2018年09月11日

フィリピン国鉄 ひと駅体験記

フィリピンに出張する機会を得て、しかも土曜の帰国日はマニラ泊で14時発の飛行機。となれば観光でもと思って調べるも、マニラ市内は何があるのか皆目見当つかず・・・

と思ってホテル近辺をマップで調べてたら少し歩いたところにフィリピン国鉄(PNR)が走っているじゃないですか!

下調べして203系が機関車に牽引されていると知ってしまえば、車内はちょっと怖いから乗らずとも見るだけでも行くしかない!となり、前日夜に懇親会をしつつも(しかもボッタクられるハプニング)朝はちゃんと7時に起きて暑くなる前に線路へ向かって歩き出したのでした。


ちなみにフィリピンは初めての訪問です。

IMG_2448.JPG
「朝のマニラ裏通り」

生活感ありすぎる地区なので明らかに場違い感があり、慣れていないので居心地の悪さしかありません。

IMG_2449.JPG
「線路沿いの通り」

ここも裏路地って感じです。ジプニーがいっぱい停まっているので運転手が多く住む地区なんですかね?それにしても隣を流れるドブ川の臭い事…

クッセェなーと心が折れそうになったとき、遠くからけたたましい汽笛の音が!!


熱い!!これは熱すぎる!!ディーゼル機に引かれた203系!

これを見て俄然スイッチが入り、意気勇んで駅へと急ぎます。

IMG_2451.JPG
「駅に着きました」

駅周辺や線路の様子を数枚撮っていると、何やら警備員が手招き…ヤベェと思いつつ下手な英語で「Only photo」って適当に言い訳してみるも「PNRパーミッションもにょもにょ・・・」要は許可取ってんのかみたいなこと言われましてもあるはずねぇよ言い返せねぇよ(泣

ってところで、心が折れてとぼとぼとホテルへと歩き始めました。

・・

・・・・

・・・・・・・

が、ここまで来てまともに撮れないってなぁー今戻っても飛行機まで時間あるし。
だったら乗ってやるよ、乗るんだからホームに居たって文句無いだろ!乗るの怖いけど!!

意を決し踵を返し駅に戻り

IMG_5369.JPG
「きっぷ買っちゃいました」

隣駅までのきっぷくれ!と言ったらこれが出てきました。あれ?ネットで調べた事前情報より高くない?(またも)ボッタクられた??と思いつつも日本円にして30円なので深く考えないことに。

 IMG_2453.JPG
「駅で少し待ちます」

ちなみに、警備員から目立たないようにちょっと遠くで待っています(笑)
そうこうしていると汽笛の音が。反対から何かがやってきました。

IMG_2455.JPG
「おお!!!キハ35!!」

やってきたのはキハ35→関東鉄道キハ350でした。203系だけでなくこっちまで見れるとは!!俄然高まります。

 

カッコイイ!!まさかフィリピンで走るキハ35に再開出来るとは!

IMG_2457.JPG
「言葉になりません」

IMG_2458.JPG
「網は付いたがキハ35」

IMG_2459.JPG
「床下機器も大きく変化無さそう」

網の下に覗く水色の車体って、関鉄で水色になったあの色ですかね?などと興奮するも、すっかり冷めやるくらい45分以上待ってやっと自分の乗る方面の列車が来ました。

IMG_2461.JPG
「キラリと光るヘッドライト」

撮ってるすがたを警備員に見つかりました。ヤベェしかもこっち来る!と思ってドキドキしているもそのまま通過してもう少し先で立って列車を待っている様子


警備員にいちゃもん付けられないように目立たないようにスマホで入線を撮影。そのあと乗り込もうとしたら、そこが実は女性専用車でお前こっち乗るなよと指示してくれるためにこっちに近づいてきただけみたいでした。

とりあえず空いてそうな場所を選びいよいよ乗車、車内でトラブルに巻き込まれないか心臓は緊張でバクバクです。(もちろん平気だったんですけどね、初めてなので何しろ全てが訳分からないんで・・・)

IMG_5372.JPG
「乗りました」
乗ってみれば見覚えのある車内でなんだか落ち着きます(笑)ゆっくりと揺られながらのたったひと駅の旅をしました。

そして無事一駅乗って降車

最後尾の車両がパンタ付きで「えっ?クモハあったっけ??」と振り返ると中間車(笑)なんとも大胆な使い方ですね。

IMG_2462.JPG
「やり切ったぜ・・・」

IMG_2467.JPG
「ここからホテルまでは歩ける距離です」

乗る想定をしていなかったけど、勢いで乗ってしまったフィリピンの203系。これで感覚は掴めたので、次は終点まで行ってみたいところです。(と言ってもフィリピン出張もめったに無いだろうけど)

