼ではほとんど気になりませんが、
フチをマジックで黒く塗ってやると更に良いですね。


でもテカテカの光沢は鉄道模型にあまり合いません。
そこでつや消しクリアを吹いてみることに

IMG_4770.JPG

手前の切り出されているシールにクレオスのつや消しクリアを吹きました。

結果は印字が溶け出すこともなさそうで、イケそうですね。
(もちろん問題ないということを保証するものではないです)


あとは経年の色抜けなどがどうなるか気になるところですが、
このシールフィルムしっかりしてそうだし期待出来そうですね。


という事で、高品質のシールがものすごく簡単に手に入るのが分かり
これからも色々と活用して行きたいところです。ストラクチャー用の看板とかいいですよね。

最後に今回作ったシールの画像(L版サイズです)です。
試し刷りなど個人で楽しむ範囲でご活用ください。

ステッカー.jpg
これはHOサイズです
ステッカーHO.jpg

もうひとつ
ステッカーHO_2s.jpg





posted by つかさ at 23:00 | Comment(0) | 模型

2021年02月10日

マイクロエース 西武E31のカプラー交換

E31の再版がアナウンスされましたが、初回製品を持っているもののカプラーがアーノルドのままだったので、秩父デキの要領よろしくカプラーポケットでも作ればカプラー交換出来るかな、なんて思って弄り始めました。

で、スカート外してみるなりそのままカプラー交換出来そうです。KATOの機関車用ナックルカプラーあたりを取り付ければ良さそうですが、手持ちが車間短縮ナックルしかないので0.8の穴をチョチョイとあけちゃいます。

IMG_4635.JPG
「カプラーポケット制作不要」

カプラー尻?の両脇をカットしてポケットに収まるようにすれば、そのまま取り付けて簡単に交換が終わりました。

IMG_4636.JPG
「大満足の連結間隔」

車間短縮ナックルなので、重連の連結間隔も文句ナシです。しかしこのE31は手すりやパンタ台などなど、ほんと良くできていますねぇ

IMG_4638.JPG
「ミニカーブも問題なし」

車長が短いボギー車なので、ミニカーブでも問題なく曲がれました。

posted by つかさ at 23:36 | Comment(0) | 模型

2021年01月23日

[HO] タキ1900を組む

昨年8月にTOMIXからHOのタキ1900が再版されました。

実は前回生産品すら組まずに貯めておいてあったのですが、このところHOをよく弄ることもあり、更に再版された事もあり、貯めっぱなしも解消しようと、これを機に一気組みをすることにしました。

IMG_3928.JPG

白箱が今回再生産品で、濃いグレーの箱が前回再生産品です。主に台車とインレタが異なりますが基本的には同じものです。

IMG_3929.JPG

今回は8両組みます。組立前にランナーの状態で洗浄→黒塗装をしました。

IMG_3937.JPG

組立開始。ひとまず1両目で様子見です。

IMG_3938.JPG

3両組みあがりました。

8両のうち3両はつや消し黒に、残りはセミグロスブラック(半艶黒)で塗っています。

IMG_3939.JPG
4両目

IMG_3940.JPG
5両目

タキ1900にはカサカサなつや消し黒が良く似合います

IMG_3941.JPG
6両目

ステップはインレタ転写後に組み付けるので、まだ取り付けていません。

IMG_3942.JPG
7両目

その前の写真とほとんど変わりませんが、後ろの控えが1両増えています

IMG_3943.JPG
8両完成!

ここからはインレタ貼り付けです。組立よりそっちのほうがめんどくさい!
IMG_3944.JPG

東武の貨物を再現すべく住友セメントにしました。

IMG_3951.JPG
台車をはいてほぼ完成、かっこいいですね〜

IMG_3961.JPG
7両が住友セメント、残り1両は明星セメントにしてみました。

中途半端な1両のように見えますが、実は安売りしてたタキ1900を追加増備してしまってあり、残り2両も明星セメントで組んで秩父鉄道で運用していた明星セメント車にしたいところです。

