2009年01月02日

新年 初乗り

新年早々に18切符でぐるっと乗り鉄をしてきました。目指すは冬の大糸線キハ52!

Img_0011
「2009年1月1日 23:10発」

元日からこんな列車で旅に出ようとは一般人であれば呆れる話。しかし、だからこそコレがいいと自分に言い聞かせて向かった新宿駅は、前日ならば年越しの人でごった返していたであろうところも1日ずれるだけ人もほとんどおらず寂しいものでした。

そんな寂しさがさらにアホっぽさを増幅して楽しくなってきます(笑)

Img_0029
「食パンにも乗れました」

新潟からは115系を乗り継ぎ直江津まで、そこからは419系に乗り継いで糸魚川へ。

1行で書けるほどの行程ですが、実際は寝れないえちごを4:51に新潟で下りてからボックスシートの115系に揺られてるんだから、言うまでも無く残り体力10%くらいですよ(笑)ここまでで食パンのボックスシートが一番乗り心地良かったですね

Img_0032
「糸魚川到着」

Img_0053
「DD15」

レンガ庫、そしてDD15ついにお前に会えたぜ!とか変なテンションで感慨にふけながらも大糸線まで1時間半も時間があるので、ちょうどいいってんで初詣へ

Img_0043
「まともに初詣です」

初詣=明星セメント専用線跡を見るとかではなく、ちゃんと神社に行ってきました(笑)糸魚川駅から歩いて数分のところにこんな趣がある神社があったとは意外なものです。

しかも、おみくじを引けば大吉ですよ!こりゃ今年は良い事があるのか?それともここで運を使い果たしたのか!?文字通り神のみぞ知るってところで2009年に乞うご期待です。

そして神社とは駅を挟んで反対側にある海の見える展望台へ行ってみる事に。

Img_0046
「荒海」

寒いから3分もいられませんでしたけどね。そんなこんなで大糸線の発車時刻が近づきました

Img_0048
「準急色」

Img_0056
「田舎寿司とビール」

昼メシにはちょっと早いので10時のおやつです。昼からビールを飲んでも後ろめたくないのが正月のいいところですよね〜

Img_0061
「南小谷到着」

駅弁とビールで雪景色をたっぷり楽しみ南小谷に着いたところで行程も半分を過ぎました。

Img_0064
「ワイドビューしなの白馬行き」

南小谷からはE127に乗って、途中で白馬行きの臨時しなのに遭遇しながら信濃大町を目指します

Img_0074
「霜取りパンタ付きクハE126」

信濃大町で見かけたクハE126の霜取りパンタ車はいいですね〜Tcなのにパン付き、しかも前パンと来りゃモデラー魂がグッと来る訳で・・・あぁいけないモノを見てしまったなぁ・・・でもアリイ製だから今は手に入らない訳で、ちょっと安心です(笑)

信濃大町では駅近くの食堂で昼メシを食べてから臨時快速に乗車。食堂は場末感満点のある意味100点なお店。臨時快速は期待したけど115系でした。時刻表上では良く分からない快速で特急形を期待してたところなので、ガッカリしすぎで写真すらないですよ

そんなこんなで松本まで到着。ここから篠ノ井線で長野まで行きますが、時間があるので松電へチョイ乗りしてきました

Img_0082
「何駅だ?」

どこだかも分からない場所で降り、そのまま上り電車を待ちました。踏切のてっぺんに付いている鐘がいい感じです

そして、長野まで来たら本日2度目の初詣はこちら

Img_0098
「善光寺」

ここで20Dから50Dへの進化っぷりを高感度で堪能し本日の旅は終了。帰りは長野駅で駅弁とビールと日本酒を買い込み、プチ宴会をしながら新幹線でワープしてきました。

18時間ほど掛けて長野までたどり着いたのに、帰りは1時間半であっという間の帰宅と言うのは実に爽快なものですね。

posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | 旅行記

2008年12月19日

お座敷東金号で忘年会

こんな列車があるのを知りました(→お座敷東金号※PDF)こりゃ絶対乗りたーーいっ!てな訳で友人を道連れに行ってきました

Img_2239
「両国駅秘密の通路」

今日は赤絨毯が敷かれてイルミネーションまで!これは否応無しに気分が盛り上がります。

Img_2249
「そして3番線へ」

両国の3番線は、普段新聞輸送用の113系が発着するのみですが、今日は大イベントの様相で

Img_2244
「ニューなのはな」

車両は千葉支社の虎の子、ニューなのはなで運転です。

Img_2245
「快速」

列車は快速グリーン指定席での運転、幕は快速でした。

Img_2241
「車内」

ニューなのはなは、ボックスシートと座敷の2通りで利用できますが、今回は名前の通りもちろん座敷モードでの運転です!

