2015年03月14日

北陸新幹線開業

2015.3.14は北陸地方にとって大変革の始まる日、それは北陸新幹線開業です!埼玉生まれ埼玉育ちのわたくしでしたが、社会人になって転勤を繰り返し、あろうことか北陸地方は福井県に住むことになるなんて・・・・長野(行)新幹線開業当時は思いもしなかった事態です(笑)

ということで、出張なんかサッサと忘れて、ようやく本当のシゴトの始まりです。

IMG_0657.JPG
「丸の内 案内表示」
北陸新幹線と同じ日に開業のUTラインの案内もあります。

IMG_0662.JPG
「東京駅にE657が!」
何とも言えない違和感がイイものですね〜ついにやってきたか!と心が躍ります。

IMG_0664.JPG
「UTライン」
IMG_0666.JPG
「宇都宮線直通」

UTラインは感慨深いものです。さいたま市に住んでいたころは、これが出来ればどれだけ便利になるか、想像し続けていた未来がようやくやってきました。個人的には北陸新幹線開業よりも感動かもしれません。もう関係なくなっちゃったのが悲しいところですが・・・

そんな訳で、北陸新幹線にはまだ乗らず、UTラインで大宮へ向かいます(笑)
IMG_0671.JPG
「東京からあっという間に着きました」

まぁ上野を出れば、いつも通りの乗りなれた宇都宮線ですね。当たり前だけど。

ここで工場長と合流し、いよいよ3.14の目玉!北陸新幹線へ乗車です。長年鉄道マニアをやってますが、開業当日に乗るってあまり記憶に無いなぁ

IMG_0678.JPG
「乗りますよ〜!」

大宮の次は長野!このかっ飛びっぷりがいいですね〜

と、思っていたんですが、案外速度は上がりません。臨時かがやきだからか、上越新幹線内は先行に引っかかったり、軽井沢は通過制限速度が低かったり。頑張って走ってるな!って思えるところは長野を出てからでした。

IMG_0682.JPG
「それでも早い!」

IMG_0683.JPG
「富山に着きました」

長野まで1時間、そのあと富山には45分ほど。前々日に乗った在来線のはくたかとはエライ違いです。ああ、あそこを2日前に681系で走ったんだなぁ〜なんて思いながら北陸本線から3セクに移行した線路を眺めながら乗車していました。

IMG_0685.JPG
「そしてついに到着!!」
もう、ほんとあっという間、飽きる暇もありません。感動の金沢到着です。

IMG_0689.JPG
「人だかり」

IMG_0696.JPG
「大歓迎」

IMG_0699.JPG
「お祭り騒ぎ」

北陸の人々がどれだけ待ち焦がれたか分かる大歓迎っぷりでした。福井延伸のときはどれだけのフィーバーになるのやら、ならないのやら(笑)

福井から東京だと東海道経由でも北陸経由でも時間差はそうありませんが、大宮に行くなら断然北陸新幹線の方が早くて便利になりました。

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2015年03月12日

最後のほくほく線はくたか乗車

東京へ出張となった(というかねじ込んだ(笑))のは、北陸方面で大変革が起きる2日前の3/12。いつもは東海道経由ですが、名残惜しむべくほくほく線はくたか経由で出張へ出かけました。

IMG_0598.JPG

「1日1本、福井始発のはくたか5号」

乗るのは、はくたかの中でも最後の乗車に相応しい、一番のロングランである福井始発はくたかです。

IMG_0600.JPG


「681系ホワイトウイング車」
帯の色はすでにしらさぎ色に変わっています。

IMG_0602.JPG

「福井発はくたか越後湯沢行」

この組み合わせも、今日と明日の2回で最後です。そして列車は7:30に出発し、時刻通りに約3時間半をかけて終点越後湯沢へと到着しましたした。でも、道中は長すぎるので割愛(笑)