更に残りの追加増備分は三菱鉱業にしたいのですが、改造が伴うためこれはいつになるやら、またお蔵入りにはならないようにしたいところですね(汗

それと、出来上がった住友7両をけん引する機関車も作らねばなりません。

まだまだゴールは遠いですね


posted by つかさ at 00:18 | Comment(0) | 模型

2020年01月19日

加藤4tとグランビー鉱車 完成

1A090AED-B788-4B4C-8BD7-3DFC22B29DC8.jpeg

アルモデルの加藤4tと道楽ぼーずのグランビー鉱車の編成が完成しました。


前回の記事で、次は東武850とか言っておきながらですが、すでに塗装済みのグランビーと組立済みの加藤4tをそのまま進めてしまおうという算段です。

07A9D3C6-25C5-488A-A191-7A12A9DE623C.jpeg
「黄色に塗装完了」

これでウェザリング無しの塗り済み状態です。たいていの模型はこれで完成ですが、やっぱり鉱山で働く産業機械は働き者のヨゴレが無いと様になりません。

このグランビーは鋼管工業武蔵野鉱業所で働いていたものがプロトタイプなので、石灰石よごれの白からウェザリングしました。

DCA8698D-BF27-4F84-BBE4-4235DCFEDA4B.jpeg
「上から重点的に」

上から石灰石のホコリが降ってきたことをイメージしています。実物はもっと真っ白になりますが、模型で同じように汚すとホントに汚く見えちゃうので抑え目にしています。

FD69C944-6CFD-4253-A4B4-B9DD052C592A.jpeg
「油汚れ」

墨入れで軸周りの注油汚れを、下回りはレッドブラウンで土汚れを再現しています。

やり過ぎないようにと書いておきながら、やっぱりウェザリングしているうちに楽しくなって汚し過ぎています。

AB7951D0-BC03-4CCF-8974-C51201C801A0.jpeg
「汚し完了」

さらにライト点灯化もしました

D93B78F8-16E5-4F27-A84E-FABBFB1320AE.jpeg
「煌々と輝く」

アルミ片の上に乗っている小さい基板で前後のライトを点灯させています。

ライト自体はホワイトメタルの無垢でライトレンズまで作られていましたが、0.5mmで貫通させ、お椀上にドリルでさらって反射板にしています。

点灯には1005サイズのチップLEDをライトの中に入れて、紫外線で硬化する透明UVレジンでライトレンズを作りました。

2E4AD1BA-ECCE-40CD-9F75-38006DB4084F.jpeg

というわけで完成です。

動画は動きを調整してそのうちにでも。小さい機関車に塗装したグランビー3輌はなかなか荷が重く補重して動作部の調整ももう少ししなくてはいけなそうです。
続きを読む
posted by つかさ at 16:15 | Comment(0) | 模型

2019年07月01日

グランビー鉱車作成中

道楽ぼーず製の16.5mmOナロー、グランビー鉱車を組立てはじめました。

3両セットなので1両様子を見ながら慎重に組み立て、残り2両をサクッと組んで結構早く形になりました。

https://www.youtube.com/watch?v=IcprrIMeDu4

遊び始めたら病みつきになりそうです。塗装に進まず遊んじゃってます。
posted by つかさ at 23:02 | Comment(0) | 模型

2018年12月19日

秩父デキ108、103(赤)完成

ワールド工芸製の組み立てキット、秩父鉄道デキ108とデキ103が完成しました。

DSC00695.JPG

「左:デキ108、右:デキ103」

元はデキ108から取り掛かっていたのですが、どうせ同じ青を塗装するならと103も組み始めたのに、いざとなったら103は赤を塗りたくなってしまったのでした。

DSC00699.JPG
「斜め上から」
屋根回りの配管とパンタ台などを追加している程度で組立は素組に近いものです。

DSC00712.JPG
「103逆サイド」
上の並びの写真とは反対側の側面です。前面ガラスをぴったりサイズに切り出した透明プラ板をはめました。

DSC00715.JPG
「108逆サイド」
元松尾鉱山鉄道の108は107と並んでひさし付きの特徴機です。こちらも窓をはめた効果が良く表れています。

DSC00720.JPGDSC00722.JPG
「ライト点灯化」

今回は1005サイズの白色LEDを直接ライト内に仕込みました。そこへクリアオレンジを軽く塗り、UVレジンで埋めてレンズを再現しています。

DSC00727.JPG
「配管等」
リード線をバラした単線でパンタ引き紐を再現してみました。他にもパンタの母線や103は空気配管を追加しています。

DSC00697.JPG

という事で、なんとか年内に完成させられました。

作成途中の様子は以下の写真をクリックするとツイートから一連の続きとして見れます。



2018年に組み立てて完成させた車両はわずかにこれとHOの西武トムなので、もうちょっとペースアップしないといつまでたっても作り切れずにキットだけが溜まっていきますね・・・
posted by つかさ at 21:38 | Comment(0) | 模型

