2014年10月07日

新 模型撮影用カメラ導入(全焦点マクロ)

模型撮影用に新しいカメラを導入しました。

IMG_1011.JPG

「CASIO EX-ZR410」

ちなみに、近所のJoshinにて税抜12800円で売っていたものです。(安い!)

カシオのハイスピードEXILMには、全焦点マクロという機能が備わっています。この機能は、焦点位置を高速でずらしながら撮影を行い、複数枚撮影した写真を合成して、1枚のパンフォーカスな写真を生成するもの。これが模型撮影にうってつけだろうということで、購入に踏み切りました。

CIMG0059.JPG
「通常撮影 24mm F3.0」

CIMG0058.JPG
「全焦点マクロ 24mm F3.0」

まずはその機能で撮影したものと、そうでないものの比較です。上は通常、下が全焦点マクロで撮影したもので、どちらも同じ焦点距離で同じ絞りなのに、全焦点マクロは背景にあるPCのディスプレイにまでピントが合っていることがわかります。

通常のカメラでの撮影では、絞りを絞ってなるべく被写界深度を深くするなり、高級なシフトレンズを使うなりしますが、このカメラでは焦点合成をカメラ内で高速に行ってくれる優れモノということになります。

ですが、思った通りの機能が気軽に得られてバンバンザイとはなかなかいかず、実はこの機能、ワイド端(つまり24mm)でしか撮影できません。これには参りました。欲しい画角で全焦点マクロが使えると最高なのですが・・・

ちなみに合成の弊害で全焦点マクロ撮影の写真はパンタのホーンが消えています。


ということで、「すわ失敗か!あちゃー12800円・・・」と思ったのですが、この後色々試してみると、結構なポテンシャルがあることもわかりました。

CIMG0030.JPG
「ハイスピード手振れ補正 123mm F5.5」

この撮影例では、ハイスピード手振れ補正という機能を使っています。これは全焦点マクロ同様、高速連写した写真の中で、一番手振れしていないもの(=写りの良い)ものを選んでくれるという機能です。

CIMG0050.JPG
「ハイスピード手振れ補正 218mm F5.7 ISO800」

CIMG0032.JPG
「ハイスピード手振れ補正 50mm F4.5 ISO320」

このハイスピード手振れ補正を利用すると、ズームをテレ側に振ってもさほど失敗無く撮影結果を得られました。この作例も1回シャッターを押して得られたものです。これはこれで非常に使えそうな機能ですね。


IMG_1013.JPG
「CANON PowerShot S90で同画角にて撮影」

また、そもそもがマクロに強い(最短1cm)のと今まで使っているS90と比べセンサーサイズが小さいおかげで、通常撮影でもそれなりに被写界深度が深く寄れるようになったのも利点です。

このZR410を踏み切る前に、EXLIMのZRシリーズ(ZR500~ZR1300)まで目を皿のようにして見比べましたが、全焦点マクロに及ぼす部分での決定的な違いが見出せませんでした。つまり、機種がいっぱいある割に違いが分かりづらい!

んで、全焦点マクロでの機能も果たして・・・だったのでその機能が使える中で一番安いものを買ってみようと、言わば転んでも我慢できることを重視してこの機種にしたのでした(笑)


しかし、結果としては想定外で案外便利に使えそうだぞと言ったところです。全焦点マクロがワイド端のみでなければ手放しで喜べたのですが、ここが本当に悔やまれます。

全焦点マクロを使いこなすにはもう少し使い込みが必要そうですね。


posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | 模型

2014年06月01日

タキ11500 三菱鉱業セメントを作る

タキ11500の中で4両だけ葉巻型のタンク体を持ったものがいました。それが三菱鉱業セメント所有でかつて西武線内でも運用された4両です。

■吉岡心平の貨車ホームページ タキ11500形11511■

詳しくは上記リンクを確認してもらうとして、西武好き貨物好きとしてはぜひとも欲しい車両なのであります。ということで、限られた時間でさっさと作る命題もあることから、タキ1900(KATO)の下回りをそのまま利用して、上回りだけをでっち上げてみました。

Img_9535

「プラ板から作ります」
上記資料で細いところと太いところの直径が記載されていますので、それを元に各寸法を割出し、タンク体展開図を作成。シルエットカメオで切り抜きました。

Img_9536

「円錐台を2つ作ります」

これを組み合わせてタンク体にします

Img_9542

「こんな感じ」
これを見かけた奥さんが、「こんな外灯が玄関先にあるよねー」との事。なるほどあるねぇ(笑)

