2010年04月05日

イタリア旅行(5日目 ローマ編1)

寝台列車でローマに着いたのが朝の7時、チェックインにはさすがに早いだろうと思い、またしても心のよりどころ、マックへ行って朝食を取りながら時間を潰しつつ、朝10時に行ってみると当たり前のようにチェックイン出来てしまいました。

Img_0769

「オペラ座」

Img_0757

「ローマ三越」

これで予約したホテルもすべてちゃんと取れていて一安心、ホテルはオペラ座の裏手にあり、見慣れたマークの三越も近くのかなり良い立地でした。何といってもテルミニ駅から近いので動きやすいのが良かったです。

Img_0772

「どちらもとても美味しいピザでした」

まずは適当に見かけたピッツェリアで昼食を取りつつ近場のこちらへ行くことに。

Img_0786

「コロッセオ」

Img_0794

「コロッセオ内部」
なんともデカくて壮大な遺跡です。写真ではその大きさは表現しきれないですね〜それでも地球のあらゆるところから観光客がやってきて、皆がしきりに写真をパシャパシャ撮っていました。しかもほぼ99%日本製のカメラってところが、日本人として誇らしい気分になります。

でも、50代ぐらいのオバサンに写真撮ってくれって言われて渡されたのがiPhoneだったのは、欲しいけどまだ買っていない自分としては悔しかったりしました(笑)

Img_0851

「パラティーノの丘からフォロ・ロマーノの眺望」

Img_0884

「フォロ・ロマーノからパラティーノの丘を望む」
コロッセオのすぐ隣にはローマ時代の遺跡が残っています。こちらは正に「ラピュタ」を連想させる佇まいでした。ここが元になってるのかな?青々とした芝生がいかにもな感じです。

Img_0880

「今年の初花見はローマでした」
この日は天気も良くポカポカなため歩き回るには絶好の気候でしたが、昼ごろから回って夕暮れになるまで時間が掛かる規模の遺跡なので、何しろ歩きつかれてヘトヘトです。Img_0915

「FIAT500旧と新」
疲れたとか言いながらも、まだまだローマを満喫したいのでブラブラと散歩しながらの帰り道、グッとくる並びを見掛けました、どっちもカッコイイ!

Img_0933

「夕飯:SANTI」
ここも鉄板、地球の歩き方に乗っているお店です。日本語訳の書かれたメニューもあり、他のお客さんも半分くらい日本人でした(笑)

Img_0923

「モッツァレラチーズとトマト」

Img_0926

「カルボナーラ(日本語訳:卵きしめん)」

Img_0929

「ミラノ風カツレツ」
卵きしめんにはやられましたが、どれも味は間違い無しで美味しかったです。まったくヴェネチアとは大違い!

Img_0935

「POLIZIA」
帰り道で見かけたパトカーはなんとアルファロメオです。カッコイイですね〜さすがイタリアだ!

posted by つかさ at 22:55 | Comment(0) | 旅行記

2010年03月31日

イタリア旅行(寝台列車乗車編)

ヴェネチアの夜も更けて、いよいよこの旅のメインイベント(?)寝台列車に乗車してヴェネチアからローマへ向かいます。

Img_0661

「さらばヴェネチア」
あんまりおいしい料理に出会えず、しかもピザとパスタしか食べてなかったので全く野菜を取れずにいたため、休憩がてら入ったマックでサラダを注文してしまったりもしましたが、街歩きは思ったとおりの楽しさで、良い思い出になりました(笑)

しかし、出発時間23:30までには時間がまだあるため、駅近くのチェーン店レストラン「brak」で夕食をとりました。ちなみに荷物はホテルをチェックアウトしてすぐに駅構内にある荷物預かり所へ預けてあります。ここは23:50まで開いているようで、非常に助かりました。

Img_0662

「店内」
夜遅い時間は心配でしたが、店の雰囲気は明るくて22:00まで開いているので時間つぶしにはもってこいのお店です。ただ、ビュッフェ形式なので注文はなかなか大変です。