Img_2242
「特設売店」

Img_2240
「相撲甚句」

ホーム上では臨時の売店で特製のお弁当やお惣菜系のおつまみなどが発売されているため、早めに行けば手ぶらでその場で購入しても楽しめます。

Img_2252
「特選おつまみ弁当」

これも駅売店で買ったものです。19:30発車ですが、18:30から客扱いをしてますので、早めに行って発車前からゆっくり飲んでられるのが嬉しい心遣いです。

もちろん自分達も18:30に行って、発車前に出来上がりそうな勢いで飲んでましたよ〜(笑)

Img_2260
「浅草みやげ」

今回参加のわっかーさんが浅草みやげを買ってきてくれました。相撲甚句を聴けて、浅草のみやげを食べて、なんだか東京下町を満喫できていい感じです

こんな感じで他のお客さんも色んなものを持ち込んだりしてみんな楽しんでいました。その中で一番GJっだったのは

Img_2248
「新旧なのはなの出会い」

これはーーっ!!良く分かってらっしゃる、もう素晴しいです!思わず写真を撮らせていただきました(笑)

そして列車は千葉を大網を経由して成東へ、途中で降りる方もいましたが最終的に半分ぐらいの乗客が成東まで乗車していました。

Img_2265
「成東着」

こっから帰るのは結構大変でしたが、列車はとても楽しめました。千葉支社はホントに粋な列車を走らせてくれたものです(´∀`)これが各方面の定番季節臨になればいいのになー

posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | 旅行記

2008年12月14日

岳南鉄道 機関車まつり

岳南鉄道が60周年記念で機関車重連運転を行うと聞いて行って来ました。
Img_0987
「いつもの521M」

185系による普通列車は朝が早いのがキツいですが18きっぷシーズンで無くとも心強い列車です。これを熱海まで利用し、乗り継いで吉原へ

Img_0997
「重連入線」

駅へ着いたらちょうど重連の機関車が入線したところでした。比奈へ移動する列車を1本落として、空いたホームで存分に撮影を行えたのはラッキーです。これで模型資料もバッチリ!!

Img_1023
「体験運転中」

ED501は体験運転のため比奈構内を忙しく往復しており、さながら入換中のように楽しめました。そして重連の機関車が比奈へ入線

Img_1038
「重連単機」

雨が強かったですが、重連単機も撮影出来たので岳南のお祭りは存分に楽しめましたよ。

ここでちょうどお昼になったので、富士へ移動して焼そばを食べます

Img_1080
「カツ焼そば(大盛)」

以前、富士へ来た時に見つけたお店へまた来ました。富士宮焼そばに近いモチモチした麺が絶品の焼そばです

そして腹もこなれたら帰宅です。18きっぷを利用して来ているので、新幹線でワープをせずにのんびり普通列車乗り継ぎですが

Img_1094
「修善寺まで寄り道」

三島から伊豆箱根に乗り換えて修善寺まで行ってみました。実は伊豆箱根は初乗車です。

片道30分で修善寺まで行って、そのまま折り返し。ちょうど7000系だったので前面展望を楽しめましたが、修善寺滞在5分ってどうなのよ!?(笑)今度はちゃんと温泉に行きたいところです。

と言うことで、いつもどおりの鉄分100%の旅でしたが存分に楽しみました

posted by つかさ at 23:59 | Comment(4) | 旅行記

2008年11月22日

さよなら20代、こんにちは30代

今日でついに30歳となりました。まぁなってみれば何てこと無く、30になっても40になっても、ずーっと鉄道マニアです。コレばっかりは変わりようがないですね(笑)ということで今日も今日とて銚子電鉄へ行ってきました

Img_0870
「しおさい」

東京駅地下ホームからE257系500番台に初乗車です。

Img_0875
「さっそく到着」

銚子は雲ひとつ無い快晴でした。これで自分の晴れオトコっぷりにさらに自信が付いたってもんです。そしてまずは仲ノ町の車庫へ

Img_0887
「デキ3」

ほんとうにちっちゃい機関車です。これが動いているのを見てみたいものですが、今日はかなり苦しい場所にありました。しかし、こんなピカピカで大事にされているのは幸せものですね

