2017年04月05日

サンライズに乗るための出雲旅行

子供がこの春に小学校へ上がる前に、サンライズに乗って家族旅行をしておきたいと思い立ち、サンライズ出雲に乗る旅に出ました。

東京からサンライズ出雲で出発!と行きたくなるところですが、東京発よりも出雲市発の方が時間的に良いため、サンライズは帰路までお預け。まずは東京駅から新幹線で岡山へ向かいます。

IMG_8244.JPG
「岡山駅到着」

本当にサンライズに乗るだけならば、朝早くに東京を出て出雲市へ向かい、そのままサンライズで帰るという手も考えられますが、さすがに家族旅行という名目のためそこまで無理はせず、1日目は岡山に1泊することにしました。

それでもレール&レンタカーのため岡山行ひかりで4時間の道のりでようやくの岡山到着です。岡山駅の新幹線ホームでは500系と700系レールスターがお出迎え。両方とも東京では見れないので、4時間乗車の疲れも(自分だけ)吹き飛び、ここからすでにテンションが上がります。

IMG_8254.JPG
「逃した!」
そして在来線ホームへ降りたらAU13を乗っけているヤツに遭遇!しかしすんでのところで撮り逃しました・・・

IMG_8255.JPG

IMG_8257.JPG
「ほかにも怪しげいっぱい」

こんな無理やりな先頭車も見れて少しいるだけでも楽しいひと時を過ごせました。

とは言え家族をほったらかしにする訳にはいかないので、このくらいにしておいてホテルへチェックイン。そのあと真面目に後楽園を観光しました。

IMG_8279.JPG

IMG_8291.JPG
「日本3大庭園」

さすがにきれいな庭園ですね〜金沢兼六園は福井に住んでいた時に何度か訪問済み、今回の後楽園で2か所目ゲットで残りの水戸偕楽園も早々に行きたいところです。

IMG_8319.JPG
「岡電」
1日フリーパスを買ったので、とりあえず全路線を乗りつぶすことに。右奥の消防車は火災現場を絶賛消火中でしたがこのときには鎮火した模様。

IMG_8329.JPG
「東武日光軌道」

ぜひ乗りたかった元日光軌道の車両は2両とも車庫でお休み中でした(泣

この後、夕飯を食べてからホテルへ戻ったのですが、ホテルから岡電がよく見えるなかなかのロケーションでした。


ホテルで一泊したら、つぎは朝から出雲市へ向かいます。
IMG_8393.JPG
IMG_8401.JPG
「岡山駅でお出迎え」
昨日は見れなかった先頭車改造や117系など、ゲテモノっぽさ満点のカッコイイ車両がいっぱいでいいですねぇ〜

IMG_8402.JPG
「381系へ乗車!」

昨日に引き続き乗りっぱなしです。出雲市までは4時間の長旅でした。

IMG_8478.JPG
「出雲大社へ」

そしてレンタカーを借りてまずは出雲大社へ。

IMG_8507.JPG
IMG_8509.JPG
「出雲大社前駅」

出雲大社へ行ったら、当然一畑の出雲大社前も行きました。

IMG_8533.JPG
「大社駅」

廃線となった大社線の大社駅へも行ってきました。なんとも重厚な作りの駅ですね〜廃線になってしまったのがもったいない。



この後、少しだけ一畑電車を撮影したら、まずは温泉につかりサンライズ乗車に備えることに。

IMG_8555.JPG
「北山温泉」

これがまたとってもスベスベになるいいお湯でした。そしてこのあと夕飯とビールを買い込んだら、いよいよサンライズに乗車です!!

IMG_8671.JPG
「東京着〜」

っていきなり到着してしまいましたが、結局出雲市では入線から発車まで時間に余裕が無く、早々に乗り込んだら発車。あとは夕飯を食べて寝るだけ。と書けばあっという間ですが、伯備線の定尺レールのジョイント音が意外とうるさくて、寝れたのは岡山を過ぎてからでした。

ちなみに取った個室はシングルツイン。上段に自分が寝て、下段に奥さんと子供が一緒に。一緒に寝るのは広さ的にも小学校上がる前ぐらいが限界ですかね〜

IMG_8675.JPG
「東京に着いたサンライズ瀬戸・出雲」

東京駅に到着した夜行列車。最近まで当たり前だったのが、ついにはこの列車だけとなってしまいましたね。サンライズにはこれからも末永く走り続けてもらいたいものです。


posted by つかさ at 00:03 | Comment(2) | 旅行記

2017年03月18日

とれいん誌 2017年4月号掲載 

CIMG1441.JPG
「掲載号とともに、はいポーズ」

今月発売のとれいん誌に、401系3次車と801系が掲載されました。思えば11月に制作中の記事をブログへアップしてから停滞中でしたが、12月に401系が完成してから、掲載までに時間が追加されたので、ついでに801系も駆け込みで作成したのでした。