Img_0663

「ふたりともパスタ」
結局、無難なものになりました(笑)地球の歩き方に書いてあるお店だったので味は外しませんでした、しかも料金もチェーン店なので比較的安めで、ようやく満足出来る料理に出会えた気分です。

Img_0677

「駅待合室」
食事の後、残り時間は駅の待合室にいました。ここはコンコースとは離れた場所にあり、また明るいため列車を待つには最適の場所です。まぁ時間を潰さなくても色々な国際夜行列車を見ることが出来るので、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

Img_0650

「花の都、パリ行き」

Img_5770

「こちらはミュンヘン行き」

Img_5778

「増結中」

ミュンヘン行きの列車を撮っていたら、おもむろに機関車がもう一台やってきて重連になりました。

Img_5785

「機関車2両に客車3両」

そうこうしているうちに、いよいよ自分たちの番です。

Img_5802

「23:30発ナポリ行きICN771」

ナポリ行きのIntelCityNotte771 MarcoPolo号です、乗車区間はローマまで。興奮も最高潮ですよ!!

Img_5811

「列車入線」

Img_5816

「牽引機進入」

ヴェネチア・サンタ・ルチア駅は頭端式の駅なので、客車を牽引してきた機関車は切り離され、牽引機があとからやってきます。

Img_5818

「乗車側ホームへ移動」

Img_5819

「8号車」

客車5両のうち、後ろ2両はクシェットと呼ばれる謂わば開放B寝台のような客車で、乗車する8号車は個室寝台になっています。ドアの外にはパーサーが立って検札しており、ここで日本から印刷してきたオンラインチケットを見せて、車両へ乗り込みました。

Img_0692

「車内」

車内へ入るとここから乗る客はほとんどいないのか、国内の寝台特急乗車時と同様に写真をパシャパシャ撮りまくっていたら、若いパーサーのお兄さんが写真を撮ってくれました。そんなサービスも嬉しい感じです。

Img_0682

「洗面所まで付いている!」

個室3段寝台ですが2段での利用です。洗面所も付いており、設備はとてもキレイでした。廊下には防犯カメラまで設置されています。このレベルだと日本ならA寝台ですね〜ちなみにウェルカムドリンクではないですが、ペットボトルの水が1人1本備えてあります。扉は内側からカギを掛けられますので防犯も心配なしです。

Img_0696

「ワゴン・リ社」

備え付けのハンガーにはかつて国際寝台列車運行会社だったワゴン・リ社の文字が刻印されています。なるほど日本の寝台特急とは違いサービスがいい訳だと、妙に納得してしまいます。車内の確認も一通り済ませ、朝は7時到着と早めなので早々に寝ることとしました。憧れのバッファ連結器の客車、それも寝台車ですので堪能しない手はありませんしね!

寝心地はと言えば、連結器ショックは全く無く心地よい揺れに身を預けてグッスリと寝れました。ブルートレインにあるあの「ガチャンッ!!」が無いだけでここまで良いものかと驚きです。そんな訳で朝を迎えると、パーサーからモーニングエスプレッソが届きます。

Img_0703

「モーニングエスプレッソ」

なんとも小粋で嬉しいサービスですね、エスプレッソなあたりがさすがイタリア!と思わせてくれます。嬉しくてパシャパシャ写真撮って、チビチビ飲んでいたら冷めてしまい、最後は微妙な味だったのはナイショです(笑)

Img_0730

「ローマ・ティブルティーナ到着」

定刻でローマに到着しました。列車はこの先のナポリまで行くため、テルミニではなくティブルティーナに止ります。帽子を被っている人がこの8号車のパーサーの方です。ちなみに、見てのとおりの段差なので、乗るときも降りる時もスーツケースの上げ下げには一苦労でした。まぁこの列車ではパーサーが手伝ってくれます。

Img_5829

「牽引機E402.043」

朝起きて列車を見たらビックリ、編成が伸びていました。どこかで増結したようです。


Img_5840

「列車はナポリへ」

列車を見送り無事に寝台列車の旅を満喫出来ました。治安など心配に思っていた点も個室を選んだため全く問題無く楽しめました。

こうなってくると乗った車両が欲しくなるのが運命なのです(笑)後日、探し歩いて行き着いた「チムニー」という模型店で非常に詳しく教えていただき、ACMEというメーカーから最近発売されたLUNA号セットに今回乗車したMU型客車が入ったセットがあるという事がわかりました。