IMG_0608.JPG
「越後湯沢のコンコースにて」

はくたかラストランを惜しむ飾りがありました。越後湯沢で乗り換えも、もうよほどの事が無い限り行わないでしょう。

IMG_0619.JPG
「E4Maxに乗ります」 

到着直後に接続するときならば大宮までノンストップですが、ここはE4に乗りたかったため、わざわざそのあとのMaxたにがわに乗りました。しかも乗ったのは先頭車の2階席、そう3人掛けリクライニング無しシートです(笑)

Maxに乗るのも、もう上越新幹線の一部列車のみなので、そう考えると2階建新幹線に乗る機会はなかなか無いものなので、乗れるときに乗っておく算段です。

IMG_0623.JPG

「大宮へ到着」

大宮は北陸新幹線開業ムード一色かと思いきや
IMG_0625.JPG
「はくたか、北越のさよならも」

北陸地方に大変革を与え、時代が大きく動き出す3.14はいよいよです。
posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2014年08月18日

京都小旅行

あまり長くない盆休み、あまり遠くにも行けないけれど、旅行は行きたいところ。ということで近場でということで京都へ行ってきました。

それにしたって、「近場で京都」以前住んでいたさいたまじゃ考えられないフレーズですね(笑)

IMG_0356.JPG
「まずは南禅寺に」

北陸道〜名神から京都東で降りたら、ちょうど宿までの通り道に南禅寺へ。
このあと宿について昼食を取ったら、買い物に行く奥さんとは別行動で子供と二人京都乗り鉄小旅行を楽しみます。

IMG_0381.JPG
「この旅のファースト阪急は3300系」

なんとも幸先の良いスタートです(笑)
IMG_0386.JPG
「中間運転台」
阪急は詳しくないので、これは!と思ったのですが、調べ始めると深みにはまりそうですね〜

IMG_0389.JPG
「大宮に到着」
さいたま市で無い方の大宮は初めて来ました。

IMG_0391.JPG
「そして嵐電へ」
福井では元京福に良く乗りますが、京都の京福は実は初めての乗車だったりします。

IMG_0394.JPG
「夕子号に乗車」

そしてもちろん終点まで乗り通します。

IMG_0401.JPG
「渡月橋」
前日の大雨でこのありさまでした。これを渡って阪急で帰る手もアリですが、今日はJR嵯峨嵐山まで歩くことに。しかし京都の夏は暑いです、嵯峨嵐山まで着くころには子供共々ヘトヘトでした。

IMG_0404.JPG
「そろそろDT132Aが珍しい DE10 1104」
嵯峨嵐山ではトロッコ列車を横目にJRで京都駅に戻ります。狙いは381系です。

IMG_0406.JPG
「京都駅到着」
221系の4連で京都駅へ到着。でも昼寝してなかった息子氏は車内でお昼寝モードに・・・
しかも大雨の災害の影響で特急はすべて運休で381系も撮れないってんで早々に宿へ戻りました。

この日の夕飯はハンバーグ。わざわざ京都でハンバーグ?ですが、わざわざ行く価値ありました。


IMG_0431.JPG
「帰りは地下鉄で」
なんか営団6000系を見てるみたいですねー

ということで初日終了。1泊して2日目は深追いせずに帰りすがら観光をしてこうということで、大原の三千院へ行きました。

IMG_0470.JPG
「三千院門跡」

門跡ってなんじゃ?と思ったのですが、調べてなるほど

大原まで来ると、京都市内へ戻ってから名神に行くのもナンなので、
そのまま湖西線と同じルートで敦賀から北陸道に乗って福井を目指すことにしました。

そうすると、湖西線が目に入ってきて、それでいていい天気なんですから撮りたくなりますよね〜
と思って立ち寄った場所に、一人カメラを構えている方がいたので、何か来ますか?と聞いたら
なんと今にでもトワイライトが来る時間ですと!