CIMG1445.JPG
「一緒に収まる801系と401系」

CIMG1447.JPG
「連結!」

編集部へ送ったのも時期がずれていたため、完成してから連結させたのは今日が初めてだったりします。んーカッコイイですねぇ(^_^)

CIMG1444.JPG

とは言え、801系は作り始めたらついでというほど簡単なものでも無く、大変ではありましたが、こうして並べて写真が撮れた今となっては、その苦労も報われたというものです。



posted by つかさ at 23:40 | Comment(0) | [N]西武401系3次車

2017年03月09日

アルモデル KATO25t(16番)を作る その1

KATOの4tを作っていましたが、塗装工程の集約をしたいため一緒にKATOの25t3軸機を作り始めました。

CIMG1417.JPG
「開封~」

実車は東京都港湾局の晴海ふ頭にいたスイッチャーで、最近発売された加藤製作所機関車図鑑にも大きく取り上げられているものです。

とは言え、実車を見たことがある訳ではないため、説明書通りに粛々と制作を進めます。
CIMG1418.JPG
「開き」
まずはキャブとボンネットから。

CIMG1420.JPG
CIMG1422.JPG
「キャブを組立」

側板をはんだ付け、窓枠ドアを貼り付けたらホワイトメタルの屋根をねじ止めします。このままだとわずかに隙間が出来るため、この後パテ埋めを行いました。

CIMG1424.JPG
CIMG1427.JPG
「ボンネット組立」

ボンネットも平板を手で曲げて形にします。曲げる部分は裏からエッチングで処理されているため、手で曲げてやるだけで大方の形は作り出せました。この辺りはさすがのアルモデル製、作りやすい仕組みになっています。

CIMG1430.JPGCIMG1433.JPG
CIMG1431.JPG
「台枠が組みあがり」

台枠までできたらボンネットとキャブを載せていい感じになっているのを確認します。んーいいですねぇ!

CIMG1434.JPGCIMG1436.JPG
「下回りを組みました」

ということでブレーキパーツなどの下回りを組んで、ここまでくれば塗装へと進めそうです。
posted by つかさ at 23:05 | Comment(0) | 日記

2017年02月13日

アルモデル KATO 4tを作る 3

車体の組み立てが終わったところで、細かい手すりなどを取り付けて、動力に載せてみました。

CIMG1412.JPG


CIMG1413.JPG
「手すり、ライトなどを取り付け」

足回りと合体したところで線路に乗せてみます。

CIMG1414.JPG
「奥、16.5mm 1/80 日立15t+ワム380000、手前 9mm 1/87 KATO4t+1/150 ワム80000」

この並び、なんともめちゃくちゃな縮尺の組み合わせですが、KATO4tがワム8と並ぶと意外と1/150のKATO10tくらいに見えなくもありません。シメシメ、想像通りの大きさです。

最後に、動力の滑らかさはこんなものです。


なんとも素晴らしい走りでニンマリしてしまいますね。
posted by つかさ at 00:03 | Comment(0) | 模型

2017年02月04日

アルモデル KATO 4tを作る 2

前回までで台枠が組みあがりました。ここからは上回りを組み立てます。

CIMG1388.JPG
「キャブの組み立て」

CIMG1390.JPG
「キャブ組みあがり」

屋根は平板を自分でまげて作ります。これは裏にスジがエッチングされているため、丁寧に曲げればさほど難しくありません。しかし、のりしろが少ないので、パーツをはんだ付けする間に、他の取り付け済みパーツが外れてしまうなど、さすが小さい車両のため手早さが求められます。

CIMG1392.JPG



CIMG1394.JPG


ボンネットも平板のエッチング板を手で曲げて作ります。こちらもキャブの屋根同様でゆっくりやれば大丈夫。



CIMG1395.JPG
「ボンネットの組み立て」
 ボンネット先端に付くラジエターパーツは4枚ものエッチングパーツを重ねて作る構造です。ラジエターガードは繊細なパーツなので慎重に取り付けます。CIMG1396.JPG CIMG1397.JPG CIMG1398.JPG CIMG1399.JPG「上回り組みあがり」 これで上回りの組み立てが終わりました。この先は細かいパーツを取り付けて行きます。 
posted by つかさ at 23:57 | Comment(0) | 模型