残念ながら手には入らなかったのですが、今まで全く興味の無かったヨーロッパ型にすっかり魅せられてしまいましたよ(;´∀`)

この後はローマ市内観光へと向かいます。

posted by つかさ at 21:35 | Comment(0) | 旅行記

2010年03月27日

イタリア旅行(3,4日目 ヴェネチア編)

ヴェネチアに着いて一泊した朝、前日にどうしょうもなく眠くてサッサと寝てしまった反動で、朝は5時に目が覚めてしまいました。そこで夜明けを見計らって散歩へ出てみることに

Img_5611

「サン・マルコ広場を独り占め」

正に早起きは三文の徳ですね、こんなサン・マルコ広場日中じゃ考えられません。日が昇り人々が集まるとこんな具合です。

Img_0367

「ひとだらけ!」

と言うことで、ヴェネチアの二日間はたっぷりと名所観光&散歩に繰り出しました。

Img_5543

「鐘楼、サン・マルコ寺院、ドゥカーレ宮殿」

Img_0384

「鐘楼から街を眺める」

3日目はサン・マルコ広場周辺を重点的に回り、4日目は主に東側を回り、大信者会やアカデミア美術館などを見て回りました。

Img_0608

「アカデミア橋からの大運河の眺め」

Img_5512

Img_5582_2

「街中は路地と水路だらけです。」

ものすごくアッサリと書いていますが、実際は殆んどの時間を観光に費やしています。目にするものすべてが楽しく町並みから多くの文化財や美術品などなど満喫してきました。でもその間隙を縫って駅撮りもしちゃいましたよ。

Img_5715

「サンタルチア駅」

Img_5730

「リベルタ橋から駅へ進入」

Img_0503

「オーストリアの寝台車」

Img_0509

「D445.1044(ディーゼル機です)」

さすがヴェネチアなのでしょうか色々な車輌が見れましたが、その中で一番嬉しかったのがこの車輌でした。

Img_0512

「D245.2236」

Img_5725

「逆エンド」

構内入換用と思わしき3軸ディーゼル機関車です。見てのとおりジャック軸機で、日本ではもうお目にかかることは難しいであろうタイプの機関車がイタリアの地で見れてしまったのには感激です!塗色も他の車輌はXMPR色になっていますが、これは渋い緑色がたまりませんね〜

そんな訳でヴェネチアの観光もしっかり楽しみながらも、鉄活動も忘れず楽しみました。しかしながら唯一残念なのが食事で、観光地料金の高さと味のにはションボリなところが多かったです。

Img_0569

「唯一、ヴェネチアで旨い!と思ったピザ」

次はいよいよメインイベント、ヴェネチアからローマへ寝台列車で向かう時間が迫ってきました。次回は寝台列車乗車レポートです。

 

 

posted by つかさ at 23:04 | Comment(0) | 旅行記

2010年03月23日

イタリア旅行(2日目 ローマからヴェネチアへ)

今日は昼前の列車でヴェネチアへ移動します。移動といってもそこは鉄道マニア、自分の中の期待度は相当高いですよ!

朝起きてからイタリアのホテルの朝飯を初めて食べました。普通にパンとカプチーノなのですが、そこはイタリア。朝から旨いチーズに舌鼓を打ちました。

Img_0209

「駅が見えます」

ホテルを出ると駅がすぐそこに、こんな近い場所にあったんですね。明るいと良く分かります。

Img_0213

「テルミニ駅」

列車の出発まで時間もあまり無いし荷物もあるので、駅で撮り鉄に興じることに。

Img_5388

Img_5394

「ETR500やE444」

イタリアの駅は総じてホームが低いのでホームでの撮り鉄でもサマになって楽しいです。何より雑誌でしか見たこと無い車輌や今まで見たことも無い車輌が目の前に行きかうので楽しいです。