ということで、1脚での撮影ではありますが、期せずして琵琶湖バックに駆け抜けるトワイライトを撮影出来たのでありました。
最後に良い撮影が出来上々の締めくくりとなった京都小旅行です。

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2013年07月20日

富山地鉄 稲荷町車両基地一般公開

福井から大宮へ帰る道すがら、富山地鉄の稲荷町車両基地一般公開へ参加してきました。

Img_1887

「稲荷町車両基地」

駅から見える車両基地を中から眺められる、こんな機会はなかなかありません。富山地鉄はオリジナル車多数、西武5000系も残っていたりと非常に魅力的な路線です。参加費3500円(一日フリーパス付)でも高くは無いですね。

工場の休憩室に参加者が集まって、職員さんのウラ話を聞かせてもらえる時間もあったりと、非常に距離感の近い楽しいイベントでした。

という事で、写真を撮りまくってまいりましたよ。

Img_1835

「クハ173とクハ175」
工場敷地に入ってすぐに増結用クハがお出迎えしてくれました。ちゃんと予習をしていかなかったので、帰ってから地鉄について勉強し、このカットしか撮っていなかった事を悔やみました。

Img_1844

「モハ10025とモハ14722」 
これを撮っていたときは、まだこの2本の違いを分かっていません(笑)

Img_1889

「向こうにクハのお尻が」
モハ14722がどいたらクハの妻面がみえました。この稲荷町基地は、いま自分が作りたい車庫モジュールそのもののような規模です。

Img_1860

「東芝と東急」
これが一番撮りたかった、デキ12020です。「東急の大型ステンレスカー(大人の事情)」と連結されています。

Img_1917

「TT53台車」
昭和53年4月製作 東京芝浦製作所の銘板があります。スポーク車輪や心皿が無かったり、斜めに取り付けられた軸ばねやS型ミンデンのような板ばねなど、この台車は興味が尽きません。

続いて庫内です。

Img_1866

「京阪のダブルデッカー」
現在京阪色になった10030形に組み込むべく改造工事中です。中の人の話では、移動の手段としてだけでなく、富山地鉄そのものを楽しんでもらえるように、いろいろやっている内のひとつですとの事。みなさん、限られたものの中から頑張っている様子が必至と伝わってきました。

Img_1864

「外を見れば東急」
さすがに東急はまだ都内で見れるので、それよりも地鉄オリジナル車のほうが気になって、あまりカメラを向けませんでした。

Img_1938

「工場内」
このくらいのモジュールを作りたいと思っていたところに、この一般公開!ここでは載せきれないほどたくさんの資料を得ることが出来ました。たとえばこんな感じ

Img_1931

「パンタグラフ置き場」
パンタグラフもこんな風に保管してました、これは面白いですね〜

 

Img_1942

「鉄コレも販売中」

16弾、シクレも含めて4両セットです。それと14760形はここで買うとHMシールがつくということで、すでに持っている3両セット以外の6両を増備してしまいました(汗

楽しい時間はあっという間、これから大宮へ帰る時間なので途中で会場を後にしました。 

Img_1997

「元西武5000系のアルプスエクスプレス号」

稲荷町で待っていたら、これが動き出しました。このあと電鉄富山でうなづき号に入ったこの車両に乗車。

Img_2020

「2号車 座席指定」

中間の2号車は座席料金が+210円掛かります(ちなみに特急料金は100円)とりあえずお金が掛からない一般車へ

Img_2023

Img_2024

「一般車も内装が良いです」

水戸岡ラッピングは外から見ると、撮り鉄的にはどうなのという話が良く聞かれますが、車内は圧倒的に良くなってますね。

もちろんテツ的には5000系の当時の内装がそのまま復活とかだと鼻血モノなんでしょうが、他に乗っていた大多数の非テツの人にはこれがとても好評の様子で、車内のあちこちから、キレイだね〜という声が聞こえてきます。

Img_2026

「所沢車両工場」

でも、ちゃんとこういうのを残しておいてくれているところが、ちゃんと配慮してくれているんだなぁなんて思います。

Img_2043

「電鉄黒部到着」

電鉄黒部へ来たのは、魚津で時間を結構つぶすなら、ここまで行けるからというだけで、来たのでした。

Img_2035

「大屋根が覆う」

そしたら、こんなホームだったり、色々と見所満載の駅だったんですね〜これも単線モジュールで再現したらとても楽しそう!というか富山地鉄全体が模型向きモジュール向きなんですよね