Img_0906
「外川到着」

このあとやってきた電車はデハ801!釣り掛けサウンドを堪能しながら外川まで乗車です。外川で昼食を取ったのですが、なんとも味わいのあるお店を見つけ、キンメの煮付けにビールで誕生日祝い。昼からビールなんて最高の誕生日です(笑)

Img_0929
「犬吠埼灯台」

ビールと金目の煮付けでお腹いっぱいになったあとは、海岸線をのんびり散歩しながら犬吠埼灯台へ。結構距離がありましたが楽しめました

Img_0939
「そして帰宅へ」

結局、濡れせんべいも食べたし、鯛焼きも食べたし、一日フリーパスでたっぷり銚子を堪能しました

Img_0941
「新宿しおさい」

そしてシメは新宿しおさいに乗車!錦糸町からの総武緩行線&中央線を楽しみながら新宿へ到着。

このあとは、誕生日プレゼントを買ってもらっちゃったり、銀座パノラマ新宿店に行ってみたりと最後まで濃ぃ旅になりました。

30の節目に最高の旅行を堪能出来ましたよ(´∀`)

posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | 旅行記

2008年09月02日

島根山口貨物ツアー 4日目

長い夏休みも最終日、今日帰れると思うとうれしいような、ちょっと寂しいような。といってる余裕も無く、駅に着いたらちょうどエンジンを始動しているところでした。

Img_0004
「1日が始まる」

どこで撮るかウロウロしている間もなく、昨日、岡見で撮影した列車が戻ってきてしまいました。とりあえず動き出しを撮ったら、長い直線があったので移動。と言えども今日は歩き鉄なため機動力ゼロ、あたふたしているうちに汽笛が聞こえたので、急いで線路際に寄ると

Img_0008_3
「もう動き出してました」

列車到着からものの数分で工場に向かって走り出します。

Img_0015
「大カーブを行く」

まぁ、予想外でしたがそれなりなんで良しとしましょう。

Img_0018
「とまれみよ」

トップページにと思ったけど、上手く行かなかったなぁ。この後は専用線を工場までウロウロ、そして汗だくに。こうなると、厚狭でレンタカー借りてってのもアリだったかなぁと少し後悔しちゃいます。

Img_0032
「赤ホキ通過」

遠くへ移動も出来ないので駅の通過を撮影。この後、宇部へ行ったら宇部線が50分待ち!ここで待ってたら赤ホキに追い抜かれてしまうので、急遽市営バスで宇部→宇部新川→松山町二丁目バス停へとバスの継走で賭けに出ることに!

Img_0044_2
「大成功!」

結果は、列車到着前にヤードへ着けました。しかも松山町二丁目バス停はヤードの最寄、宇部岬駅から歩くよりも近かったので大正解です。

Img_0053_2
「スイッチャーも撮れました」

どうも三菱のB-Aで間違い無さそうですが、このときはこの後昼休みになってしまい、手前まで出てきませんでした。そしてこれでタイムアップ。

Img_0059
「宇部岬で発車待ち」

宇部岬駅まで汗だくになりながら歩いて行き、出発を撮影したら新山口からN700系のぞみで帰宅です。ちなみに、このDE10 1575は8年前もこの場所で撮影してました、そのときは赤かったんだなぁ

Img_0076
「最後は100系こだま」

4両編成になった100系は今回初めてみたかも・・・

これで長かった貨物ツアーも終了。伯耆大山、岡見、美祢、宇部岬の4ヶ所も巡れて大満足です!それにしても山陽方面はまだまだいってない場所が沢山あるので、これからは西の方面を強化して行かなきゃなぁと思いながらの帰宅でした

posted by つかさ at 00:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行記

2008年09月01日

島根山口貨物ツアー 3日目

今日は5:30起床です。鉄旅行=普段より数段早起きって事で、休みなのに休めず疲れる夏休みも3日目。岡見貨物1発目は益田に着く前の山口線内で狙います。

Img_0005
「日原〜青原」

いやぁコレを目の当たりにしたときは、ホント頑張って早起きして良かったと感じました。何度ふとんの中で挫折しそうになったことか(笑)コレに気を良くしてやる気も出てきましたよ