Img_9537

「こんな目論見です」
タキ1900の下回りはまるっとそのまま使います。

Img_9546

「切り抜きました」

下回りをスッポリはめるためにタンク体を切り抜きました。しかしピッタリにはなかなか行きません。作り直しも考えたけど、時間も限られているためここは妥協することに・・・

Img_9549

「上回りで気分転換」
プラ帯材で冠状補強を追加、ハッチはタキ1900から切り出しました。

Img_9551

「ステップを作ります」
ステップはタンク体に合わせて曲がるように切り分けました。

ここまでくれば、あとは社名板と社紋板を貼りつけて黒で塗装。三菱マークと社名はかつて新貨車工房から出ていたタキ1900(河合)を改造するキットから転用。残りの表記はMDプリンタで自作して完成です。

Img_9555

Img_9556

Img_9559

黒く塗ってしまうとタキ1900と並べてもよくわかりませんね(笑)作りも雑なので、あんまり近づくとすぐにボロがバレてしまいます・・・

posted by つかさ at 18:43 | Comment(0) | 模型

2014年05月17日

鉄コレ えち鉄7000形

えち鉄7000形の鉄コレが発売されたので、早速買ってきました。

Img_9242

「パンタ交換、アンテナ等取り付け後」
一部塗装乱れがありましたが、まぁ鉄コレなんで仕方ないのかな・・・それ以外はカチっと出来ており好印象です。

ところで、このパンタの指定がPS35Dになっていましたが、取り付けてみるとどうも違和感が。

Img_9236

「指定のPS35Dを取り付け」

これってガイシ同士を結ぶ線路方向の枠が無いんですよね。実車はこんな感じです。

Img_3126

「色々見づらいですが・・・」
ということで、これに相当するパンタを手持ちのものから探してあてがってみました。

Img_9230

「0241 FRS4A」
EF210用のパンタです、ちょっと違いますね。

Img_9232

「GM PT71C」

これはなかなか良さげですね〜

それと手元に無く試せませんでしたが、(0249)PT7113Bでも良さそうです。

Img_9243

「カッコイイです」

ちなみに、この模型のMc7005とTc7006は「きょうりゅう電車」用車輌として、側面にきょうりゅう電車のロゴを取り付ける枠が最近になって付きました。

Img_9219

「Mc7005 福井駅」

Img_9220

Img_9224

バスの側面広告枠みたいですね。まぁこの7005-7006だけなので、この枠が再現されていない方が都合が良いです。

Img_9245

「ずらりえち鉄鉄コレ」

車体色がそれぞれ違うのが気になるところですが、えち鉄は鉄コレに恵まれてていいですね〜

posted by つかさ at 12:51 | Comment(0) | 模型

2014年04月07日

突然ポニートラス

E43(HO)を絶賛作成中なのですが、そのタスクを差し置いてポニートラス橋を作り始めました。

Img_8539_2


「プラ板からスクラッチです」
0.5mmプラ板を切り抜いてトラスを作ります。切り抜くのはもちろんシルエットカメオで自動カッティング。じゃないと面倒すぎてやってられないですね

Img_8541_2


「トラスパーツ試作1号」

1枚目の写真の形に切り抜いたら、折り曲げて重ね合わせます。トラスを切り抜いた三角形が大量に排出されました。同じ大きさの三角形もったいないくらいいっぱいなので、何かに使えないか考えてみましたが、考え付かないのでゴミ箱行きです。

Img_8542_2


「トラスを重ね合わせる」
2つのトラスに2mm角棒をはさんでポニートラス橋の片側のトラスとなります。なので2枚目の写真では4枚のトラスパーツがあった訳です。

Img_8543


「ヨコから眺める」
んん〜このトラスのスケスケ感がヨイですねぇ。

ただ、これではまだパーツが足りていません。斜めのトラス板の間にX字状にトラスパーツが入るのですが、これをどうするか・・・まだ決めてません。どうしよう。

Img_8546

「縁取り」
手持ちにちょうどよい厚みのエバグリ帯材があったので縁取りをしてみました。

Img_8547

「こんな感じ」
これはまたグッと細密間が上がった気がします。

こんな感じでトラスの試作をしていますが、リベット表現などどうすればうまく仕上がるかクリアしなくてはいけない課題が山積みです。

でもまぁここまで出来れば何とか完成まで漕ぎ着けられそうですね。

posted by つかさ at 23:40 | Comment(0) | 模型

2013年12月31日

ドライブース導入

2013年最後の購入はこれになりました。

Img_7752

「食器乾燥機じゃん!」

最近、この食器乾燥機がネット上でプラモのドライブースに最適との話題で盛り上がっていたのを見てポチッてしまいました(笑)