Img_2049

Img_2059

「TMC100型」

電鉄黒部にとまっていたTMC100型モーターカーです。前からも後ろからも愛嬌のある姿がいいですね〜

という事で、このあと電鉄富山行きのうなづき号に乗って魚津へ、魚津からは北越に乗って帰りました。

魚津で駅員さんは、はくたかの方が安いですよ、早いですよと教えていただき・・・・そりゃそうですよね。仕方ないので「北越に乗りたいだけなんです」なんて言い訳したら、苦笑しながら分かっていただけました(笑)

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2012年12月14日

スカイツリートレイン乗車記

我が野田線にもついに特急が毎週土曜日片道だけの定期臨で走り出しました。そんな訳で先日の土曜日に早速スカイツリー4号大宮〜浅草で乗ってきました!

Img_0676

「大宮にたたずむ634型」

大宮駅入線の様子です。

やっぱりまだスカイツリーに行きたい人より、スカイツリートレインに乗りたい人の方が多いですね(笑)

Img_0680

「もちろん展望席」

座席は側面を向いている座席にしました。隣の席と向かい合わせになって気まずいかと思ったのですが、コレくらいの角度だったら気になりませんね。 

Img_0678

「発車前の大宮駅ビュー」

まぁこんなもんですよね・・・・そして列車はいよいよ発車です!

Img_0687

「見慣れた景色を駆け抜け」

Img_0694

「埼玉をひた走り」

ここはパンフレットにも乗ってる野田線の菜の花畑ですが、まぁこの季節ですしね・・・ちなみに野田線内はドア扱いはしないものの各駅に停車していきます。時間柄おにぎりをほお張りながら乗っていると、普通電車を待っているお客のさらし者になれます(笑)

Img_0714

「あっという間に常磐線を越え」

春日部からはそれなりに快調な走りで特筆することの無い東京のベットタウン埼玉県の住宅街を駆け抜けます。

Img_0716

「荒川を越え」

日差しが暑くてカーテン閉めちゃってます、もはや展望の意味無し(笑)

Img_0727

「近づいてきた!!」

しかし微妙に色々と邪魔ですっきり眺められません。そうこうしている内にとうきょうスカイツリー駅(業平橋)に到着。

Img_0731

「東京晴空塔ってカッコイイな」

でも列車に乗ることが目的なのでここでは降りません(笑)

Img_0734

「アノ窓から望むツリー」

曲面ガラスなのでタワーが歪んでます。

Img_0738

「隅田川からの眺め」

やっと綺麗に眺められました!いやーこれでこそスカイツリートレイン!ってか上の窓いらないじゃん

Img_0742

「浅草到着」

お客さんが降りたところで車内の様子を。左側は一人乗り座席です。

Img_0747

と言うことでスカイツリートレインに乗るための旅はここでオシマイ。眺める景色はアレだけど、家族で弁当食べながらの小旅行は思いのほか楽しかったです。

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2012年09月08日

行き先を決めない旅

「では、土曜日に籠原で〜」と決めてたのはそれだけ。行った先で次に行く先を決めるという余りにもいい加減な旅なのでした・・・・

Img_0529

「ご利用は計画的に」

籠原駅に昼前に集合し、いきなり「じゃあ何しましょうか?」とか言い出してしまう始末(笑)でも、そこは勝手知ったる土地。まずは熊タですよねーと言うことで行ってみる事に。

Img_0389

「あらモノ珍しい編成だこと(4074レ)」

これが最近、川崎貨物〜倉賀野で始まったメタノール輸送なんだとか。
 ■ 日刊工業新聞 JR貨物、化成品を石油列車で輸送−CO2年470トン削減 ■
 ■ 日本物流新聞 JR貨物 タンクコンテナで初のメタノール輸送 ■

