2021年04月16日

とまれみよ販売所 タキ38000 ガソリン専用車タンク車組立キット

販売サイトはこちらから。

IMG_5173.JPG
タキ38000は、タキ40000をベースとしタンク体を縮小し荷重を36t積に減らして軸重制限を受けないようにした新標準タンク車として開発されました。

38002.JPG

しかし荷重43t積のタキ43000の保安対策車が量産される結果となり、タキ9900やタキ35000を駆逐するまでには至らず生産両数は140両で終了し、石油輸送の専用貨物列車として、タキ9900や35000、43000などと混結され運用されていました。

実車の詳しい説明や写真はこちらに纏めておきました。

<ご注意>〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この製品は水洗い光造形レジン成形品(2次硬化済み)です。 
壊れやすいため、取扱いに注意し、直射日光は避けて保管してください。
洗浄は通常不要ですが、洗浄は流水で行い1日以上日陰干しをしてください。
塗装前にプライマーなどで下地処理を行い、接着はゴム系接着材などをご利用ください。

(個人の趣味で作成しているもので、商品説明文中にある企業様とは何の関係もありません)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

製品への問い合わせはこちらのアドレスへメールでお願いします。

info.tomaremiyo.net@tomaremiyo.sakura.ne.jp

IMG_5281.JPG
「パッケージです」

IMG_5282.JPG
「上左:1,2両セット用6両分の車番が入っています」

上右は米タンセット用車番、下は震災緊急輸送セット用車番でそれぞれ実際に充当された番号を選んでいます。


<組み立て方>
下の写真は表面処理を特に行わず缶スプレーの黒で塗装し、付属の車番デカールと社紋はインレタ(パンダ工業製)を貼り付けた状態です。社紋と社名板はこちらを参考にするなどして各自で準備してください。

(パンダ工業さんより、GWごろにJOTインレタや車番のインレタがリリースされるかも!?乞うご期待!!)

IMG_5156.JPG
「パーツ構成」

パーツはタンク体、タンク体底、デッキ2種、台車2種、梯子で出来ています。


それでは早速組み立てていきましょう。まずは底をはめます。

IMG_5158.JPG
「タンク底パーツには向きがあります」
片側に切欠きがあり、ここにタンク体側のでっぱりがはまります。

IMG_5161.JPG
「配管を押して折らないように気を付けて」
タンク底がはまりました。ここは接着しなくても結構キツめにはまります。


続いてデッキを取り付けます。

デッキも向きがありますが、丸ボッチの数で差し込む側が分かるようになっています。

IMG_5163.JPG
「左:丸ボッチ2個、右:1個」

IMG_5287.JPG
「デッキの補強はニッパーで除去してください」


IMG_5164.JPG
「デッキを取り付けました」
緩い場合はゴム系接着剤で固定してください。

台車は応加重弁の有無で2種類あります。
IMG_5165.JPG
「左:応加重弁なし、右:あり」

応加重弁付きを手ブレーキ付きデッキ側に取り付けてください。

IMG_5167.JPG
「カプラー取付」
カプラーポケットは2か所あり、先端側はKATOナックルとGMのナックルカプラーを、奥側にはカトーカプラーを差し込めるけど連結間隔は広がらないようにしました。お好みでご利用ください。(個人的にはいい思い付きだと満足してます(笑))

車輪はKATO製11−611 スナップ式台車用車輪がはまります。それ以外のものは車軸の長さから利用できませんのでご注意ください。
IMG_5168.JPG
「カプラーポケット」
カプラーポケットの切欠き上部を若干膨らませることで、カプラーが外れにくくなっています。

IMG_5169.JPG
「台車取付」
ボルスタへ押し込むと台車がはまるようになっています。ボルスタ側の爪が欠けてしまった場合や取付に不安がある場合は、KATO製Z01-0048 中心ビス2x7Bでねじ留めをしてください。

IMG_5170.JPG
「手ブレーキがある側に応加重付き台車を取り付けます」

最後に梯子の取り付けです。

タキ11500では接着が必要だった梯子ですが、今回はスナップ取り付けが出来るようになっています。
IMG_5171.JPG
「このランボード下の丸棒に押し込みます」

ピンセットなどで上に乗せたら、架線注意の板がつく部分を押し込んで取り付けます。

IMG_5172.JPG
「梯子したは台枠へひっかけます」

少しぐらぐらするので、必要に応じてゴム系接着剤で固定してください。


IMG_5173.JPG
完成!