IMG_2463.JPG
「最後にTimeTableとFareRate」

初乗り15pなのでボッタクられた訳では無いとわかり一安心でした。

帰国してから色々調べると、ガンガン乗って撮ってをしてる方が当たり前ですがいるんですね〜もう少しちゃんと調べて次は頑張りたいところです。(でもパーミッションは・・・どうすりゃいいんですかね)
posted by つかさ at 00:01 | Comment(1) | 旅行記

2018年05月27日

ウラジオストク2泊3日ツアー その4

2泊3日なのにそこそこ続いた旅行記もこれで終わり、3日目は朝ごはんをホテルで食べたら即帰国です。

IMG_1670.JPG
「見慣れた景色も今日が最後」
天気は昨日よりはだいぶ落ち着いています。昨日帰国だったら飛行機が飛んだのやら・・・

IMG_1673.JPG
「さらばウラジオストクの街並み」

IMG_1694.JPG
「イカスサングラス」
帰りも同じドライバーさんでした。サングラスはいかついですが、運転は丁寧ですごくいいひと。

IMG_1708.JPG
IMG_1709.JPG
「高速道路走行中に」
EH500の重連みたいな列車が止まっていました。後ろの無蓋車も長いです。

IMG_1712.JPGIMG_1713.JPG
「ウラジオストク空港到着」
空港アクセスのエレクトリーチカもあるのですが、車はやっぱり楽ちんです。乗ってた車はデリカでした。

IMG_1717.JPG
「黒い団体が」
空港の中に入ると黒い団体が、よく見ると特徴的なバッジを付けた団体さんでした。

IMG_1731.JPG
「Tokyo/Narita」
の次はなんと平壌行き、だからあの団体がいたんですね~日本ではありえないですが、ここロシアでは日常です。

IMG_1741.JPG
「オーロラ航空が駐機中」

IMG_1743.JPG
「多分ロシア空軍のツポレフ。Tu-154?」

IMG_1744.JPG
「よく日本海周辺を飛行してスクランブルされるやつ」
Tu-95の派生型Tu-142ですか?わかりません。でも2重反転プロペラの実物を拝めるなんて!!

そうこうしていると、飛行機が1機降り立ちました。
IMG_1749.JPG
「!」
IMG_1753.JPG
「なんと!北朝鮮のフラッグキャリア、高麗航空です!!」

いやぁ中国ですらなかなか見られないですね、なんともいいものを見ました。

IMG_1763.JPG
「バスで移動」
そうこうしているうちに出発時刻です。帰りも沖留めなのでバスで移動します。

IMG_1772.JPG
「間近!」

IMG_1775.JPG
「これも近い!」
IMG_1783.JPG
「ロシア軍機」
この飛行機、外から眺めていたら着陸がやたらとスムーズでした。

IMG_1789.JPG
「それでは成田へ帰ります」

ということであっという間の2泊3日、それも観光は実質1日でしたがとても楽しめました。

IMG_1831.JPG
「お土産」

ガサガサとチョコレートをいっぱい買ってきました。また行きたくなっちゃいますね
posted by つかさ at 10:31 | Comment(0) | 旅行記

2018年05月20日

ウラジオストク2泊3日ツアー その3

前回からの続き、あまりの暴風雨と寒さに心が折れて、一度お惣菜を買ってお昼ご飯をホテルで食べて仕切り直しをしました。

そして休憩を済ませ、ちょっと雨弱まったかなーと外に出てみたら・・・
IMG_1502.JPG
「暴風雪」
なんと雪交じりの雨が風に乗り頬を叩きつけてきます。

なんで唯一の観光日がこんな天気になっちゃったのでしょうか・・・それでもう引き戻れません。意地で外へ繰り出します。

IMG_1508.JPG
「クラウン2ドアクーペ」
途中見かけた日本車中古、ウラジオストクはいろんな年代の日本車を見れますが、これはシブかった!