Img_0017
「光り輝く重連DD51」

あぁ美しい!原色!重連!何もかもが素晴らしい!!自分はかつての八高線貨物を思い起こす訳ですが、ここでは今でも現役、でも今来て置く事に間違いは無いのが貨物列車ですね。列車はここで1時間ほど停車するので、自分もホテルに戻って朝食タイム。朝飯ものんびり食べてからチェックアウト出来るなんて、まるで撮影者を思いやってくれるかのようなダイヤ構成です(笑)

Img_0042
「海岸沿いを行く」

前日にロケハンを済ませていたので、ピンポイントで攻められます。

Img_0044
「石見津田停車中」

岡見までの各駅で交換があるため、何度でもオイシイ思いが出来ちゃうのも素晴らしい!

Img_0053
「鎌手出発」

爆煙が撮りたいので、跨線橋の上ではなく少し下がったところで狙ってみました。

Img_0061
「列車は三隅発電所へ」
Img_0083_2
「発電所到着」

構内入換のスイッチャーがいないと思っていたら、ここにはアントがいたんですね。しかし奥にいるため見れるのはこの角度のみ。なかなか厳しいです

Img_0107
「青浦の鉄橋」

そして返しは、定番中の定番!しかし来てみるとホント絶景なんです。さすが有名撮影地だけありますが、場所はなかなか難しいのと、アクセスが車が無いと大変!それなのにわざわざ岡見駅から歩いて来たツワモノの学生さんもいました。しかも東京から富士ぶさで、でもそれだけしてでもいい価値があるのがこの列車でしょうね

岡見貨物をバッチリ堪能したら、レンタカーを返してスーパーおきで新山口へ。ここでさすがに帰るだろうと思いきや、前にwaldさんにこの計画を話した時に「それなら美祢に行けばいいじゃん」なんて超ヒトゴト発言にそそのかされて、新山口から途中下車扱いで向かったのはここ

Img_0116
「宇部線の赤ホキ」

本日2ヶ所目の有名撮影地でございます(笑)ここに着くなり早々に列車がやってきたので焦りながらの撮影となりましたが、何とか間に合いました。

Img_0156
「厚狭で停車中」

Img_0139
「8年ぶりの再会」

なんとここでホキ9500のトップナンバーに再会(→8年前の遭遇)、こんなになってしまってとは人のことを言えないです。お互い歳をとったものです(笑)厚狭からは美祢線で美祢まで向かいます。

Img_0161
「明日のお題」

明日の先発予告は日立のロッド機です!こりゃ当りだ〜!

Img_0177
「赤ホキ通過」

厚狭で先行した赤ホキを美祢で迎え撃ちました。長い夏休みもあと1泊でおしまいです。

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2008年08月31日

島根山口貨物ツアー 2日目

ボロホテルも2日も滞在すると愛着が沸いて、チェックアウトも名残惜しいものです。人間の適応能力ってすごいね(笑)

Img_0141
「ゆったりやくもは良いね」

それはいいとして、日曜日と言う事もあり貨物はあまり期待できないため、今日は一畑電鉄を堪能します。山陰ゾーン券は一畑電車も一畑バスも乗れてしまう優れもの。このあとの予定を勘案し、まずはやくもで出雲市に出たら、荷物をコインロッカーに預けてバスで出雲大社へ

Img_0092
「ちゃんと観光してるんです」

珍しい!観光なんてしちゃってる自分がいる!普段は鉄旅行だと観光地にはまず行かないのになぁ

Img_0096
「もう神頼みしかないのです」

出雲大社と言う事もあり、色々とあやかりたい一心でもありつつ国旗のデカさに感動、なんかスケール感が変な写真です(笑)そして、有名な巨大注連縄もありました

Img_0099
「デカっ!」

パーツはデカイが境内は思っていたより(東照宮ぐらいかと思ってた)広くなかったので、早々に願掛けを済ませて、出雲大社前駅へ向かいました

Img_0101
「いい感じの駅」

一畑電車は駅が綺麗になっているところが多かったのですが、ここはいつまでもこれでいて欲しいですね。そして、毎時1本という撮影しづらいダイヤもあり、一畑電車の走行を撮影したのはコレだけ