Img_5410

「ES Italia AV 9408 FRECCIARGENTO」

そしていよいよ列車に乗車します。今回乗車する車輌はETR600 ”FRECCIARGENTO(銀の矢)”でした。

Img_5427

「奮発の1等車」

車輌は2+1列シートですが席を予約したら2列席横並びでした。しかもボックス席なので前に知らない人が乗ってきます。ドキドキしながら席に向かうと、なんとそこには日本人のご夫婦でした。お話を聞くと旦那さんが定年をされて旅行をしているとのこと。イタリアにまで来て向かいが日本人だと正直微妙でもありますが、しかし長い旅路で色々なお話も聞けて、結果リラックスして旅を楽しむことができ非常に良かったです。

Img_0253

Img_5451

「イタリアの車窓から」

はじめは春を感じさせる草原の丘を見れましたが、フィレンツェを越したあたりから雪景色になったりして、なかなか変化に飛んだ車窓。カーブで振り子機能をめいいっぱいに振ってイタリアの地を駆け抜けました。

Img_0260

「ウェルカムドリンク」

車内の様子はというと、走り始めてすぐにウェルカムドリンクと新聞のサービスがあります。まぁ新聞はもらっても読めないのでパスしました。

Img_0273

「ビュッフェ車内」
もうひとつの楽しみだった食堂車はETR600にはありませんでした。これはかなり残念・・・それでもお腹は空きますからビュッフェで軽食を取ることに。

Img_0275

「厨房」

声を掛けても今やっている仕事が終わるまで相手をしてくれません。それがイタリア流。次の順番が来るまで注文もお預けです(笑)

Img_0271

「車輌見取り図」
車内に座席表のような見取り図がありました。

Img_0276

「結局これだけ」
カウンターでメニューも手元に無く、何があるか良く分からないので身振り手振りでようやくこれだけ頼めました(笑)それでも味はスパイシーでなかなかおいしかったですよ。そんなこんなであっという間の4時間半の旅も終わりが近づきます。

Img_5465

「海に掛かる橋を渡る列車」

Img_5469

「ついに到着!!」

Img_5485

「ヴェネチア・サンタルチア駅」

ETR600での乗り鉄旅も無事完了です!車内も車輌も車窓もどれもが魅力的なイタリア鉄を満喫しきりましたよ〜ここで余韻を楽しみながら駅で撮り鉄とも思いましたが、ホテルが駅から少し遠いため、サクっとバポレット(水上バス)へ乗り込みます。

Img_5498

「水上からのリアルト橋」

Img_5506

「水上バスはこんなの」

最寄の船着場はリアルト橋のたもとでした。ここから迷いながらも数分歩いてホテルへチェックイン完了!サンマルコ広場が歩いて数分なので、軽く覗いてみることに。

Img_5517

「夕焼けのサンマルコ広場」

人がまばらですが、それでもまだ大勢の人がいました。この後夕飯を食べて(味が微妙だったため省略!)ホテルへ帰ったらすぐに寝てしまいました。ヴェネチアにはここから2泊します。

Img_0339

「ヴェネチアの草刈正雄」
イタリア人のオジサンはかっこいい人が多いです(笑)

明日からはヴェネチア島内を巡ります。時間があればもちろん駅で撮り鉄も・・・

posted by つかさ at 22:15 | Comment(0) | 旅行記

2010年03月21日

イタリア旅行(1日目 東京〜ローマ)

3/11からイタリア旅行へ行ってきました。

初日はもちろん成田から出発です。スカイライナーで成田空港へ向かい、ローマへ直行便で飛び立ちます。

Img_0084

「日航 JL409/アリタリア-イタリア AZ7789」

航空券はアリタリアのHPでバーゲンセールをやっていたので直接ネットで取りました。(なんと2名往復で17万円!これは安い!)そしたら行きはコードシェアでJL409に。

