2011年10月24日

タキ18両ケースを作る。しかも200円で

友人がやっているのを見かけて、100均のクリアケースに直接バスコレや貨車を入れて使っていますが、今回は本気で収納できるようにひと手間掛けてみました。

Img_7790

「材料は100円+100円で200円(税別)」

A4のクリアケースと隙間テープ、どちらも100均で購入できますね。

Img_7791

「隙間テープを緩衝材にします」

隙間テープは現物あわせで、車輌との仕切りはスペースを確保したいので半分に切ります。

Img_7792

「ギッチリ」

上下をキツめに調整したので動くことは無いため、車輌と車輌の横の間には隙間テープを貼りませんでした。まぁ貼ってもいいかもしれないですけど、面倒なので手抜きしただけです(笑)

Img_7793

「こんな感じ」

まぁ家で保管して、たまに運転会へ持ち出すならば十分ですね。

 

ただし、注意しなければいけないのは、この隙間テープの素材は劣化しやすいことです。

たぶん、5年くらい経てばボロボロに崩れてしまうかもしれません。今回は100均で緩衝材を買いましたが、ホームセンターでもう少し良い素材を探したほうが良さそうです。

 

 

posted by つかさ at 22:30 | Comment(0) | 模型

2011年10月23日

KATO 185系強化スカートに交換

Img_7789

「Z04-5979 185系強化スカート」

185系踊り子のスカートが強化型に変更されたASSYパーツが発売されました。

Img_7785

「左:新パーツ、右:従来パーツ」

ジャンパ栓回りのディティールが良くなっているところが嬉しいですね。

Img_7788

「左:取り付け後、右:取り付け前」

これはなかなか良いです。このパーツがあるならラウンドハウスから出た湘南色も欲しくなっちゃうなぁ〜

 

posted by つかさ at 22:14 | Comment(0) | 模型

2011年10月10日

GM クモヤ143を組む 2

Img_7734

「ほぼ完成」

車体がほぼ完成しました。完成と言っても後付けのベンチレーターや配管をグレーに塗るぐらいです。

Img_7740

「スカートも取り付け」

ヒューズ箱は前回のモノは形が合わないので、手持ちを発掘したTomixの115系用を利用しています。

Img_7731

「スカート加工」

付属のスカートはプロトタイプのクモヤ143-11では形が合わないので、チョイチョイとヤスリで削ってそれらしい形に作り直しました。

Img_7738

「白色ペイントマーカー」

ちなみに、前面の行き先幕(?)はこのペイントマーカーを利用しています。

Img_7739

「若干太め」

塗るというより、流れ出す塗料を対象物に置いていく塗り方で色さしをしています。まぁ塗料出したり筆洗ったりするよりは手軽でいいですね。

 

 

posted by つかさ at 22:52 | Comment(0) | 模型

2011年10月02日

GM クモヤ143を組む

工場長が購入したGMのクモヤ143を半分シェアしたので、1両だけ手元にやってきました。

Img_7616

「組めばいいだけかと思いきや」

そこはGMの組み立てキット。結局スカートやらベンチレーターやらを塗装しなきゃなんで、結構結構面倒なんですよね。

Img_7617

「手持ちパーツでグレードアップ」
とりあえずヒューズ箱と避雷器はKATOのパーツに変えてみました。

posted by つかさ at 23:51 | Comment(2) | 模型

2011年08月21日

羊蹄丸のちJAM

Img_7323

「青函連絡船 羊蹄丸

この羊蹄丸は9/30をもって公開休止となるとのことで、今日はJAMへ行く前に羊蹄丸を見学してきました。

Img_7345

「かつての船内配置」

Img_7337

「DE10 30」

船内は船の科学館の一部となり、大幅に改装されかつての船室など内装の面影はありませんでした。唯一の鉄分はこのDE10とスハフ44の保存車ぐらいなものです。

Img_7340

「ズレてる」

このDE10 30の面白いところはナンバーがずれて取り付けられているところです。ずいぶんと不自然なのですが、ネットで現役のころの写真を見る限り、その当時からこのようだったみたいですね。

そして今日もJAMへと行ってきました。

Img_7356

「見事な作りこみ」

こちらのモジュールはとても作りこまれていて、素晴らしかったです。

Img_7357

「この密度」

鉄工所から溶接のアークが光っているギミックがまた心憎い演出なんです。

Img_7358

「この路地裏感!」

ここまで作りこまれていると、鉄道模型なのに線路は必要ないんじゃないかってぐらいですね(笑)

Img_7361

「壮観の並び」

他にもこのような65の並びなど、1日目だけでは見きれていないのを、今日確認出来てよかったです。

そして今年の戦利品といえば

Img_7365

「ローアングルがカッコイイ!!」

ということで、今日見た模型を参考にウェザリングなんかを施してやりたいところです。
 

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 模型

2011年08月20日

JAM2011

本日はJAMの中日です。元々は最終日のみ行く予定でしたが、3日券で1500円なので1日だけしか行かないんじゃモッタイナイって訳で、みっすーさんを誘って今日も行ってきました。

Img_7303

「103-3000ベース車」
鉄コレの73系仙石線アコモ車ですが、自分の目には川越線の103系3000番台にしか見えません(笑)
台枠ヨシ!戸袋窓埋めヨシ!ドア手掛けヨシ!改造に向けて全く問題無さそうです。唯一の問題点は、まぁバリ展で103系3000番台が出ないはず無いよねぇ・・・って事ぐらいかな。やっぱり製品化を待つかなー