あとはタキ35000やタキ9900、タキ43000と混結させるのもアリ、タキ38000だけの18両編成で日本海縦貫線を走った震災緊急輸送を再現するもヨシです。もちろん短く6両で東武貨物最終編成も再現できます!

008.jpg
posted by つかさ at 12:14 | Comment(0) | とまれみよ販売所

2021年04月12日

タキ38000のいろいろ

38002.JPG
「タキ38002(根岸)」

<タキ38000概略>
タキ38000は、タキ40000をベースとしタンク体を縮小し荷重を36t積に減らして軸重制限を受けないようにした新標準タンク車として開発されました。

しかし荷重43t積のタキ43000の保安対策車が量産される結果となり、タキ9900やタキ35000を駆逐するまでには至らず生産両数は140両で終了し、石油輸送の専用貨物列車として、タキ9900や35000、43000などと混結され運用されていました。


001.jpg
「99年ごろ、宇都宮線の石油貨物(ヒガハス)」

002.jpg
「前方を拡大」
EF65の赤プレにけん引され、1両目がタキ40000、続いてタキ35000、3,4両目がタキ38000と続きます。そのあとの5両目には黒いOTのタキ35000、また帯入りの青いタキ1000が懐かしいですね。

こんな感じで編成例は意外と何とでも連結していた感じです。

<東武貨物>
東武の北館林行き石油貨物は軸重が重い43000は入れず、99年ころはもっぱら9900、35000と共に38000が運用されていました。

003.jpg
「ED5060重連に続き、タキ38111、タキ38094、タキ38063と続く」

004.jpg
「上の写真の振り向き」

005.jpg
「北舘林〜渡瀬」

006.JPG
「渡瀬駅停車中」
機関車次位にはタキ9900が、続いてタキ35000が4両、タキ38000が3両と続きます。

007.JPG
「久喜駅」

008.jpg
「最終北館林行き」
最後の北館林行きは機関車さよならイベントで使われた6両のタキ38000となりました。
使われたのは38091,100,118,127,135とあと1両不明です(ご存じの方、教えてください→追記:コメント欄で判明しました!ありがとうございます!) 

<米タン>
それまでタキ35000で運用されていた横田基地向けのジェット燃料輸送、いわゆる米タンはタキ38000の13両編成へ置き換えられました。
009.JPG
「安善駅」

010.JPG
「浜川崎を発車する米タン編成」

<震災緊急石油輸送>
しかし、米タンでの活躍もあまり長くなく早々にタキ1000の12両編成へと置き換えられ、そのまま終焉かと思われた2011年、震災により仙台北港からの発送が出来なくなり、ガソリン不足となっていた東北地方へ根岸発上越線〜日本海縦貫線〜青森経由盛岡行きの緊急石油輸送にの荷重が軽いため軸重制限を受けないというマイナス面だった特徴を生かして、タキ38000が充当されることになりました。
当時、バラバラになりわずかに残った内の36両が文字通りかき集められ18両編成2本に仕立てられ、震災発生の7日後2011年3月18日から驚異的なスピードでこの前例のない難しい輸送を成し遂げました。

追ってタキ1000の入線確認も行われ第3便からはタキ1000も充当され、その後はタキ38000とタキ1000の混成編成でのピストン輸送が行われたのでした。

<タキ38000いろいろ>
ということで、地味で両数も少ないガソリン専用車のタキ38000の撮り貯めた写真です。
38007.JPG
「タキ38007 米タン(安善)」

38019.JPG
「タキ38019(郡山)」
常備駅にうっすらと名の字が見えるので、その前は名古屋南港あたりかな?