IMG_1513.JPG
「グム百貨店」
川のようになった道を渡り、ビルの間を吹き付ける突風にあおられ、ようやくロシアの歴史ある百貨店まで歩いて到着。

中はZARAがあったり観光客向けのお土産物屋があったり。ビッショビショで雨宿りに入ったくらいであまり中は見れませんでした。

IMG_1527.JPGIMG_1547.JPG
「潜水艦博物館」
ロシア太平洋艦隊司令部の建物近くにあるため、沖にはたくさんのロシア艦船が停泊しており、そちらも気になります。

IMG_1559.JPG
「引き込み線」
潜水艦博物館からウラジオストク駅へ戻る途中、港沿いを走る専用線がありました。ここを走る貨物列車撮れたらいい感じだろうなぁ・・・

IMG_1569.JPG
IMG_1572.JPG
「停車中のロシア号?」
ウラジオストク駅へたどり着いたらロシア号?のような編成の客レが停車しています。最後尾だけほかの客車と様子が違いますね。

IMG_1576.JPG
「なんだろ」
張り出し窓があるし、マヤ検を連結したはまなすみたいなもんですかね?

IMG_1584.JPG
「ウラジオストク駅」
エレクトリーチカもかっこいいですが、長い客車がよく似合います。

IMG_1590.JPG
「フェリーターミナル」
駅の隣にはフェリーターミナルがあり、中に模型店があるとのことなので覗いてきたのですが、鉄道模型は殆どありませんでした。しかしここから海側へ出てみると

IMG_1595.JPGIMG_1604.JPG
「埠頭に貨車」
バラ積み船からホッパ車に直接陸揚げしている様子が見れます!これはもう日本では簡単にはお目にかかれないですねー唯一残っているのは三井埠頭の石炭陸揚げかな。奥には長物車に乗った大型建設機械がありました。

この後、駅に出てる売店でオバチャンからピロシキを買いましたがこれが一番美味かった!値段は40ルーブルくらいで安くてデカくて美味い!

そして駅前のスーパーで夕飯を調達して2日目の夕飯はまたもホテルでつまみます。子供もいるし雨でビショビショだし、一番これが気楽~
IMG_1643.JPG
IMG_1649.JPG
「お惣菜メシ」
左のアヤシイ色合いのものは紫キャベツのマリネ?そこにはサバの酢漬けが敷き詰められており、見た目のギャップより美味さが勝りました。ロシアンビールも飲みやすくて大満足です。


posted by つかさ at 11:18 | Comment(0) | 旅行記

2018年05月14日

ウラジオストク2泊3日ツアー その2

前回の続きは、ウラジオストクで一晩明かして唯一の1日観光出来る2日目です。

IMG_1383.JPG
「ホテルからの眺め」

ホテルの裏側にはウラジオストク市民の生活が間近にありました。建物も公園もソ連時代のものなんだろうなぁ何て思いながら、いかにもロシア的風景が素敵です。

朝食を済ませたら早速観光へ向かいます。が、この日は気温5度!折からの低気圧接近で日本でも大雨予想があり、日本海を挟んだウラジオストクでもその天候は同様でした。

IMG_1407.JPG
「黒澤映画 デルス・ウザーラの舞台」

アルセーニエフというロシア人探検家と先住民狩人のデルス・ウザーラとのエピソードを映画にした「デルス・ウザーラ」その舞台となったアルセーニエフの住んだ家が記念館となっており、映画を事前に見ておりもちろん行く気満々で来たのでしたが、なんと休館とのこと!

ここまで物凄い暴風雨の中なんとかやってきたのに、すでにここで心が折れ掛けます。やっとの思いでたどり着いたのに・・・

しかし観光できる日は今日しかありません(翌日は朝食後、即帰国)とりあえずウラジオストク駅へ向かってみようとなりました。

IMG_1412.JPG
「ウラジオストク駅」

写真に写る車の水しぶきが天気の悪さを物語ります。歩いて15分もしないくらいでしたが、何しろ台風の中を歩いている状態です。傘もさすことが出来ず、でも現地人は皆傘をささないで濡れるに任せてあるいているので、自分たちも最低限のウインドブレーカーを被りなんとか駅までたどり着きました。