この食器乾燥機がなぜドライブースに良いかは、Amazonあたりのレビューを見るととても分かりやすいです。

福井には「弁当忘れても傘忘れるな」という格言があるくらい、冬場は雨が多くてゲンナリします。そんなとき、このドライブースがあれば・・・と言うことですね。

Img_7753

「デカすぎやしないかい?」

それにしても、分かってはいましたがやっぱりデカイです(笑)これなら10両編成も楽々収納できますね。高さもあるので棚を置いて2段にしても良さそうです。

Img_7764

「デッカイ事はいい事だ!」

こんな感じで保持棒を付けたまま乾燥させられるのが便利ですね〜ちなみにお値段は3000円を切るかどうかぐらいなので、失敗だったとしてもあきらめられる位です(笑)今回は失敗ではなく便利に使えそうです。

 

posted by つかさ at 10:14 | Comment(2) | 模型

2013年12月19日

鉄道模型趣味誌 Nゲージコンペ 2013

Img_7645

「受賞いたしました」

2007年のNゲージコンペ以来、実に6年ぶりのコンペ参加にて2つ応募し、双方とも準佳作をいただきました。

ちなみに前回は努力賞、さらにその前の2003年では佳作、準佳作、努力賞の三冠王?でしたので、ちょっとだけ返り咲きといったところでしょうか。

Img_7648

「秩父7500系」

Img_7649

「東武日光軌道ED610と200形」

一方、工場長はというと、西武6000系6158Fで安定の佳作受賞で、私との間には越えられない高い壁があるのです・・・まぁ追いかける方は目標があるので気が楽ですしね(笑)なんて強がってみたり

Img_7643

「天賞堂製」

ちなみに盾は天下の天賞堂製、我が家で唯一の天賞堂製品です(笑)

 

話は変わって、機芸出版社といえばNゲージマガジンのNo.60にて福井口駅の記事を書かせていただきました。しかしながら、紙面では打鐘式踏切の良さが伝わらないもので・・・こちらでお楽しみください。

-----------------------------

posted by つかさ at 23:45 | Comment(0) | 模型

2013年10月06日

鉄コレ 第5弾えち鉄Mc2204に手を加える

鉄コレ第5弾じゃ今さら感ありすぎでヒドイもんですが、MC2101が出たのを機に色々と直してみました。

Img_7099

「第5弾 MC2204 なんと2007年発売」
もう6年も前なんですねぇ・・・たとえば今18歳の方ならば、12歳のときだから小学6年とかですかね。そんな頃の持ってねーよって言われちゃいますね。物持ちがイイと言う事は自分がオジサンになった証なんでしょうか。

そして関東方面の方はMC2204もMC2101も違いが良く分からんと思いますが、簡単に説明すると、鉄コレで出たヤツだと、前者は3枚ドア、単行、DT21。後者は両開き2枚ドア、2連、釣り掛けです。

前置きが長くなりましたが、どこをイジったかと言うと 

Img_6665

「屋根回り中心です」
配管を削いで、ヒューズボックス座を作り直しました。避雷器は西武E851に付属している6角形のものです。

Img_7101

「手前:改造後、奥:製品のまま」
こんな感じでヒューズボックスが片側のみになります。またエアコンはTomixの分売パーツからPC-300「AU13N」を用いました。AU13は色々あるので悩ましいですが、このPC-300がメッシュの形などそのものになります。

あとは前面を少しばかり。

Img_6667

「ライト穴開け」

Img_7100

「左:改造後、右:製品のまま」
ライトに穴を開け、レンズ状にした光ファイバを挿しています。これで正面からの見栄えが良くなりました。

Img_7102

「MC2101と並べて」
奥がMC2204です。実車も阪神時代のタネ車が違うため、雨樋位置などが異なります。ちなみにMC2101はライトにレンズが入っていました。鉄コレも進化を続けていますね〜

posted by つかさ at 17:13 | Comment(0) | 模型

2013年09月17日

えちぜん鉄道MC2101形を分類する

鉄コレのえち鉄MC2101形が発売されました。

Img_6956

「鉄道コレクションMC2101形」

これはMC2109+MC2108ですが、MC2101形で現存しているのはMC2111+MC2116なので、残念ながら現存している最終編成ではありません。(→現存車はコチラを参考

しかし、それはそれ。無いから作れば良いのです。

と簡単に考えてから色々調べると、このMC2101形はかなりのクセモノだということがわかりました。しかも、現存編成以外は全て解体済みなので、自ずとネットでの資料が頼りとなります。

そこでこちらのサイト。これでだけで全てが分かり非常にありがたい存在です。が、やはり複雑なため読み解くのに一苦労です。そんな訳で、これを模型的ポイントに分類した表にしてみました。
1