Img_5338

「機材は747-400」

いつ見ても何でこれが飛ぶんだろって思いますね(笑)でもしっかりとローマまで連れて行ってくれました。ここから12時間のフライトが始まります。

Img_0099

「最初の機内食、たいめいけんのキーマカレー」

長丁場のフライトで楽しみといったらコレしかありませんね。AZ7789は12時に出発なので、飛行が安定したらすぐに昼食が配られました。キーマカレーはなかなかの美味です。もちろんさっさと寝てしまうためにお酒も欠かせません

Img_0116

「シベリアを渡り」

Img_0108

「ロシア上空」

Img_0125

「ヨーロッパへ」

飽きるほど長い12時間のフライトのうち、ほとんど4/5はロシア領内だったんじゃないかって思うほどずーっとロシアでした。機内ビデオも飽きて、うたた寝からも覚めて、いよいよ暇をもてあましそうになったところで、2回目の機内食です。

Img_0126

「パスタ(選択の余地無し)」

味とかを言う前に、これから本場の地で美味いだろうパスタを毎日食べられるのに、何も今このタイミングでって思います(笑)

Img_0131

「ローマ・フィウミチーノ空港」

そしてついに12時間の我慢大会を乗り切りイタリアの地へと足を踏み入れました!!

Img_5340

「入国審査」

パスポートにどんなハンコが押されるか楽しみだな〜なんて思っていたら、パスポートを手にも取らずチラ見しただけで、何もせずに通されちゃいました。そんなんでいいのーなんて心配になるくらい何も無し、ハンコもナシでちょっとガッカリでした。

Img_0147

「初めが肝心」

何はともあれ無事に入国出来たので、空港内にあるピザスタンドで祝杯の初ピザです(笑)味はやっぱり本場って思える美味さでした。やっぱチーズの味が旨い!

Img_5342

「FSのフィウミチーノ空港駅」

腹ごしらえを済ませたらいよいよローマはテルミニ駅へ向かいます。しかしここはテルミニまでノンストップのLeonardoExpressに乗車すれば楽々着いてしまいます。きっぷは自動券売機の使い方が分からず窓口で購入、おひとりさま11ユーロでした。

Img_5355

Img_5357

「レオナルド・エクスプレス入線」

列車は普通列車なので座席指定もありません。乗り込んだ勝ちですが、日本と違い乗車の列なども無いので戸惑いますが勢いに任せて乗車しました(笑)

Img_5359

「E464.161」
12時間の缶詰から開放されて、いよいよ撮り鉄が出来るとウハウハしてしまいます。

Img_5361

「車内の様子」
空も暗くなり、車内が薄暗くてチョット不安になりますが、基本的に空港直通列車はアヤシゲな人もいないようです。スピードは快調とは言えず、終始ノロノロと走りながらローマ・テルミニ駅へと着きました。

Img_5362

「ETR450 ペンドリーノ」

テルミニ駅は26番線くらい?まである頭端式の巨大駅で、阪急梅田の倍以上あるイメージです。さっそく一番見てみたかったETR450を見かけたので撮り鉄をしましたが、さすがに暗いし疲れたので、お楽しみは取って置いてすぐにホテルへチェックインしました。

Img_0183

「HOTEL COROT」

地球の歩き方のHPで予約したホテルです。テルミニ駅出口から徒歩1分の超便利な立地で、大きい荷物を持って石畳を歩く身にはありがたい場所でした。

Img_0177

「初めてのイタリア飯」

駅前のレストランでサクっと済ませたというか、暗くて慣れてなく不安なので近場しか行く気無かった感じです。しかし、さすがに本場のカルボナーラはおいしかったです!

明日はローマからヴェネチアへ向けて旅立ちます。

posted by つかさ at 22:12 | Comment(2) | 旅行記

2010年02月15日

北陸ツアー 2日目(2/13)

高岡の朝は起きたら一面真っ白、トワイライトの停車を撮ろうと駅へ行ったのに運転日でなかったのでした(笑)

Img_5180
「万葉線」

じゃんじゃん雪が降る中、モーニングビュッフェを食べ過ぎ重くなった腹を引きずりながらも2日目が始まります。

まずは万葉線に乗ってみました。前日のセントラム、ライトレールでLRTには食傷ぎみで、古い車両に乗りたかったけど、やってきたのはこの車両。
Img_5185
「運転台」