IMG_1439.JPG
「駅はセキュリティチェックあり」

扉を開けるとすぐコレなのでひるんでしまいますが、変なもの持っていなけりゃ何てこと無く中へ入れてくれます。見学だけでもオーケーでした。 

早速ホームへ降りて撮り鉄を・・・

IMG_1421.JPG
「走り去る客レ」

IMG_1423.JPG
「行ってしまいました」
さあ撮るぞ!と思ったら出て行ってしまいました。よく見ると全部荷物列車のようです。

IMG_1431.JPG
「シベリア鉄道のプレート?」

駅に掲げられていました。

IMG_1434.JPG
「駅に留置中の3連車体電気機関車」

日本式に言うとEHに+4軸でELでしょうか。カッコイイですね~

IMG_1435.JPG
「これまた留置中の客車」

3両だけ置き去りになっていたニモレ。車内は暖房を焚いているのか石炭を燃やす香りが漂ってきました。

となりの緑の車両といいイイ感じなのですが、これを撮っていたら老齢の警備員?に「ノー」と一言言われてしまったので、スゴスゴと退散。

IMG_1457.JPG
「エレクトリーチカ」

ひと駅だけでも電車に乗ろうかとか考えていたのですが、寒さと強烈な悪天候に家族みんな心が折れて、いったんホテルに戻り出直す事にしました。

IMG_1465.JPG
「駅前のレーニン像」

IMG_1461.JPG
「駅前のスーパー」

IMG_1466.JPG
「スーパーのお惣菜コーナー」

写真を撮っていたら強面の店員のお姉さんに「ノーphoto!」と怒られてしまいました。観光客に最低限の英語で注意してくれるようです。しかし怒られっぱなし(笑)

でも、ここでお惣菜を買い込んでお昼ご飯にしたのですが、身振り手振りで何とか買うときにはその店員さんも親身に色々教えてくれようとしたりして、ロシア人店員は基本的に愛想無いのですが、話しかけると実に優しい人が多い印象でした。

そんな訳で冷え切った体を回復させるために、とりあえずホテルへ戻って2日目前半戦は終了~
posted by つかさ at 00:01 | Comment(0) | 旅行記

2018年05月10日

ウラジオストク2泊3日ツアー その1

2018年GW、2泊3日でロシアはウラジオストクへ行ってきました。

といえば簡単なようですが、実際子供を連れての海外旅行は初めてだったり、そもそも自分はロシアが初めてだったり・・・2泊3日でも気が抜けません。

IMG_1257.JPG
「成田第1ターミナル」

搭乗するのはオーロラ航空、成田14時発です。

IMG_1278.JPG
「ボンバルディア DHC8-Q400」

ロシアの航空会社だけどツポレフとかではなくカナダ製。でも沖止めなのでバスでここまで移動しタラップから乗り込みます。これがすでに楽しい!!

IMG_1301.JPG
「ウラジオストク空港到着」
あっという間の3時間フライトでウラジオストクへ到着!実に近いものです。ここでも沖止めでバスによる移動でした。日本は晴れていたけど現地は雨模様です。

IMG_1318.JPG
「迎えの車で移動」
空港からウラジオストク駅近くにあるホテルまでは日本語ガイドによる迎えの車が来てくれていました。今日はすっかり霧がかかってしまったとのこと。

IMG_1313.JPG
「日本の車検証シール」
優しいまなざしのロシア人運転手さん。その運転する車はモロ日本の中古車でした。車内も日本語の注意書き。周りを走る車も日本車だらけで一体どこなんだ状態です。

IMG_1332.JPG
「無事ホテル到着」
ウラジオストクは時差があり1時間時計が進んでいます。地図で見ると九州くらいの緯度なのに時間は1時間早いもんだから、余計に夜が長いですが、これで現地時間19時すぎです。

ここまで順調なように見えますが、入国検査で奥さんが旧姓パスポートでなかなか通過出来なかったり、ATMでルーブルを出すのに苦戦したり、SIMフリー化させたiPhone用に現地SIM買ったりと。やきもきしながらもなんとか無事チェックインが出来ました。

とりあえず、夕飯を食べに出かけます。

IMG_1333.JPG

IMG_1334.JPG
「ロシアの街並み」
写真で見ると雑然として治安悪いように見えますが、単に人が少なくて寂しいだけです。普通におばさんが犬の散歩したりしています。

IMG_1336.JPG
「今日の夕飯はここ」

とにかく右も左も分からないので、地球の歩き方を参考にこの店に決定!地球の歩き方は有能だなぁ

IMG_1353.JPG
「伝統ロシア料理店」
中はいい雰囲気の調度品ですが、いる客は日本人だらけ(笑)さすが地球の歩き方掲載店

日本語メニューが出てきたものの、写真が無く文字での説明のみに結局苦戦しながらもオーダーしたのは

IMG_1342.JPG
「ペリメニ」 

IMG_1344.JPG
「つぼ焼き」

IMG_1349.JPG
「なんだっけこれ」

他にもボルシチとかいかにもロシア料理といったものを頼みましたが全部美味い!とりあえず初日の夕食は成功です。 

IMG_1362.JPG
「24時間スーパーマーケット」

食べ終わったら辺りはすっかり暗くなっていました。ホテル近くのスーパーに寄って買い出しです。

IMG_1373.JPGIMG_1374.JPG
「アイスクリーム」

ロシアはアイスが美味い!との情報を得ていたので、さっそく買ってみました。これがまた濃厚で甘くてうまい!外れなしですねー

と言いながら、買ってきた水はキリル文字と格闘しながらさんざん悩んだのにガス水で失敗でした(笑)そんな感じで1日目終了!