Img_0108
「出雲大社駅進入」

ま、なかなかいい感じではないでしょうか。この後は完乗するため松江しんじ湖温泉へ

Img_0137
「元京王」

実は元南海ズームカーはサンライズで到着した日に乗っていました。元京王の車も転換クロス車はいいですね。

Img_0144
「戻ってきました」

そんなこんなで、またしんじ湖温泉駅からバスで松江に行き出雲市に戻ってきました。普通ならこれでやくもに乗って東京に帰りそうなものですが、行った先は逆方向

Img_0162
「帰りがけの駄賃だ!」

スーパーおきに乗って益田まで、ここで1泊して明日はDD51重連の岡見貨物を撮ります。まだまだ続く鉄旅行!ちなみに益田のホテルは激安だけど広くて快適でした(笑)

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2008年08月30日

島根山口貨物ツアー 1日目

ボロホテルは連泊で取ってしまったため痛手が大きいのですが、連泊だから荷物を置いて身軽な初日は伯耆大山へ

Img_0013
「早速登場!」

ここ、王子製紙米子工場から伯耆大山の駅まで1kmも無い程度の専用線が伸びています。時間等は以下のリンク先参照。というか、ホントお世話になっております(笑)もちろん私も参考にさせてもらいました

■奥野君の専用線日記 専用線時刻表■

ところがこの日はどうやら朝の駅から工場への取り込みは終わっていた模様、どおりで伯耆大山駅構内にコキ車がいない訳だ。上の写真、左側の日立も入換を一通り終えて、ここでエンジンを止めてしまいました。他には・・・

Img_0008_2
「奥のは日車かな?」

これも中に入ったっきり、表には出てきてくれませんでした。残念(泣)これで午後までは駅に出てくることも無さそうなので、時間つぶしにフラフラと。これが周遊きっぷの便利なところですね〜

Img_0016
「伯耆大山のJR機」

伯耆大山駅構内にはJR所有の協三も2両います。この後は米子に戻って

Img_0045_2
「岡山色の64-1000」

関東では見れない色、コレも見ちゃうと作りたくなっちゃいます(笑)1015はすでに作っているので、どうせなら関東の貨物更新色とコレを作って3色そろい踏みとかしたら楽しいだろうな〜

Img_0047
「これが115系なんだぜ」

そして、衝撃の115系。といっても最近引退したサンパチ君よりはまともだけど、2本並列に取り回されて前後を結ぶ母線とか見ちゃうとモデラー魂がビンビン刺激されちゃいます。ここはぜひともパイピング魔人にお願いしたいけど、青ソニでTMSデビューを飾ったみっすぃーさんが作成途中なので、ここは頑張ってもらいましょう(笑)
とかって、ホントに写メ送って煽りながら時間をつぶしてたら、午後になったので伯耆大山に戻りました

Img_0074
「やっと出てきた
・゚・つД`)・゚・」

すぐに出てきたと思いきや、これを撮るまで3時間以上も待ちぼうけをくらいました。某氏も「専用線の撮影は待ってナンボだ」みたいなことを言ってましたが、さすがに疲れましたよ〜

Img_0083
「単機で工場に戻ってきました」

疲れても帰るのはあのボロホテル(泣)それを癒しにとうぜん「ぼうげつ」も2連続です。まぁ都内なら「キッチンジロー」があるから良いじゃんって感じのお店ですが、そこは海外旅行に行って和食が食いたくなる心理見たいなものって事で(笑)

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2008年08月29日

島根山口貨物ツアー 0日目

仕事で島根へ出張することとなり、出雲の国へ行くなら当然乗らなくてはいけないのがサンライズ出雲!

Img_0009
「出雲市到着」

ということで、周遊券の山陰ゾーンを買って初めてサンライズに乗車しました。乗ったのはサンライズシングル、これがまたすごく広くて綺麗で驚きです。
Img_0008
「ベットの上に立てる頭上高」

これだけ綺麗なら島根へ行く用事があったら、何度でも使いたいですね。仕事は午後からだったのですが、10時に出雲市へ着くため、目が覚めてからのマッタリタイムを個室で誰の目も気にすることなく堪能しました。

んで、2日間のお仕事は気持ち半分ですっ飛ばし(笑)仕事が終わったら松江のホテルへチェックイン、ここから長い4日間の夏休みが始まります!その前哨戦として松江しんじ湖温泉駅へ向かいました。
Img_0030
「やってきた!」

お目当てはこのデハニ。来年4月で引退ということもあり、最後の乗車をと思ったものの酔電は満席だったため、せめて外から眺めておきます。

Img_0039
「デハニ53」

Img_0034
「シブい!」

裸電球、木製の手動扉などなど、何もかもがシブくてカッコイイです。これに乗れなかったのは残念だ〜

とりあえず撮影は出来たのでホテルへ戻ったものの、激安を狙いすぎてデハニ並みのボロいホテルにげんなり(;-д-)デハニは味わいがあるけど、単にボロいだけじゃガッカリです
気を取り直して夕飯を食べに行くと気になるお店を発見!