なかなかにカッコイイ運転台ですね。さらに、車内放送が立川志の輔でなかなか楽しい車内でした。

Img_5188
「米島口の車庫」

まずは目的を果たすべく、車庫の最寄電停へ降り立ちます。

Img_5189
「目的のラッセル」

んん〜これはカッコイイですねぇ!この車両が動くところを見たいものですが、今日は動く事もなさそうです。

前日にたっぷりと鉄活動をしたので、今日の鉄はこんなものでおしまい。早速高岡駅へ折り返し金沢を目指しました。

Img_5219
「ひがし茶屋街」

Img_5233
「金沢城公園」

Img_5237
「兼六園」

Img_5279
「尾山神社」

Img_5287
「武家屋敷」

金沢に着いてからは周遊バスを乗り継いで効率的に街巡りが出来ました。兼六園に行ければとしか思っていなかったのですが、奥さんがご所望の観光地をすべて巡れて大満足です。

そしてこの後は所用を済ませるため羽咋へ。七尾線は初乗車、和倉温泉行きのサンダーバードでかっ飛びます

Img_5300
「羽咋駅」

この雰囲気の駅、昭和でありいかにも国鉄っぽいところがいいですね〜しかし、この駅舎がこのまま数十年後には木造駅舎のように歴史価値が出てくるのだろうかと余計な心配をしてしまったりもします。

Img_5302
「UFOの街、羽咋」

曰く、羽咋はUFOが良く見れるとのうわさの町で、だから電灯もUFOなんだとか。しかし、ここ10年はUFOが語られたりテレビで特集を組むことも無くなりましたねぇ〜

やおいと言えばかつては純一だったんですけどね(笑)

P1030816
「またも魚介尽くし」

ここで食べた刺身はそれはもう最高でした。ブリカマも旨いのなんのって(゚Д゚)<カロリー

そんな訳で旨い魚をたらふくご馳走になり所用も済んだところで、いよいよ帰路へ着きます。帰りは時間も遅いため、415-800でのんびりと金沢へ。

Img_5311
「デッドセクション通過中」

ここでようやく、そういえば七尾線は直流電化だったんだと認識。

Img_5322
「帰りも北陸で帰ります」

金沢駅は廃止となる2列車が並ぶため、上野より人が集まっていました。

P1030824
「酒が旨い」

楽しい旅の記憶をたどりながら、寝台で酌み交わす酒は旨いですね(´∀`)次に金沢へ訪れるのは、新幹線が開業してからになるのでしょうか。

posted by つかさ at 23:29 | Comment(2) | 旅行記

2010年02月14日

北陸ツアー 1日目(2/12)その2

昼ごはんを食べて暖を取ったら活動再開です。

Img_5073
「話題のセントラム」

Img_5074
「グレーのセントラムに乗車」

この前開通したばかりの市内環状線に乗りました。途中で乗り継いで南富山へ向かいます。

Img_5095
「南富山駅」

ここからは鉄道線の不二越線に乗車して稲荷町へ行きます。

Img_5113
「やっと会えた!!」

元西武5000系の16010系です。ここぞとばかりに細かい写真を撮れましたよ〜

Img_5109
「3両編成」

この編成の増結クハには連結妻面に貫通戸が無いのが面白いですね。

Img_5117
「デキ12020形」

これも富山地鉄特有の東芝製電機ですね。非常に興味深い形をしています。

Img_5132
「また移動」

サラッと撮影出来たらまたまた富山駅へ移動します。まったく1日に何回戻ってきてるんだか(笑)