posted by つかさ at 23:03 | Comment(0) | 旅行記

2017年07月30日

鬼怒川一泊旅行

土日で鬼怒川へ一泊してきました。


IMG_0016.JPG
「浅草からリバティ会津に乗車」

このリバティはけごんと会津併結の6両編成、以前乗ったのリバティは3両単独のけごんだったため、長いリバティは初乗車です。

IMG_0019.JPG
「渡り廊下のような長さ」

連結部は1段高くなっており、流線形という事もあって結構な長さです。

IMG_0032.JPG
「そして到着」

 IMG_0658.JPG
「開業したての東武ワールドスクウエア駅」

リバティで降り立ったのはワールドスクエア駅、ほんの先週開業したばかりの新品ピカピカです。しかも着いた直後にSL大樹の試運転が追っかけてきて、ここの駅で試運転を見学出来ました。

IMG_0666.JPG

「こちらは営業運転中」

試運転の大樹が見れてラッキーと思っていたら、なんとワールドスクエアではすでに大樹が運転中でした。それと今乗ってきたリバティまで!このリバティは良く出来ています。

一夜明けて、ホテルのバイキングで食べ過ぎた腹を抑えながら鬼怒川温泉駅へ来てみると、この日も試運転の大樹がいました。 それにしても、夕飯バイキングで朝ごはんもビュッフェとはキケンすぎます、確実に腹に付いてきますね。

IMG_0108.JPG
「大樹停車中」

IMG_0109.JPG
「東武らしい並び」

IMG_0130.JPG
「こんどは会津の気動車と」

AIZUマウント号と並ぶと、もうここがどこかだ分からない感じになりますね(笑)鬼怒川線はほんとバラエティ豊かになったものです。

 IMG_0122.JPG
「こっちも気になる」

ちょうどC11が隠れて、DE10+14系客レで往時のML高知・松山みたいでカッコイイですね~

この14系がまたいろいろ改造されており、興味をそそります。

IMG_0119.JPG
「無線アンテナ取り付け位置の参考に」

IMG_0129.JPG
「ほかの東武電車同様の銘板」

Nゲージで当然製品化されるでしょうから、どこまで再現されるか楽しみです。

ということで、予定外の鉄分補給を済ませたら、帰路につきます。しかし、実は予定してた中で帰りの電車が一番の鉄イベントなのです!
IMG_0695.JPG
「ババーン!」

IMG_0704.JPG
「6号車」

IMG_0697.JPG
「コンパートメント!」

日光に数年住んでいたときは、それこそスペーシアに乗りまくっていたのですが、個室に乗るのは今回が初めて。

実際に乗ってみると、そりゃもう快適でありました。何しろ広々座席なもので椅子に寝転んでも、他人の目も気にならずノンビリ出来てしまいます(笑)

IMG_0702.JPG
「お土産」

昼間だったので車内では飲まず、自宅に持ち帰りました。

これにて夏休みに入った子供をどこかに連れていくという、おとうさんの宿題はひとまずクリアです。

まぁ、子供をどこか連れていくという名目で自分が乗りたい電車に乗っただけだろって話ですが(笑)


posted by つかさ at 23:23 | Comment(2) | 旅行記

2017年04月05日

サンライズに乗るための出雲旅行

子供がこの春に小学校へ上がる前に、サンライズに乗って家族旅行をしておきたいと思い立ち、サンライズ出雲に乗る旅に出ました。

東京からサンライズ出雲で出発!と行きたくなるところですが、東京発よりも出雲市発の方が時間的に良いため、サンライズは帰路までお預け。まずは東京駅から新幹線で岡山へ向かいます。

IMG_8244.JPG
「岡山駅到着」

本当にサンライズに乗るだけならば、朝早くに東京を出て出雲市へ向かい、そのままサンライズで帰るという手も考えられますが、さすがに家族旅行という名目のためそこまで無理はせず、1日目は岡山に1泊することにしました。

それでもレール&レンタカーのため岡山行ひかりで4時間の道のりでようやくの岡山到着です。岡山駅の新幹線ホームでは500系と700系レールスターがお出迎え。両方とも東京では見れないので、4時間乗車の疲れも(自分だけ)吹き飛び、ここからすでにテンションが上がります。