Img_0392

「コキ200 ISOコンテナ+タキ車な魅力的編成」

Img_0426

「UT26K-98000番台」
コキ200に乗る大型のISOコンにOTタキ編成は非常に魅力的でヨイですね〜模型でもやりたくなる編成です。

Img_0383

「UT24K-98000番台 シロキサン専用 中央通運」
こちらは別の列車で乗っているのを見かけたタンクコンテナです。化成品輸送のバラエティはタンクコンテナでも発揮されていて、最近色々と気になります。

いい収穫を得たのでここらで次なる場所に移動することに。

Img_0443

「ライブビューが活躍」
211系がいよいよ風前の灯、ということでザックリと眺めてみようかと籠原の電留線を覗いてみることに。

Img_0470

「3世代並び」
今日は熊タ近辺に居て、E233を良く見かけました。この調子であっという間に置き換わりそうです。

この後、ようやく昼食を取ったら次はどこに行こうかな〜となりたどり着いたのがここでした。

竜舞といえばペアーハンズ。所用を済ませたら、自分のリクエストで850系撮影となり伊勢崎線に横移動。



Img_0514

「お目当ての850系」

逆光が苦しいですが前パンゲットです!

Img_0519

「こちらは800系」

 

そして、そのまま流れて世良田の変電所で引っかかりました。

Img_0525

「4脚柱」
こちらの出戻りモデラーさんの記事を読んでしまうと、その気になって変電所ストラクチャーを作りたくなってしまうので困ります。でも全部必読!

Img_0533

「段々と日が傾いてきました」

ここで伊勢崎線を後にし、帰り道がてら日本煉瓦専用線跡に立ち寄りながら、熊タに戻り、そこから更に流れ着いたのがこちら

Img_0546

「東急?いいえ東武です」

Img_0550

「辺りはすっかり真っ暗に」

Img_0558

「でも、ライブビューと手振れ補正でそれなりに撮れちゃう」

と言うことで最後は森林公園でシメに、思い返せば各人撮りたいものをちゃんと撮れ、収穫のある旅となりました。たまにはこんな適当旅も楽しいものですね。

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | 旅行記

2012年07月04日

スカイツリーから線路を眺める

先週の話ですが、スカイツリーに登ってきました

Img_9323

「業平橋」

Img_9324

「粋とスカイツリー」

乗り換え案内で業平橋と入力すると、自動的にとうきょうスカイツリーとして検索してくれるんですね。業平橋の方が文字数が少なくて簡単なので助かるところです。

Img_9357

「どーん!」

下から見上げるとひっくり返りそうになります。デカイですね〜そしていよいよ350m展望台へ!

Img_9369

「到着!遠くにNEXが見えます」

エレベーターに乗ったら実にあっという間に350m到着しました、50秒で到着するらしいですが、揺れも無くあっけないほど早いので、高いところに来た感覚がイマイチという贅沢な悩みです。

Img_9377

「隅田川を渡るスペーシア」

Img_9420

「350mから350系を眺める」

そして350mからさらに上の展望台へは+1000円だとか。せっかくだからと登ってみました。次はいつ来るか分からないしとか、理由を付けつつも、まぁいいかと言う程度の値段設定がいやらしいところです(笑)

Img_9407

「450mフロアに到着!」

Img_9404

「隅田川貨物駅が良く見える」

結局、高くなっても眺めるのは線路です(笑)