Img_5136
「HM集」

地鉄富山駅には壁際にHMが置いてありいい雰囲気でした。

Img_5140
「ポートラム」

今度は市電と反対側へ向かいポートラムへ乗車しました。思えば富山港線だったときに工場長と乗って以来です。ずいぶん変わったもんですね

Img_5144
「岩瀬浜」

とりあえず終点まで行って、すぐに折り返してきちゃいました(笑)さすがにこれだけやれば疲れてきます。今日の宿泊は高岡なので、早々に移動しました。

Img_5161
「高岡到着」

DD15が奥の方に見えます。氷見線ラッセルを期待してわざわざ高岡に宿を取ったのですが、これだけ雪が無ければ期待は出来ませんね・・・

Img_5175
「ハットリくん列車」

ひとまず宿に荷物を置いたら、飲みに行く前に氷見線をひと往復

P1030804
「地の魚介を堪能」

宿から近い場所に見つけた居酒屋は大当たり!美味い刺身や焼き魚を楽しめました。

P1030808
「〆は氷見うどん」

昼間の強行軍に酒も相まって、北陸をバルブする余裕も無く1日目は就寝です

>>2日目へ続く

posted by つかさ at 22:25 | Comment(2) | 旅行記

北陸ツアー 1日目(2/12)その1

奥さんの強い希望(実話)で、能登か北陸で北陸旅行へ行きたいと話していました。しかし北陸フリーきっぷは新幹線でも寝台特急北陸でも金沢へ行ける便利なきっぷ。とあらば北陸に乗らない手は無いですね。

Img_4894
「13番線入線」

Img_4903
「人だかり」

13番線ホームはものすごい人だかりが出来ていました。もうのんびり写真なんて雰囲気ではありません。まぁ自分もこの祭の一員なんですけどね(;´∀`)

乗車したのは8号車15列の上下段。個室は取れなかったのですがここの寝台は向かいが居らず半個室状態なので、奥さんが初めての開放B寝台なのでちょうど良かったです。

Img_4943
「金沢到着」

列車は出発時点での30分遅れをそのまま引きずり金沢へ到着。上段に寝た自分はあまり寝付けなかったのですが、奥さんは下段でゆっくり寝れたようでなによりです。これで今回の旅行の7割は目的達成したようなものですね(笑)

ここからはフリーきっぷを生かし、特急の自由席で富山へ戻ります。

Img_4968
「高山本線キハ58」

Img_4978
「速星行き貨物」


北陸の遅延により組んでた予定は総崩れでしたが、おかげで富山到着時に国鉄色のキハ58や速星貨物が見れました。

Img_4987
「大目玉」

こっちにはまだデカ目の車両がいたんですね〜いいものを見れました。富山から普通電車に乗り継いで撮影地最寄の東滑川へ

Img_4990
「東滑川到着」

とりあえずwaldさんに教えてもらったと撮影地へと来ましたが、明らかに来る季節を間違えているような、そもそもとる場所を間違えているような・・・でも後へは引き返せないので頑張って雪深い土手をラッセルしながら線路端へ

Img_5010
「さっそく登場!」

現地へ着くなりいきなり現れた本命車両!もうアングルもへったくれも無く、とりあえずカメラへ収める程度でしか取れません

Img_5030
「左を向けば北陸本線」

富山地鉄か北陸本線が頻繁にやってきてくれるので、時間をもてあますことはありませんでした。

Img_5033
「地鉄オリジナル車」

Img_5039
「元京阪」

不勉強なので形式はさっぱりですが、楽しめました。しかし、風こそ吹いていなかったものの雪中行軍は身体に堪えるので早々に引き上げです。

Img_5041
「来た道を戻る」

こんなところまで連れて来られた奥さんはホント大変ですよ(笑)

Img_5042
「越中中村」

ここから富山へ戻ります。田んぼの真っ只中の無人駅に列車が来てくれる当たり前のことにも、冷え切った身には非常にありがたいですね〜

地鉄富山へ着いたら昼食へ、食事の取れる店を探し街をふらついたら、まるで昭和に戻ったかのような町並みに出会いました。

Img_5058
「怪しい街並み」

Img_5061
「富山シネマ」

Img_5064
「主もいました」

ようやくここで1日目前半を終了、こんなに濃いぃのにまだ半分です(笑)