IMG_8254.JPG
「逃した!」
そして在来線ホームへ降りたらAU13を乗っけているヤツに遭遇!しかしすんでのところで撮り逃しました・・・

IMG_8255.JPG

IMG_8257.JPG
「ほかにも怪しげいっぱい」

こんな無理やりな先頭車も見れて少しいるだけでも楽しいひと時を過ごせました。

とは言え家族をほったらかしにする訳にはいかないので、このくらいにしておいてホテルへチェックイン。そのあと真面目に後楽園を観光しました。

IMG_8279.JPG

IMG_8291.JPG
「日本3大庭園」

さすがにきれいな庭園ですね〜金沢兼六園は福井に住んでいた時に何度か訪問済み、今回の後楽園で2か所目ゲットで残りの水戸偕楽園も早々に行きたいところです。

IMG_8319.JPG
「岡電」
1日フリーパスを買ったので、とりあえず全路線を乗りつぶすことに。右奥の消防車は火災現場を絶賛消火中でしたがこのときには鎮火した模様。

IMG_8329.JPG
「東武日光軌道」

ぜひ乗りたかった元日光軌道の車両は2両とも車庫でお休み中でした(泣

この後、夕飯を食べてからホテルへ戻ったのですが、ホテルから岡電がよく見えるなかなかのロケーションでした。


ホテルで一泊したら、つぎは朝から出雲市へ向かいます。
IMG_8393.JPG
IMG_8401.JPG
「岡山駅でお出迎え」
昨日は見れなかった先頭車改造や117系など、ゲテモノっぽさ満点のカッコイイ車両がいっぱいでいいですねぇ〜

IMG_8402.JPG
「381系へ乗車!」

昨日に引き続き乗りっぱなしです。出雲市までは4時間の長旅でした。

IMG_8478.JPG
「出雲大社へ」

そしてレンタカーを借りてまずは出雲大社へ。

IMG_8507.JPG
IMG_8509.JPG
「出雲大社前駅」

出雲大社へ行ったら、当然一畑の出雲大社前も行きました。

IMG_8533.JPG
「大社駅」

廃線となった大社線の大社駅へも行ってきました。なんとも重厚な作りの駅ですね〜廃線になってしまったのがもったいない。



この後、少しだけ一畑電車を撮影したら、まずは温泉につかりサンライズ乗車に備えることに。

IMG_8555.JPG
「北山温泉」

これがまたとってもスベスベになるいいお湯でした。そしてこのあと夕飯とビールを買い込んだら、いよいよサンライズに乗車です!!

IMG_8671.JPG
「東京着〜」

っていきなり到着してしまいましたが、結局出雲市では入線から発車まで時間に余裕が無く、早々に乗り込んだら発車。あとは夕飯を食べて寝るだけ。と書けばあっという間ですが、伯備線の定尺レールのジョイント音が意外とうるさくて、寝れたのは岡山を過ぎてからでした。

ちなみに取った個室はシングルツイン。上段に自分が寝て、下段に奥さんと子供が一緒に。一緒に寝るのは広さ的にも小学校上がる前ぐらいが限界ですかね〜

IMG_8675.JPG
「東京に着いたサンライズ瀬戸・出雲」

東京駅に到着した夜行列車。最近まで当たり前だったのが、ついにはこの列車だけとなってしまいましたね。サンライズにはこれからも末永く走り続けてもらいたいものです。


posted by つかさ at 00:03 | Comment(2) | 旅行記

2015年11月08日

富山地鉄と万葉線へ日帰り旅行

富山地鉄の「ちてつ電車フェスティバル2015」に行ってきました。

IMG_3122.JPG
「クハの妻面」

IMG_3126.JPG
「珍車 of The 珍車」

まずは入り口前で2つの珍車がお出迎え。クハの妻面、貫通扉も運転台も無い妻板はこれと箱根登山ぐらいなものでしょうか。

IMG_3135.JPG
「上から眺めます」
そのまま奥へ進むと10020形を上から眺められる場所がありました。洗浄台が興味深いです。

IMG_3140.JPG
「車庫内ではトークショー中」

トークショーではJAMのトミーテックブースでも良く見かける野月さんと南田さんの組み合わせでした。そして光り輝く二人の背後には、さらに光り輝くデキの姿が!!