Img_0045
「ここは・・・」

出先でメシ屋を探す時はヤバそうだけどグッと来る、危険と隣り合わせな外見の店に好んで入ります(笑)この店も妖怪アンテナがビンビンになるようなお店でした。恐る恐る入ってみると・・・

Img_0046
「ハンバーグ、トンカツ2品定食 900円」

当りでしたよ〜(´∀`)いやぁボリューム、味、値段、の3拍子でした。「ぼうげつ」という不思議な名前の店ですがボロホテルの分はここで救われた感じです

posted by つかさ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2008年08月22日

伏木、高岡貨物、二塚

思いついて、突然行ってきました。RMでアナウンスされている通りならばこのタイミングを逃すと伏木は撮れずに廃止されちゃうだろうし・・・

Img_0002
「能登で高岡入り」

久しぶりの能登でしたが自由席はガラガラで窮屈はしませんでした。それでもやっぱり夜行は疲れる〜

そのまま伏木駅まで行くも、朝が早すぎて全く動き無し。ちょうどいいので如意の渡し(渡し舟)で高岡貨物駅まで移動です

Img_0015
「万葉線」

今回は乗らなかったけど、高岡貨物駅は万葉線の能町口が便利です。自分は下船したところからフラフラと歩きながら行きましたが、結構遠いです。あんまり徒歩はオススメできない距離かな

Img_0018
「2091レ」

ようやく貨物列車を撮れました。で、この後伏木が動く時間なんで早々に移動したら

Img_0021
「入換開始」

D352が動き出しちゃいました(泣)この時点で伏木まで歩いて行くために移動を始めていたので望遠で撮っておしまい。

Img_0023
「日本製紙専用線」

伏木駅から如意の渡しを使い、高岡貨物駅経由でここまで歩いてきました。もう、この時点で本当に疲れて、一日分の体力を使い切った気分。夜行で体力削られて、早朝に列車を下ろされて、5kmくらい歩けばそうなるわな(笑)

ここでようやく奥野さんと合流出来て、ここからは車で移動しながら撮影です。助かった〜

Img_0035
「日車15t 伏木海陸所有」

これを撮りにきたと言っても過言では無い訳ですよ。無事動いているところを捕らえられました。Img_0039
「8083レ」

そして氷見線のDE10貨物の定番ポイントで撮影

Img_0051
「D351」

伏木駅構内の入換も存分に撮れました。このあと、日本製紙へのコキ車取り込みを撮ってから、高岡貨物をうろうろしながら二塚へ移動

Img_0090
「日立25t」

緑の日車25tが出てくるものと思っていたら、日立が出てきましたよ!こんなスイッチャーもいたんだ〜しかし、これは運が良かったのか、それとももう日車が見れなくなっちゃったって事なのか・・・今後の動向が気になります

Img_0096
「単機回送」

上の写真は推進で、荷を二塚駅に置いたら単機で工場へ戻ってきました。この辺のロケーションはかつての本巣みたいで撮ってて楽しいです

Img_0104
「8087レ」

そして二塚を撮ったら、また伏木へ戻ってきました。日本製紙への押し込みが上手く撮れなかったのでリベンジのつもりが、なかなか出てきてくれず、危うく帰り支度をしていたところで、スイッチャーが登場!

Img_0120
「工場から伏木駅へコキ車を牽引」

同じ場所で一緒に撮っていた地元の方に列車が来たのを教えてもらえなかったら本当に帰っているところでした。アブナイアブナイ

Img_0123
「最後は流し撮り」

暗くなったら流し撮りの時間です。こんな感じで朝から暗くなるまで、詰め込めるだけ詰め込んで撮影を楽しみました。それも、日帰りでこのあと帰らなきゃいけないため・・・

Img_0130
「それでもしつこく」

最後は速星を覗いてきました。いやー良く撮ったものです。日帰りなので物足りない分もありますが、1日にコレだけやれれば十分でしょう(笑)

二塚と高岡貨物はどんな場所か分かったのでまた訪問して今回の補完をしたいですね

posted by つかさ at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記