38034.JPG
「タキ38034(郡山)」
タキ43000OT車と連結してました
38034_2.JPG
「同 ハッチ回り」

38041.JPG
「タキ38041(久喜)」

38051.JPG
「タキ38051 米タン(安善)」

38060.JPG
「タキ38060 米タン(安善)」

38067_01.JPG
「タキ38067(根岸)2006年」

38067_02.JPG
「同 米タン(安善)2010年」

38067_03.JPG
「同 鏡板」

38111.JPG
「タキ38111 米タン」
東武貨物でも撮っていた番号ですね

38134.JPG
「タキ38134 東武貨物(渡瀬)」

最後にタキ38000のベースとなったタキ40000です
40121.JPG

外見で目立つタキ38000との違いは、社名板の位置が低く、タンク上部あゆみ板の補強が長いく、タンク上部手すり下の立っている板の形もだいぶ違います。

こうやって見ると結構外見差があるものですが、タンク体の大きさは写真でパッと見ただけではあまりわかりませんね。

posted by つかさ at 23:43 | Comment(2) | 実車

2021年03月12日

とまれみよ販売所 秩父ヲキ用カプラーポケット

販売サイトはこちらから。



マイクロエース製 「A2086 秩父鉄道 石灰石輸送貨車 ヲキ100・ヲキフ100 10両セット」のヲキ、ヲキフの連結間隔を短くするためのカプラーポケットです。

スクリーンショット 2021-03-12 193045.png

台車のカプラーポケットを一部切り取りこのパーツに差し替え、KATOの車間短縮ナックルカプラーを差し込む事で連結間隔をより実感的な間隔にすることが出来ます。

IMG_4897.JPG


<ご注意>〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この製品は水洗い光造形レジン成形品(2次硬化済み)です。 

壊れやすいため、取扱いに注意し、直射日光は避けて保管してください。

洗浄は通常不要ですが、洗浄は流水で行い1日以上日陰干しをしてください。

塗装前にプライマーなどで下地処理を行い、接着はゴム系接着材などをご利用ください。

(個人の趣味で作成しているもので、商品説明文中にある企業様とは何の関係もありません)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

製品への問い合わせはこちらのアドレスへメールでお願いします。

info.tomaremiyo.net@tomaremiyo.sakura.ne.jp
<使用方法>

@台車からカプラーポケットを切り離します。

IMG_4898.JPG
この時、ばねを立てるための中心ピンは切り取らないでください。

Aカプラーポケットの穴に残ったピンを差し込みます。
IMG_4899.JPG

すこしキツイので慎重に真っ直ぐ押し込んでください。
IMG_4900.JPG

ポケット後端のでっぱりが台車のでっぱりに引っかかるところまで押し込みます。
IMG_4901.JPG

B車間短縮ナックルカプラーを差し込みます
IMG_4902.JPG

カプラーを入れるスリットの一部が少し出っ張っているため、差し込むだけでカプラーの首が保持されるようにしてあります。

IMG_4903.JPG
これで完成です。


ヲキフに取り付けるとカプラーポケットの飛び出しが無くなり、見た目もとてもすっきりしました。

IMG_4905.JPG


車両間隔はここまで狭くなります。
IMG_4895.JPG

posted by つかさ at 22:03 | Comment(0) | とまれみよ販売所

2021年03月05日

とまれみよ販売所 タキ11500 葉巻型セメントタキ


西武鉄道東横瀬から発送される三菱鉱業セメント所有のセメントタキは大半がタキ1900でしたが、ごく一部にタキ11500が混ざっていました。

IMG_4846.JPG


その三菱鉱業セメント所有のタキ11500には2種類ありましたが、このキットはより特徴的な葉巻型タンク体を持つタイプ(タキ11508〜11511)をKATOのタキ1900からコンバートするためのキットです。