IMG_3151.JPG
「ピカピカ、キレイさっぱり」
貴重な東芝製凸型のまだまだ現役続投宣言ともいえるこの修繕はうれしい限りです。この機関車でクハを牽引するイベントとかやってくれないですかねー今の富山地鉄なら期待しちゃうところです。

IMG_3148.JPGIMG_3147.JPG
「模型展示」

工場のさらに奥では模型展示もありました。走る回る車両にはKATOの西武5000系から作成したと思われるアルプスエキスプレスも。そしてデキはスクラッチでしょうか。地鉄車輌が充実しており楽しい展示でした。

IMG_3160.JPG
「運転台体験」

10020形の運転台に座り、マスコンやブレーキをがしゃがしゃしても良いという事で、ガシャガシャやってきました。



そして外では電車が出て行ったと思ったら洗浄線体験列車をやっていました。気づかず乗れなかったので外から眺めたら、ちょうどその脇を岩峅寺行きと立山行が立て続けに走り抜け、分岐駅感満点のシーンとなりました。

もう少しゆっくりしたいところですが、次は子供のリクエストのドラえもんトラムへ乗るために高岡へ向かいます。


長い庄川鉄橋を渡るドラえもんトラム、その前にはデ7070が走ったのですが、音という点ではやっぱり釣り掛け電車がいいですね〜


最後は越ノ潟に到着するドラえもんトラムです。


このあたりから体調の悪さがMAXとなってしまいヘロヘロでしたが、楽しむ部分は楽しめたので良しといったところでした。この時期は気温の変化にやられやすいので油断大敵ですね・・・


posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2015年09月28日

白山総合車両所一般公開

北陸新幹線が2015年3月に金沢開業、そして今回の白山総合車両所一般公開は事前応募無しの公開としては初公開となります。

IMG_7725.JPG

「田んぼの中にどデカい真っ白な建物」

田んぼ道をえっちらおっちら歩いて行くと、そこには場違いな感じのデカくてきれいな建物が横たわっています。

IMG_7648.JPG

「すんなりと入場」
10時半ごろ入場しましたが、あまり知られていないのか、場所が場所なためか大きな混雑はなく入場できました。

IMG_7654.JPG
「ずらりと並ぶジャッキ」
とにかくキレイです。設備も建物も床も全部ピッカピカ。

IMG_7658.JPG
「トラバーサ」

IMG_7668.JPG
「高速確認車」

IMG_7670.JPG
「架線保守車」

展示車両はこの他にラッセル車も建物内にありました。そういえばウニモグも見たかったな。

どれもこれもピカピカの設備なのですが、新しいためしっかりカバーもされててメカメカしさがあまり無い印象。それのなかでこれは目を引きました。

IMG_7680.JPG
「さて何の設備でしょうか」

ちなみに後ろのズラリと並ぶ箱はおそらく塗装ブースのように見えました。

IMG_7678.JPG
「こんなアタッチメント」

IMG_7679.JPG
「先頭車ガラス交換装置」

へーそんな装置があるんですね。前面ガラスを乗せるのかあてがうのか、そのカーブになっているのは分かるのですが、どのように使うのかピンと来ないです。

IMG_7682.JPG

IMG_7665.JPG
「JR白山総合車両所」

続いては、総合事務所棟へここの屋上へ登ることができます。

子供の手を引いてズンズン、ズンズン。見た目は4階建てですが、なぜかそれ以上に長く感じる急な階段を登り切ってヘットヘトになったところでエレベータが使えることに気づきました。何たる失敗、子供の手も引いたもんだから2倍疲れました。

この時点で残りHPは5/200くらい、危険水域です。

IMG_7685.JPG
IMG_7686.JPG
IMG_7687.JPG

「素晴らしい眺め」

日本海まで見えて、地球が丸く見える展望台みたいです。この素晴らしい眺めでHPが8/200に回復しました。

このあと、ここの1階にある社員食堂で昼食を取ったのですが、これがまた大当たりの美味さ。そして安い!!