2018年02月25日

TOMIX 8008 ペイントマーカーを試す

CIMG1531.JPG
「8008 TOMIX ペイントマーカー」

TOMIXからこんな面白い商品が発売されました。線路の側面をさび色に塗るマーカーです。

CIMG1532.JPG
「色は3色」

模型店で探していた時に、事前にちゃんと情報を仕入れていなかったため1本売りをイメージしていたので3本セットの袋を見つけたときは「えっ・・・」と一瞬戸惑いました。それにしても黄系、赤系、黒系どんな色合いなんでしょうか。

CIMG1535.JPG
「まずは黒系」

サッとレール側面をなでるだけで、きれいに色が付きます。ペン先の太さも絶妙でストレス無く一発で簡単にきれいに塗れます。こりゃあイイ!

CIMG1536.JPG
「ペン先」

未使用は真っ白なペン先ですが、カチャカチャと紙などに押し付けて色が染みだすと右のようになります。

CIMG1539.JPG
「3色お試し」
色合いは黒系でいいかなと思ったのですが、ほかの色も気になるため開封して試しちゃいました。赤系も黄系も悪くないです。使い分けシーンを考えて使えそうですね。

今回は本線のモジュールなので当初の想定通り黒系を選択。

CIMG1540.JPG
「塗り終わりました」

簡単なので数分で完了。これならお座敷レイアウト用の組線路も塗ってもいいかもです。

塗り終わると当然線路の踏面まで塗られますので、集電に支障をきたさないように塗料を落とします。
タミヤエナメルなどで塗ったときは、曲尺などで削り取るのですが、これはアルコール系なのでウェットティッシュで拭き取れるとのこと。

CIMG1541.JPG
「さっとひと拭き」

踏面だけをなでたら簡単に金属光沢がよみがえります。こりゃあホントにイイ!

CIMG1543.JPG
CIMG1545.JPG

「線路塗装完了」

という事で、新兵器の導入は効果てきめん!サクッと線路塗りが終わりました。

posted by つかさ at 23:17 | Comment(0) | 模型

2018年02月12日

アルモデル製 KATO25tの滑らかな走り

昨年末に完成させたアルモデル製のKATO25tですが、滑らかな走りが自慢なので動画に撮ってみました。
 

とまあ、こんな具合で18両が簡単に引き出せてしまいました。まぁKATOのワム8の転がりがイイっていうのも要因かもしれませんが・・・


そんなわけで、反対向きにしての撮影は引出し時に電圧をグワッと上げて空転させてみました。ロッドが高回転しながらも徐々に進んでいく姿が勇ましいです。

posted by つかさ at 22:56 | Comment(0) | 模型

2017年12月03日

アルモデル製 KATO 25t

アルモデル製のKATO25t機を作りました。

作り始めたのが2月で、アルモデル製なので難しいところは無くすんなりと完成する予定だったのが、今頃までダラダラと引き延ばしてしまいました。その理由は・・・単なる作業の停滞です(汗

CIMG1524.JPG
「加藤製作所25トンDL(C型ロッド式)」

プロトタイプは東京都港湾局専用線にで導入されたD25-3という機関車です。

CIMG1523.JPG
「ナナメうしろから」

CIMG1522.JPG
「この角度、カッコイイ」

HOゲージですが、小柄で手のひらサイズの機関車。それでも滑らかにロッドを上下して走ってくれます。端梁のゼブラは塗装で再現しました。まぁまぁ見れるくらいには出来ましたかね。

CIMG1521.JPG
「完成(仮)」
実は解放テコや煙突など手を加えなくてはいけない部分は残っているものの・・・いずれやりたいところです。(いずれっていつなんだ)

CIMG1529.JPG
「モチベーションの2冊」
CIMG1528.JPG
「豊洲機関区さんの同人誌 イラストで巡る東京都港湾局専用線の今昔 より」

一時停滞期を迎えましたが、なんとか完成に至ることが出来たのは、これら素晴らしい資料がモチベーションを回復させてくれたことでした。やっぱりいい資料があると手が進みます。
posted by つかさ at 22:37 | Comment(0) | 模型