Img_7311

「KATO メトロ01系」

Img_7308

「01系の台車」
コレクターシューもバッチリ再現されてますね。木枠(?)部分に色さししたら映えそうです。

Img_7305

「64-0」
これも良い感じですね〜

Img_7312

「今月号からの展示」
安心の山下さん作が飾られておりました。

そして企業ブースも面白いですが団体、個人出展こそがJAMですよね。

Img_7316

「入換信号が!」
光るとこんなにカッコイイだなんてっ!!もちろん他の部分の作りこみが素晴らしいからこそ、この入換信号が映えるんですよね。

Img_7318

「こ、これは!!似てる!」
似てて当たり前とか思っちゃイケマセンよ!この大きさで全く破綻無く作られている8000系のお面は本当に素晴らしいですね。なんでもトミテクの方向幕を埋め込みたくて作ったんだとか。

これがプラ板で作られてて、その作り方がまたスゴイのですが、それはぜひ会場で・・・

Img_7319

「こんなところまでっ!」
このHゴムの断面形状まで再現してしまうだなんて、オソロシイ・・・(ほめ言葉)

ザックリと1周しただけで足が棒になり、クタクタになのですが、もう一度明日訪問できる余裕が嬉しいところです。明日もじっくり見て回りたいと思います。

あーモジュール作りたいなぁ

posted by つかさ at 23:41 | Comment(0) | 模型

2011年07月30日

緩和曲線をつける

自宅でのHOの運転は相変わらずKATOのこれ↓だけしかなかったのですが

 

このR550の小判型だけではあまりにもな感じだったのでカーブを1種類追加してみました。

Img_7138

「上:R790-22.5、下:R550-22.5」

この大半径1/8カーブを直線とR550の間に差し込むことで緩和曲線をつけられます。1セット4本組みなので1つ買うだけで済むのが手軽でいいですね。結果はというと

Img_7139

「ぐぃーーいん」

といった感じ。R790の先にもう1本、R670とかを追加するとさらに良さそうです。

Img_7141

「やっと試運転が出来ました」

posted by つかさ at 23:40 | Comment(0) | 模型

2011年07月22日

鉄道模型ショウ2011

今月から9月いっぱいまで金土休みになったので、松屋銀座で開催中の鉄道模型ショウへ行ってきました。

Img_7102

「河合商会 タキ1900チチブセメント」
一番の懸案だった腰高感が解消されており期待の出来る製品です。ホキ5700やタキ12200も同様に腰高感解消のリニューアルがされないか期待してしまいますね〜

Img_7105

「トキ25000」
これはノーマークでしたが個人的に嬉しい製品化です。

Img_7111

「話題のモノレール」

Img_7109

「裏側も公開中」
台車がしっかりと作りこまれてます。誰がいち早く動力化するのか楽しみですね〜


モデモのGREEN MOVERはクネクネ感が面白いですね

相変わらずですが平日だからといって空いていないところがスゴイですね、会場は子連れのお客さんだらけです。

ゆっくり見たいのであれば平日の夕方以降がいいですが、今回は奥さんと子供を連れて行ったので、今までと違いなぜか安心して観る事が出来ました(笑)

Img_7093

「一番気になったのはコレ」
行きがけに見かけたJFEスチールのU19Aです。コキ車全てにこれが乗ってるのを見ると再現したくなっちゃいますね〜

それと、今月のピクは「車輌入換」でとても興味深い内容でした。スイッチャーだけでなくアントなど広く扱われてますね。

posted by つかさ at 23:33 | Comment(2) | 模型

2011年07月17日

京急2100形&京急新1000形ステンレス車 ロールアウト

Img_7051

「左:新1000形、右:2100形」

少し前に購入したGM完成品の京急2100と新1000の整備が終わって、ようやく我が家の線路上に出ることが出来ました。

この製品は細かいシールが豊富なため、頑張って貼り付ければグッと良くなるのですが、そこに至るまでの手間はなかなかのものです。ここまで来るにも結構時間が掛かりました。

そして困ったことに左の新1000のLEDは快特浦賀行きのシールがありません。

Img_7028

「まずは黒く塗る」

行き先表示器のモールドは銀色のため、シールの大きさがあわないと銀が隙間から見えてしまいます。それを防ぐためにマッキーの極細で凹み部分を黒く塗りつぶしました。そして・・・

Img_7029

「特急浦賀行きを貼り」

Img_7031

「切り抜いた”快特”を上から貼る」

とまぁ面倒なわけでした。

Img_7058

「でもカッコイイ!」

お陰でこんな混結が出来るのです。これを見れば苦労は報われますね(;´∀`)

Img_7065

「快走!」

Img_7055

  

 

posted by つかさ at 23:29 | Comment(2) | 模型

2011年07月03日

散財の夏

恒例のJNMA、恒例の散財シーズンとなりました。最近では買いたくならないように、出品されるものは極力事前チェックしないのですが・・・

Img_1275

「新製品で無くても魔の手はありました」
まぁ、これで12連が組めるようになったのでヨシとしましょう(笑)

他に気になる製品は道楽ぼーずさんのグランビーがついに製品化されたので、動画に撮らせてもらいました。

このBB弾を白いバラストに変えてリアルに石灰石を再現しつつ、こぼしたバラストは何らかの方法で上に持ち上げて、また鉱車に戻すとか・・・まぁ誰でも想像するだけで楽しそうなモデルです。正に「大人の砂遊び」と冠されたネーミングがピッタリでいいですね〜

posted by つかさ at 23:06 | Comment(4) | 模型