しかし、線路ばかりではなく、登った時間帯が良かったため、こんな夕焼けから夜景も眺められました。

Img_9425

「東京に沈む夕日」

Img_9467

「そして夜景も」

スカイツリーからの夜景はとてもキレイでした。何だかんだ言って、こんなにたっぷり楽しめてしまいましたね〜

Img_9476

「そして帰りは浅草から」

なにやら摩天楼のような装いですね。

Img_9477

「リニューアルした浅草駅」

古い外壁を元に戻す、珍しく良い方向でのリニューアルですね。しかし、「東武電車」の電飾が無くなってしまったのはチョット寂しいものです。

posted by つかさ at 22:59 | Comment(0) | 旅行記

2011年10月09日

真岡鉄道C12 初乗車

昼に小山での用事を済ませ、時間があったので下館までやってきました。

Img_7680

「不思議な銅像の下館駅」
ここから真岡まで行き、折り返しSLもおか号に乗ろうという魂胆です。でも本数が少ないので、まずは下館駅に来る列車を撮影から

そして、この列車に乗り込みます。が、駅に入ってみると関鉄ホームに首都圏色のキハ30がいるじゃないですか!

Img_7681

「キハ101」

出発まで見送って、ようやく真岡鉄道に乗り込みます。ああ忙しい(笑)

Img_7686

「モオカ14形」
30分ちょっとで真岡駅へ到着。ここで30分ほど待つと茂木から来る下館行きのSLもおか号で帰ることが出来ます。

しかし、のんびり待っている暇はありません。真岡駅は機関庫もあるので、ここでも色々と忙しいのです。

Img_7697

「DE10 1014関西フレートサービス色」
KFSのロゴがまぶしいDE10はここで部品取りとなってしまったのでしょうか。出来れば貨物駅で元気な姿のときに会いたかったですね。そうこうしているうちに、すぐにC12がやってくる時間です。ああ、忙しい(笑)

 

Img_7708

「C12 SLもおか」
もちろんC12は嬉しいのですが、50系客車に乗れるのも嬉しいんですよね。

Img_7709

「オハ50」
そして列車は下館駅に到着。そうすると下館駅で待機しているDE10 1535が後ろに着きました。

Img_7718

「いい雰囲気です」
このまま回送なのかと思っていたら、真岡まで客扱いするんですって!!つまりDE10牽引の50系客レなんですよ!これは知りませんでした。

もちろんSL整理券も必要ありません。次はこの列車に乗りに来たいですね(笑)

posted by つかさ at 23:26 | Comment(0) | 旅行記

2011年05月14日

グランシップ&静岡ホビーショー、結局グルメ旅

静岡ホビーショーとグランシップで行なわれるトレインフェスタ。どちらも気になっていたのですが、今回初訪問を果たしました。まずは横浜から踊り子に乗車、少し遅めに出ました。

Img_6299

「踊り子で三島へ」
小田原で951レを済ませていたモデラーさんと合流、三島までやってきました。

「踊り子を見送る」
ここからは普通電車です。これには訳があって、モデラーさんオススメの桜えび定食を食べようという算段です。

「由比に到着」
あまり良く見えなかったけど、撮りたかった951レに遭遇できました。

「由比でさらに増結」

この列車でたろうさんも合流。男3人グルメ旅、まずは由比駅前で桜えび定食です。これがまた美味い!

食べ終わったら会場へ、その前に寄り道して草薙で静鉄に乗り換えです。この草薙乗り換えが後々に効いてくる事に・・・

「静鉄乗車」
静鉄に乗って降り立った地はAE(アナハイムエレクトロニクス)

Img_6327

「ではなく・・・」

Img_6335

「静鉄長沼工場」
一般公開されているデワ1を見学。

Img_6346

「デワ1」
バッファー付きとはすごいです。こじんまりした車庫ですが、模型的視点では大いに楽しめました。

「小ぶりな駅に併設が良い」

Img_6351

「激しい分岐」
これを作るならピコの小型ポイントが大活躍しそうですね。ミニマムサイズだけど車庫の線路をいっぱい引きたいときに、ここを再現すると楽しい感じでしょうね〜

ここからは歩いてグランシップへ移動。

Img_6352

「大きいヨーロッパ型」
カッコイイ!そして作りこまれた風景で一際目を引いたのがこちらのモジュールでした。

Img_6360

「草薙駅前」
これはすごい!さっき乗り換えたときの記憶が鮮明に甦ります!東海道新幹線の位置など特徴的なところを余すところ無く再現されています。素晴らしいです!