この表から今回の鉄コレMC2101(2109+2108)より何が作れるか考えてみました。

まず簡単なのは「MC2101-A」これらはベースから非冷房に変えるだけです。ここでかつて第5弾で出た琴電1062の屋根流用が考えられますが、並べてみると雨どいの張り上げ位置が異なるためNG。ちなみに第5弾シクレのMC1102もこれをベースにしているっぽいので実車とは雨樋高さが異なっていそうです。

Img_6952

「微妙に使えません」
よってエアコンを削り取り、屋根を平滑にしてベンチレーターを調達したら配管しなおし。書くのは簡単だけど、やっぱり面倒そう・・・

では、現存編成のMC2111+MC2116を作るにはどうするか?
 ・片運→両運への改造
 ・エアコン位置、インバータ改造(2116)
 ・非冷房改造(2111)
両運化改造を行なう上で避けて通れないのが車体再塗装。京福色ならまだやる気が出ますが、えち鉄色は辛いものがありますね・・・

Img_6953

「使えそうで微妙にダメな1062」
切り継いで塗りなおすんなら、1062を塗り変えるかって思っても、雨樋高さが違うのでそれもやっぱりNG

さらには両運転台は形態が異なり、2116はそのまま運転台部分切り継ぎで行けますが、2111は切妻なのでこれまた一考が必要です。

Img_3038

「左:2116、右:2111」
この切り妻はこちらのサイトの京福時代の写真が非常に分かりやすく参考になります。

と言うことで、付け焼刃をアウトプットしてみたのですが参考になりましたでしょうか?この切り妻の写真を見てしまうと、ウダウダ大変だと言っても作りたくなっちゃいますねぇ〜(笑)


ちなみに参考にしたサイトさんでも書かれている、MC2101-に続く英字ですが、便宜上の分類なのでしょうが実車にこのように書かれているものなのです。

Img_3032

現場でもこうやって分類しないと複雑すぎて大変なんでしょうかね〜

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 模型

2013年09月16日

タミヤ製 四式戦疾風

Img_6812

「E2はやてとは違う」

突然プラモを作りました。今年の静岡ホビーショウで何となく買ったものですが、気分転換ってところです。

Img_6808

「まともに作ったのは初めてに近いです」

プラモを本気で組立てたのは、もう10年以上も昔の話で、実のところ作り方(手順)がわからずネットを彷徨いまくりました。そしたら、このキットはかなり古い製品のようで・・・どおりで安い訳だ。

でも、古くてモールドは今のレベルでは見劣りするところがかなりあるが、プロポーションはとてもヨイとのことで。言わば関水の103系って位置ぐらいですかね。

Img_6804

「組む前に塗装とか」

鉄道模型ばっかりやっていると、接着前の塗装とか「ありえん!」とか思いながら進める事になり、本当に今の手順でいいのか結構頭を使うものですね。しかし、そんなことが楽しいものです。

Img_6810

「そんなこんなで完成」

本気で戦闘機を組むヒトが見れば、なんじゃこりゃの出来だと思います。たとえば緑が剥がれた塗装とかやってないし・・・でもまぁ鉄道模型作成の息抜きなので、これで充分って事にして、そろそろ鉄道模型作りに戻るとします。

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 模型

2013年05月14日

お宝だらけの模型店

出先での帰り道、ちょうどいい時間だったので、かつて機芸出版社の「シーナリィ・ガイド(1974年刊)」を平成の時代にも関わらず売っているのを見つけて狂喜乱舞したアノ店を再訪しました。

Img_3216

「知る人ぞ知る、キタヤマモケイ」

コスモスとガチャガチャが懐かしすぎる、この写真だけだと平成25年に思えない佇まいは只者ではないですね。

店内はと言うとをざっくり眺めるだけで、驚きと懐かしさの連続です。そんな氷山の一角を撮らせてもらいました。

Img_3218

「突っ込みきれない在庫」
システムアップレールセット!その下にはエーダイの線路!!鉄コレが最新に見えるけどラインナップを見ると、これまったスゴイ!

ちなみに自分が初めて鉄道模型を買ってもらったのはTOMIX の品番90001 ニューベーシックセット1です。なのでこのパッケージは懐かしさもひとしおなのです。

まったく、いいものを見せてもらいました。と言っても買ってきたのはお財布と相談するとこんな程度のもの。

Img_2455

「スニ40と鉄コレ」
スニ40はケースが割れているからってお安くなっておりました。それにしたってこの銀のインサートがまだ新品で売っているとは!!

でも・・・

Img_2456

「窓ガラスがなーい」
15弾、樽見鉄道で嬉しかったのに前面ガラスが入っていないというオチが付きました。これは困りましたねぇ

posted by つかさ at 23:13 | Comment(0) | 模型