>>その2へ続く

posted by つかさ at 21:58 | Comment(2) | 旅行記

2009年11月29日

鎌倉紅葉狩り

Img_4138
「大宮 8:08発」

鎌倉へ紅葉狩りに出かけてきました。せっかく(!?)なのでホリデー快速鎌倉号で向かいます。

Img_4146
「朝食」

朝が早いので駅弁で朝食です。買ったのは奥さんリクエストのおなじみ崎陽軒のシウマイ弁当。こころはすでに鎌倉へ行き勇んでます(笑)

腹ごしらえを済ませたら、早起きの反動でグッスリ眠りたいところですが、今日はそうも行きません!車窓をしっかりと楽しみましょう。

Img_4160
「機関車も紅葉してます」

北府中ではなんと日車25トンが見れました。出だしは上々ですね(´∀`)

Img_4165
「多摩川を渡り」

手前に見えるのが南武線、走っているのは武蔵野南線です

Img_4171
「梶ヶ谷貨タ駅通過」

これぞ武蔵野南線の醍醐味ですね〜これは寝てる暇なんてありませんよ

Img_4187
「鎌倉駅到着」

1時間40分ほどかけて鎌倉駅へ到着しました。しかしまだまだ終わりませんよ

Img_4211
「コレが本題!」

続行の電車で逗子駅まで行き、折り返し待ちの115系を存分に撮影出来ました!

やることをやったら後は観光です。北鎌倉は円覚寺へ行きました。

Img_4236
「紅葉真っ盛り」

Img_4255
「どこも真っ赤」

Img_4271
「見晴台から」

見晴台には茶屋があったので一休み。
Img_4269
「おしるこ」

冷えて疲れた身体に甘くて暖かいおしるこがこれまた最高です(´∀`)
Img_4280
「有名撮影地」

しかしどこもかしこも人だらけの大盛況でしたね〜この後は移動してお昼ご飯を食べに行きます。

Img_4287
「久里浜から乗り換えて」

Img_4296
「電車も紅葉」

まぁこれは一年中ですけどね(笑)横須賀中央までやってきました。もちろん海軍カレーと思っていたら、やっと見つけたお店は満席でぞんざいに扱われ、昼飯難民で彷徨った挙句、ようやく見つけた定食屋では大惨敗_| ̄|○メシでこんなに失敗してヘコんだのは久しぶりです・・・

Img_4299
「坂の上の雲」

前から行ってみたかった三笠も行きました。帰りは京急2100系快特で大爆睡、気付いたら品川でした(笑)

posted by つかさ at 22:39 | Comment(2) | 旅行記

2009年11月23日

秩父鉄道 110周年 ありがとうフェスタ

Img_4068
「特急ちちぶ」

いつもは熊谷や羽生から行くのですが、今回は趣向を変えて西武鉄道が発売している秩父フリーきっぷを使って三峰口へ向かいました。

Img_4072
「お昼ごはん」

デパ地下で買ったお弁当を楽しんだり

Img_4073
「高麗駅通過!」

車窓を楽しみながらの山登り秩父盆地へ。

西武秩父から御花畑で乗り換えですが、ダラダラしていたら乗り換えに間に合わず(笑)お陰で西武マニアさんと合流できましたが、予定の一本あとの列車になってしまいました。

Img_4089
「影森進入」

Img_4093
「門デフ」

結局会場では見れず、三峰口へ向かう列車ですれ違いました(;´∀`)

Img_4099
「会場到着」

なんと閉場10分前に到着という体たらく(笑)秩父オリジナル塗装の並びすら見れないという、何をしに行ったのだか分からない状況です。しかしここで、やましたさんヘッポコさんzuppeさんいけさんたろうさん夏目さんと合流。と言うことは・・・

Img_4121
「ホルモン!!」

もちろん秩父といえばホルモンでしょ〜まぁこっちももうひとつの目的だったので今回はこんなのんびりな旅となりました。
Img_4127
「かちわりワイン」

お店のポスターに出ていた名物らしいかちわりワイン(氷入りワイン)です。さらさらと飲めちゃって危険度が高いですよ〜

Img_4129
「戦利品」

10分前に到着した会場でゲットできました!昨日に続いてまたマグカップが増えた(笑)

posted by つかさ at 23:54 | Comment(3) | 旅行記