Img_6357

「静岡貨物駅がモチーフ」
手前の鉄橋が静鉄なんだと思います。こちらももっと近くで見たかった!

Img_6355

「新幹線レーン」
やっぱり大カーブはいいです!欲しいなぁ〜大カーブ。直線部も単に高架線レールを組むのではなく、しっかりと築堤状にしているのも効果的ですね。

他にはこんな展示もありました。

Img_6367

「あのHM」
日本を救った列車です。じつは薄い板に印刷したものを上からビニールシートで押さえているのでした。裏を見るとガムテープで急ごしらえされたのが分かります。

グランシップを楽しんだら、今度はツインメッセへ移動。なかなか忙しいです。

Img_6369

「ホビーショーへ到着」
出展企業はプララジショーとあまり変わりは無いんですね。抜粋するとこれが気になりました。

Img_6377

「ジオコレ、コンビナート」
値段がなかなかですが、このセットに限り塀と配管がいっぱい付いてくるらしいですよ。

Img_6378

「自宅で工場萌え」
一緒に展示されていた日本触媒のローリー車は製品化されるんでしょうか?聞いてくれば良かったよ。

という事で、散々歩き回ってヘロヘロになりました。静岡駅に着いたときには心が折れそうになったけど、どうしてもおでんが食べたくて寄ったのがコチラ

 

これがまた大当たり!食が一番印象に残った旅でした。同行していただいたお二人、ありがとうございました〜

posted by つかさ at 23:51 | Comment(2) | 旅行記

2011年01月29日

西上田、坂城訪問。ついでに別所温泉

大宮7:02発のあさま557号に乗って降り立ったは上田駅。

Img_7729

「信州色の115系がお出迎え」
ここからしなの鉄道に乗り換えて長野方面へ1駅でOTの油槽所がある西上田駅へ着きます。構内を見渡せばそこにいたのはタキ43000のトップナンバーが!

Img_7733

「これはいい事がありそうだ」
そして幸先もよく待ち構えるのは8:34着の5772レです。貨物時刻表には土日ウヤと書かれていますが、これは発駅基準だからなのか今が繁忙期なのか、土曜日ですがちゃんとやってきてくれました。

この後、転線をして側線へ取り込まれたらスイッチャーが動き始めます。

 

Img_7799

「入換が終わったら形式写真を撮影」

そして一通りスイッチャーのショーを見終わったところで奥野さんと合流。なんと二塚から始まって高岡、昨日も信州4ヶ所を巡って4日目なんだとか(笑)まったくこの元気さには敵いません。そうこう雑談していると169系復活国鉄色が通過!

そして坂城へ移動すると64重連がお出迎えです。

 

Img_7815

「カッコイイ!」
ちょうど返空の2085レを組成しているところに出くわせたのですが、時刻表よりちょっと時間が早く(15分くらい?)出発シーンは撮れずじまい。そうこうしていると、これまた少し早めにEH200牽引の5774レが進入。

EH200が離れるシーンで起動音も撮れました。

そして入換の始まり〜

Img_7841

「本日2ヶ所目のスイッチャー入換」

Img_7906

「流し撮り!」

Img_7930

「入換完了!」

Img_7830

「予備機もゲット」

Img_7945

「ついでにしな鉄の169も」

ということで一日に2ヶ所もこんな手軽に撮影出来るなんて、タキ43000のトップナンバーも見れた事からやっぱり運が良かったようですね〜

 

このあと上田でお昼を食べたら奥野さんとは分割。別所温泉に行って一緒に来てくれた奥さんの労をねぎらいます。

Img_7955

「別所温泉駅」

これに乗りたいからだろって言われたら、まぁそうなんですけどね〜(笑)

Img_5692

「別所温泉 大湯」
公衆浴場は150円で入れます。これで寒い身体を癒して帰りは高速バスで帰りました。新幹線の半額で行けちゃいますが時間は倍以上なので、使い分けですね〜

posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | 旅行記