2018年05月20日

ウラジオストク2泊3日ツアー その3

前回からの続き、あまりの暴風雨と寒さに心が折れて、一度お惣菜を買ってお昼ご飯をホテルで食べて仕切り直しをしました。

そして休憩を済ませ、ちょっと雨弱まったかなーと外に出てみたら・・・
IMG_1502.JPG
「暴風雪」
なんと雪交じりの雨が風に乗り頬を叩きつけてきます。

なんで唯一の観光日がこんな天気になっちゃったのでしょうか・・・それでもう引き戻れません。意地で外へ繰り出します。

IMG_1508.JPG
「クラウン2ドアクーペ」
途中見かけた日本車中古、ウラジオストクはいろんな年代の日本車を見れますが、これはシブかった!

IMG_1513.JPG
「グム百貨店」
川のようになった道を渡り、ビルの間を吹き付ける突風にあおられ、ようやくロシアの歴史ある百貨店まで歩いて到着。

中はZARAがあったり観光客向けのお土産物屋があったり。ビッショビショで雨宿りに入ったくらいであまり中は見れませんでした。

IMG_1527.JPGIMG_1547.JPG
「潜水艦博物館」
ロシア太平洋艦隊司令部の建物近くにあるため、沖にはたくさんのロシア艦船が停泊しており、そちらも気になります。

IMG_1559.JPG
「引き込み線」
潜水艦博物館からウラジオストク駅へ戻る途中、港沿いを走る専用線がありました。ここを走る貨物列車撮れたらいい感じだろうなぁ・・・

IMG_1569.JPG
IMG_1572.JPG
「停車中のロシア号?」
ウラジオストク駅へたどり着いたらロシア号?のような編成の客レが停車しています。最後尾だけほかの客車と様子が違いますね。

IMG_1576.JPG
「なんだろ」
張り出し窓があるし、マヤ検を連結したはまなすみたいなもんですかね?

IMG_1584.JPG
「ウラジオストク駅」
エレクトリーチカもかっこいいですが、長い客車がよく似合います。

IMG_1590.JPG
「フェリーターミナル」
駅の隣にはフェリーターミナルがあり、中に模型店があるとのことなので覗いてきたのですが、鉄道模型は殆どありませんでした。しかしここから海側へ出てみると

IMG_1595.JPGIMG_1604.JPG
「埠頭に貨車」
バラ積み船からホッパ車に直接陸揚げしている様子が見れます!これはもう日本では簡単にはお目にかかれないですねー唯一残っているのは三井埠頭の石炭陸揚げかな。奥には長物車に乗った大型建設機械がありました。

この後、駅に出てる売店でオバチャンからピロシキを買いましたがこれが一番美味かった!値段は40ルーブルくらいで安くてデカくて美味い!

そして駅前のスーパーで夕飯を調達して2日目の夕飯はまたもホテルでつまみます。子供もいるし雨でビショビショだし、一番これが気楽~
IMG_1643.JPG
IMG_1649.JPG
「お惣菜メシ」
左のアヤシイ色合いのものは紫キャベツのマリネ?そこにはサバの酢漬けが敷き詰められており、見た目のギャップより美味さが勝りました。ロシアンビールも飲みやすくて大満足です。


posted by つかさ at 11:18 | Comment(0) | 旅行記

2018年05月14日

ウラジオストク2泊3日ツアー その2

前回の続きは、ウラジオストクで一晩明かして唯一の1日観光出来る2日目です。

IMG_1383.JPG
「ホテルからの眺め」

ホテルの裏側にはウラジオストク市民の生活が間近にありました。建物も公園もソ連時代のものなんだろうなぁ何て思いながら、いかにもロシア的風景が素敵です。

朝食を済ませたら早速観光へ向かいます。が、この日は気温5度!折からの低気圧接近で日本でも大雨予想があり、日本海を挟んだウラジオストクでもその天候は同様でした。

IMG_1407.JPG
「黒澤映画 デルス・ウザーラの舞台」

アルセーニエフというロシア人探検家と先住民狩人のデルス・ウザーラとのエピソードを映画にした「デルス・ウザーラ」その舞台となったアルセーニエフの住んだ家が記念館となっており、映画を事前に見ておりもちろん行く気満々で来たのでしたが、なんと休館とのこと!