IMG_4844.JPG
「左:タキ1900(KATO製)、右:タキ11500(本製品)」

<ご注意>〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この製品は水洗い光造形レジン成形品(2次硬化済み)です。 

壊れやすいため、取扱いに注意し、直射日光は避けて保管してください。

洗浄は通常不要ですが、洗浄は流水で行い1日以上日陰干しをしてください。

塗装前にプライマーなどで下地処理を行い、接着はゴム系接着材などをご利用ください。

(個人の趣味で作成しているもので、商品説明文中にある企業様とは何の関係もありません)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

製品への問い合わせはこちらのアドレスへメールでお願いします。

info.tomaremiyo.net@tomaremiyo.sakura.ne.jp


<中身の紹介>

これを作るためにはKATOのタキ1900(所有社はどこでも可)から台枠と渡り板、台車を用います。またより実物に近づけるためにTR41とする場合は、8058D タキ9900用TR41や 8050Dタキ35000用TR41が利用可能です。

IMG_4847.JPG
「パッケージ」

IMG_4823.JPG
「キットの中身」
タンク体、足回り(台車流用、TR41用)の2つ、梯子(予備入り)デカールが入っています


IMG_4824.JPG
「足回りパーツの違い」

タキ1900の台車を流用する場合は無印のパーツを、8058D(タキ9900用TR41)や8050D(タキ35000用TR41)を利用する場合は右側のTR41というマークが入った足回りを使います。

<組み立て方>

まずはタキ1900の分解方法から
IMG_4825.JPG

吐出口を引き抜いてねじを外します。その後は外せそうなところから外していきバラバラにします。

IMG_4827.JPG
「分解完了」
この中で使うのは台車、渡り板、台枠、吐出口、おもりです。タキ1900のタンク体と足回りは使いません。

IMG_4828.JPG
「台枠の加工」

写真に書いてあるとおり干渉する部分をニッパーなどで切り取ります。


タンク体は黒で塗装して付属のデカールを貼り付け。その後つや消しクリアを吹きました。

社紋と社名板はこちらを参考にするなどして各自で準備してください。




IMG_4831.JPG
「おもりを乗せます」

このあと足回りパーツとおもりをタンク体へはめますが、おもりが引っかかってはまらないようならばおもりを外して足回りパーツのみをはめる方がいいかもしれません。(無理に力をかけると壊れやすいため)

IMG_4853.JPG
「足回りとタンク体を結合」

押し込む目安はエアスライド用空気配管が揃うようにはめます。
(足回りの一部が出っ張るのが気になる際はタンク体にハメる前に軽くやすって整形してください)

嵌めあいが緩いようでしたら、ゴム系接着剤などで適宜固定してください。
(あとで止めるねじでは下まわりだけが固定されます)

一度はめた後に外しづらい場合はボルスタの根元と引っ張るようにし、出っ張っているモールド部分は割れやすいため力を掛けないでください。


IMG_4832.JPG
「タキ1900から流用する台枠をハメます」

ボルスタ部分の形が左右で違いますので、台枠の切欠き穴とボルスタの形状を良く見比べてはまる向きを確認してください。

IMG_4833.JPG
「はめやすい順番はブレーキ側から」

ブレーキ側の切欠きに台枠をはめてから、台枠を引っ張って広げながらエアタンクを台枠の内側に収めます。

IMG_4836.JPG
「台枠の板をはめます」

台枠の穴を埋める板が足回りにモールドされています。キツめですがゆっくり落ち着いて行えばぴったりハメることができます。

IMG_4838.JPG
「デッキ部分の穴埋め板」

ここはピンセットではさんでツライチになるように台枠内へ収めます。 

IMG_4839.JPG
「ねじ止め後、吐出口をはめます」

IMG_4830.JPG
「渡り板取付」

写真は前後していますが、足回りを取り付け終えて最後に渡り板を取り付けた方が、うっかり折ってしまうことも無いので後回しがお勧めです。

IMG_4841.JPG
「梯子取付」

梯子はゴム系接着剤でランボード下に貼り付けます。
(とても折れやすいので別パーツにしました。ぶつけたら折れる前に外れる程度に貼り付けてください)