IMG_2724.JPG
「天ぷらそば、300円くらい」

かき揚げはエビもしっかり存在感を主張するくらいしっかりと具が入っており、うちの会社の食堂でもこのくらいのクオリティだったらいいのになぁと思わずうらやましくなります。

IMG_2726.JPG
「アイス100円」

この屋上まで登ってヘトヘトな体を癒す、心遣い的なアイスが嬉しいです。HPが10/200まで回復。

腹ごしらえを済ませたら、さらに工場内をズンズンと巡ります。

IMG_7692.JPG

IMG_7693.JPG

「着発線方面を望む」
1時間に1本程度出入りがあったみたいですが、残念ながら見ることは出来ませんでした。

IMG_7695.JPG
「床下見学ゾーン」

ピット下に降りて、車体脇を歩けます。

IMG_7702.JPG
「こんなに近い」

IMG_7707.JPG
「軸箱 (7000系アルミ鍛造品だったはず・・・)」

ひたすら12両分新幹線の横っ腹を眺めながら歩けます。 

IMG_7711.JPGIMG_7713.JPG
「連結器周辺」

あるけど床下カバーと台車ばかりなので、あとはこんなところぐらいしか見るところがありません。
電気連結器があるのに、さらにジャンパ線がこんなにあるんですね。

IMG_7719.JPG
「反対側に到着」

これで一回り出来ました。

IMG_7721.JPG
「最後はここで記念撮影」

会場を出るときに、ポツンと外に車止め標識があったので、記念撮影をして帰りました。

このあと、自分ばかりだとアレなので、奥さんのご機嫌取りに香林坊まで繰り出してたら、結局たっぷりと遊んでしまい、屋上まで階段で登った影響がモロに出て、帰宅したらグッタリでした。
posted by つかさ at 23:51 | Comment(0) | 旅行記

2015年08月21日

初めての神鉄で有馬温泉へ

世間とは1週間ずれた盆休みを利用して有馬温泉へ行ってきました。当然温泉がメインですが、自分は神鉄に乗る事で頭がいっぱいです。

まずは、福井からサンダーバードで大阪へこの部分は乗り慣れたものですが、ここから先神戸までの道のりは今まで夜行や新幹線で通過ばかりで新快速にすら乗ったことが無かったのでした。

IMG_2310.JPG

「駆け抜ける新快速!」

IMG_2312.JPG

「三ノ宮手前で阪急と並走!!」

という事で、こんな当り前であろう光景ですら新鮮で、座れなかったこともあり息子(4歳児)と一緒に前展かぶりつきで三ノ宮まで乗り通しました。当然オトーサンの方がご満悦です(笑)

三ノ宮に着いたら少しブラリしてから北神急行経由で有馬温泉へ向かいます。

IMG_2318.JPG
「神戸市営地下鉄3000形 谷上行き」

IMG_2319.JPG
「神鉄5000形」

乗り継ぎが良いのはいいのですが、撮影する余裕がほとんどありません。初めて乗った神鉄は5000形でした。

IMG_2321.JPG
「アップダウン!」
谷上から有馬口までは複線なのに50パーミルでグイグイ登りつづけると思ったら途中から下りつづけたりと、変化に富んだ線形で楽しい乗り鉄が続きます。この写真は登りつづけてると思ったら、その先から結構急な下り坂&カーブです。

IMG_2324.JPG
「1100形」

この古めかしいのに乗りたかったんですよ!有馬口から1駅は待望の1000系がお出迎えをしてくれました。


IMG_2329.JPG
「50パーミル」

IMG_2330.JPG
「駆け抜ける喜び」

有馬口から有馬温泉までは1駅ですが、それでも登りつづける50パーミルと急カーブ、トンネルありと楽しめます。

IMG_2335.JPG
「有馬温泉駅に到着です」

ここでようやくじっくりと撮影が出来ました。

IMG_2339.JPG
「運転台」

IMG_2337.JPG
「非常電制ノッチ」

IMG_2340.JPG
「味わいある車内」
電制ノッチに非常電制があるところが神鉄の登山電車である特徴だとの事で、しっかりと抑えておきました。


そしてこの後は宿でゆっくり温泉を堪能。本当は温泉街に繰り出しつつ、もう一度神鉄撮影とか思っていたのですが、温泉街が結構な急坂なもので歩き回る気力を失ってただけなんですけどね(笑)

IMG_2392.JPG
「炭酸泉」

朝の散歩は泊まった宿のすぐ隣にあった炭酸泉公園、どんなものか飲んでみたらなんとキツイ鉄の味!正直あんまりおいしいものでは無いですね。炭酸せんべいはあんなにおいしいのになぁ

帰りの道中も入れ替わりで入ってくる神鉄を撮影しつつ帰ります。


有馬口からは3000形、乗り継いで三宮へ

IMG_2423.JPG

「神戸市営1000形」
独特のマスクがまた良い感じです。

三ノ宮からは”ザ神戸”っぽいところを観光してきました。
IMG_2430.JPG

帰りに三ノ宮のポポンで自分にお土産を買って帰宅。

次回は今回乗れなかった阪急、阪神で三宮まで行ってみたいところです。
posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | 旅行記