ここまで物凄い暴風雨の中なんとかやってきたのに、すでにここで心が折れ掛けます。やっとの思いでたどり着いたのに・・・

しかし観光できる日は今日しかありません(翌日は朝食後、即帰国)とりあえずウラジオストク駅へ向かってみようとなりました。

IMG_1412.JPG
「ウラジオストク駅」

写真に写る車の水しぶきが天気の悪さを物語ります。歩いて15分もしないくらいでしたが、何しろ台風の中を歩いている状態です。傘もさすことが出来ず、でも現地人は皆傘をささないで濡れるに任せてあるいているので、自分たちも最低限のウインドブレーカーを被りなんとか駅までたどり着きました。

IMG_1439.JPG
「駅はセキュリティチェックあり」

扉を開けるとすぐコレなのでひるんでしまいますが、変なもの持っていなけりゃ何てこと無く中へ入れてくれます。見学だけでもオーケーでした。 

早速ホームへ降りて撮り鉄を・・・

IMG_1421.JPG
「走り去る客レ」

IMG_1423.JPG
「行ってしまいました」
さあ撮るぞ!と思ったら出て行ってしまいました。よく見ると全部荷物列車のようです。

IMG_1431.JPG
「シベリア鉄道のプレート?」

駅に掲げられていました。

IMG_1434.JPG
「駅に留置中の3連車体電気機関車」

日本式に言うとEHに+4軸でELでしょうか。カッコイイですね~

IMG_1435.JPG
「これまた留置中の客車」

3両だけ置き去りになっていたニモレ。車内は暖房を焚いているのか石炭を燃やす香りが漂ってきました。

となりの緑の車両といいイイ感じなのですが、これを撮っていたら老齢の警備員?に「ノー」と一言言われてしまったので、スゴスゴと退散。

IMG_1457.JPG
「エレクトリーチカ」

ひと駅だけでも電車に乗ろうかとか考えていたのですが、寒さと強烈な悪天候に家族みんな心が折れて、いったんホテルに戻り出直す事にしました。

IMG_1465.JPG
「駅前のレーニン像」

IMG_1461.JPG
「駅前のスーパー」

IMG_1466.JPG
「スーパーのお惣菜コーナー」

写真を撮っていたら強面の店員のお姉さんに「ノーphoto!」と怒られてしまいました。観光客に最低限の英語で注意してくれるようです。しかし怒られっぱなし(笑)

でも、ここでお惣菜を買い込んでお昼ご飯にしたのですが、身振り手振りで何とか買うときにはその店員さんも親身に色々教えてくれようとしたりして、ロシア人店員は基本的に愛想無いのですが、話しかけると実に優しい人が多い印象でした。

そんな訳で冷え切った体を回復させるために、とりあえずホテルへ戻って2日目前半戦は終了~
posted by つかさ at 00:01 | Comment(0) | 旅行記

2018年05月10日

ウラジオストク2泊3日ツアー その1

2018年GW、2泊3日でロシアはウラジオストクへ行ってきました。

といえば簡単なようですが、実際子供を連れての海外旅行は初めてだったり、そもそも自分はロシアが初めてだったり・・・2泊3日でも気が抜けません。

IMG_1257.JPG
「成田第1ターミナル」

搭乗するのはオーロラ航空、成田14時発です。

IMG_1278.JPG
「ボンバルディア DHC8-Q400」

ロシアの航空会社だけどツポレフとかではなくカナダ製。でも沖止めなのでバスでここまで移動しタラップから乗り込みます。これがすでに楽しい!!

IMG_1301.JPG
「ウラジオストク空港到着」
あっという間の3時間フライトでウラジオストクへ到着!実に近いものです。ここでも沖止めでバスによる移動でした。日本は晴れていたけど現地は雨模様です。

IMG_1318.JPG
「迎えの車で移動」
空港からウラジオストク駅近くにあるホテルまでは日本語ガイドによる迎えの車が来てくれていました。今日はすっかり霧がかかってしまったとのこと。

IMG_1313.JPG
「日本の車検証シール」
優しいまなざしのロシア人運転手さん。その運転する車はモロ日本の中古車でした。車内も日本語の注意書き。周りを走る車も日本車だらけで一体どこなんだ状態です。

IMG_1332.JPG
「無事ホテル到着」
ウラジオストクは時差があり1時間時計が進んでいます。地図で見ると九州くらいの緯度なのに時間は1時間早いもんだから、余計に夜が長いですが、これで現地時間19時すぎです。

ここまで順調なように見えますが、入国検査で奥さんが旧姓パスポートでなかなか通過出来なかったり、ATMでルーブルを出すのに苦戦したり、SIMフリー化させたiPhone用に現地SIM買ったりと。やきもきしながらもなんとか無事チェックインが出来ました。