IMG_4842.JPG
「梯子取付完了」

梯子は台枠と並行になるように取り付けます。

IMG_4843.JPG
「台車取付は最後に」

お試しで台車を取り付けてみたくなりますが、台車を外す際に台車固定リブが折れる可能性が高いため、台車の取り外しは最小限にとどめるようにしてください。(もし外す際は台車をなるべく横に押してリブに力がかからないように外します)

IMG_4852.JPG
「完成!!」

IMG_4845.JPG
「タキ1900とタキ11500」

並べるとタンク体の太さとランボードの形が際立ちます。

IMG_4846.JPG

tk11500-h.jpg

最後に実車の写真をさらま様よりお借りしました。

タキ1900の中に1両ないし2両程度(写真もその隣にもタキ11500が連結されています)が連結されて各地へ運用されていました。

下記動画ではEF64にけん引されて南甲府へ運用中のタキ11500が見れます

参考リンク




posted by つかさ at 22:19 | Comment(0) | とまれみよ販売所

2021年02月25日

ローソンのネットワークプリントで鉄道模型用シールを作る

ローソンのネットワークプリントにはシール紙印刷(200円)というサービスがあり、どんなもんじゃいと気になっていたので試してみました。


まずは画像の作成から・・・・

・・・

といっても作成方法自体は長くなるので割愛。

今回の画像サイズはL版(このあたり重要)600dpiで作成しました。(一番最後の画像参照)
これを上記のネットワークプリントサービスへアップロードします。


そして近所のローソンへ行き、ユーザー番号を入力し
画像プリントを選んだら L版 シール印刷 フチなし を選びます。
(印刷方法など詳しくは公式HPを見てください)


なお、現在シール印刷が出来るのはローソンだけのようです。

作成した画像サイズと出力サイズを合わせることで、狙ったサイズがちゃんと出力されました。

IMG_4766.JPG
「印刷結果」

光沢のあるなかなかキレイなシールです。

文字がぼやけて見えますが、これは作った画像がそういう画像だからで印刷精度の問題では無いです。
画像次第でかなり高精細に出力されています。

当然擦ったくらいじゃ剥げたりしないのが自宅インクジェットシール出力との違いですかね。
切り出しても切り口がゲバゲバせず安心して使えます。

IMG_4767.JPG
「切り出してみました」

コシのあるとても薄いフィルムのシールになっています。こりゃぁいい感じですよ。

IMG_4768.JPG
「左:MDプリンタのデカール、右:今回のシール」

タンク体に合わせて曲がっている三角社紋板へ貼ってみました。

コシのあるフィルムで粘着力は弱めなので、固定にはゴム系接着剤などで補助した方がよさそうです。

断面は白くなりますがかなり薄いため肉眼ではほとんど気になりませんが、
フチをマジックで黒く塗ってやると更に良いですね。


でもテカテカの光沢は鉄道模型にあまり合いません。
そこでつや消しクリアを吹いてみることに

IMG_4770.JPG

手前の切り出されているシールにクレオスのつや消しクリアを吹きました。

結果は印字が溶け出すこともなさそうで、イケそうですね。
(もちろん問題ないということを保証するものではないです)


あとは経年の色抜けなどがどうなるか気になるところですが、
このシールフィルムしっかりしてそうだし期待出来そうですね。


という事で、高品質のシールがものすごく簡単に手に入るのが分かり
これからも色々と活用して行きたいところです。ストラクチャー用の看板とかいいですよね。

最後に今回作ったシールの画像(L版サイズです)です。
試し刷りなど個人で楽しむ範囲でご活用ください。

ステッカー.jpg
これはHOサイズです
ステッカーHO.jpg

もうひとつ
ステッカーHO_2s.jpg





posted by つかさ at 23:00 | Comment(0) | 模型