とりあえず、夕飯を食べに出かけます。

IMG_1333.JPG

IMG_1334.JPG
「ロシアの街並み」
写真で見ると雑然として治安悪いように見えますが、単に人が少なくて寂しいだけです。普通におばさんが犬の散歩したりしています。

IMG_1336.JPG
「今日の夕飯はここ」

とにかく右も左も分からないので、地球の歩き方を参考にこの店に決定!地球の歩き方は有能だなぁ

IMG_1353.JPG
「伝統ロシア料理店」
中はいい雰囲気の調度品ですが、いる客は日本人だらけ(笑)さすが地球の歩き方掲載店

日本語メニューが出てきたものの、写真が無く文字での説明のみに結局苦戦しながらもオーダーしたのは

IMG_1342.JPG
「ペリメニ」 

IMG_1344.JPG
「つぼ焼き」

IMG_1349.JPG
「なんだっけこれ」

他にもボルシチとかいかにもロシア料理といったものを頼みましたが全部美味い!とりあえず初日の夕食は成功です。 

IMG_1362.JPG
「24時間スーパーマーケット」

食べ終わったら辺りはすっかり暗くなっていました。ホテル近くのスーパーに寄って買い出しです。

IMG_1373.JPGIMG_1374.JPG
「アイスクリーム」

ロシアはアイスが美味い!との情報を得ていたので、さっそく買ってみました。これがまた濃厚で甘くてうまい!外れなしですねー

と言いながら、買ってきた水はキリル文字と格闘しながらさんざん悩んだのにガス水で失敗でした(笑)そんな感じで1日目終了!

posted by つかさ at 23:03 | Comment(0) | 旅行記

2018年04月01日

池袋5号をつくる その1

西武池袋線で池袋駅から5番目の踏切、その名も「池袋5号」

その道ではチョット知られる踏切なのでした。

IMG_0249.JPG
「V字」

そう、十字路のすぐ近くに踏切があり、まるでV字に渡っている一体の踏切になっているのです。
そんな特徴的な踏切を模型化してみることにしました。

IMG_3038.JPG
「まずは道路作成」
ベースはジオコレのベースボード、これだとコンパクトで持ち運びも簡単です。

線路を載せたら両脇をスチレンボードでかさ上げし、線路面と同じ高さにしてあります。

IMG_3364.JPG
「マスキング後」
 肝心の道路はプラ板で作成。踏切部分も一体でプラ板から作っています。白いプラ板ですが白を筆塗りしたら白線をマスキング。

IMG_3459.JPG
 「ぬりぬり」

IMG_3460.JPG
「剥がしの儀」

道路の色合いの違いは3種類のグレーで再現、歩道部分は実物同様に緑で塗っておきます。

IMG_3461.JPG
「いい感じ!」

という事でここまで出来たらハードルのひとつを乗り越えて、次は線路回りと警報器に取り掛かります。

IMG_0250.JPG
IMG_0251.JPG

ちなみに現地はこんな具合。
posted by つかさ at 23:54 | Comment(0) | [Nレイアウト]池袋5号

2018年03月10日

2018年3月 モジュールレイアウト運転会

不定期開催のモジュールレイアウト運転会を行ってきました。

IMG_3050.JPG

「いつもの狭山市立智光山荘」

宿泊も出来て貸し切れる研修室がある智光山荘、1泊2日での運転会にはもってこいの場所で定宿にさせてもらっています。今回はいつもより早く昼前に着いて設営を開始。

IMG_3058.JPG
「まず昼メシ」

も、ほどほどに早速いつものフライングガーデンで昼ご飯です。ここで爆弾ハンバーグを食べるのも含めてモジュールレイアウト運転会です。

IMG_3070.JPG
「そして設営完了」







一通り運転したら夕飯は智光山荘でいただきます。そのあと夜道を繰り出してぼーずさんへ遊びに行くまでが定番です。

IMG_3086.JPG
「飯能の山奥の名店」

部屋で酒を飲み、一晩明けて朝ごはんを食べたら早速運転会再開です。

またモジュールレイアウト運転会といえば、設営が終わったら車両がほとんど走らず、ダベってるかコツコツ模型をいじってるかもまた定番。今回はガンダムマーカーで車輪塗りをしていました。

IMG_3089.JPG
「グッと引き締まります」

自宅で作業をするより断然捗るのが不思議なのですが、今回は買ったばかりの東武70000とメトロ13000の車輪側面塗りを終えました。

そんな便利に使って10年近くになる智光山荘、残念なことにこの3月で閉鎖されることとなりました。

IMG_3084.JPG

いままでありがとう!智光山荘!


posted by つかさ at 00:02 | Comment(0) | 模型運転会